-Arusha-

阿鼻叫喚の市場を逆走する恐怖。
Moshi→Arusha/タンザニア180713

  • Waka Waka Hostel 35USD
  • 本日の走行距離 97キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

Moshi市の80km西の都会、Arushaへ引っ越し。
ローカルお母さんのお世話になって、有象無象のメカニックが集まる一画へ。
でっこんばっこんの道細い凸凹道の部品屋さんを覗いて、
「あのー、この車のリアダンパーって言うんですかね、交換したいんですが……。
ついでに、もし在庫が見つかればブレーキパッドも。ご覧のとおり車はMAZDAですが、作ったのはSUZUKIなんです。だからSUZUKIの部品を探してください。ス・ズ・キ」

埃まみれの新品と油まみれのゴミが混ざった店内。ドンキホーテの陳列より、はるかに上等です。

 

当店一のメカニックは↓

帽子を脱ぐと、意外にハンサムな彼でして↓

タンザニアには、これくらいの男前がゴロゴロしています。

 

リアダンパーがありました!

Made in Japanです。2本で12,000円。

 

ブレーキパッドは、素性のはっきりしない怪しい在庫ではありますが、喜んで交換。
リアブレーキは、まだまだ使えるとのことなので、そのまま。

 

ローカルお母さんの指示にしたがって、街の中をドライブしたら、バスと人がごった返した阿鼻叫喚の市場を逆走してしまい、地元民が血相変えてここに入って来ちゃダメだ!って叫ぶけど、もう遅い。戻れない。
お怒りの人々、こみ上げる恐怖。
悪気はないのです、誰か助けて!

 

今日の宿のWi-Fiは男子高生のように感度ビンビンですが、YoutubeとDropBoxが使えない設定です。
意地悪やね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ミューズリー
  • 昼→ 食べる暇なし
  • 夜→ 外食:中華:麻婆豆腐、海鮮焼きそば(36,000TZS/1,778円)

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

緑色かどうかが、よくわからない。
Arusha2泊目/タンザニア180714

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車の中でも感度良好

宿が、ダブルブッキングした模様。
豪華な別棟へ引っ越すように言われましたが、すみませんけど……のひと言がない。
お昼に案内すると約束しておきながら、1時間の放置プレイ。
いや〜な感じなので、キャンプ場へ引っ越します。
1時間も待たされると、損得よりも感情優先。

インスタントコーヒーのメーカーとして有名なカフェ「アフリカフェ」で、ランチ。

サファリの路上営業マンの売り込みをかわしつつ、タンザナイトというご当地石のミュージアムへ。
見るだけ。

軽自動車の生活用バッテリーが不調です。
ご飯が炊けない。
室内灯が点かない。
懐中電灯に充電できない。
3年も乗っているから、そろそろ寿命だべか?
バッテリーチャージャー「ACデルコ ボイジャーM31MF」の診察をしました、初めて。
下の動画の丸い穴が、充電状態を示すカラーインジケーターです。
緑色なら70%以上の充電率で、太陽があたったときに緑っぽくなるのですが、これでいいのかな?
よくわからんのです。

これからしばらく厄介になるキャンプ場です。
テーブルと椅子が充実していて、地味に快適です↓

車の中まで、Wi-Fiびんびん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:アフリカフェ:ハンバーガー、ラップ、ティー
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯を炊いて、卵焼きと缶詰

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

150cmしかないベッドで、どうやって手足を伸ばすか……
Arusha3泊目/タンザニア180715

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi

キャンピングカーの模様替え。

ベッドの改良。
課題は、150cmしかないベッドで、どうやって手足を伸ばすか……

天井にネットを張ります。
寝るときの衣類置き場になります。

2回しか行ったことのない御用達の中華食堂で働くBlack Guyは、日本語のひらがなを覚え、中国語の漢字を勉強。
ご褒美に、日本の本を進呈しました。
胸に怪しいTatooが入った中国人シェフのチェンが、スイカをサービスしてくれた。
麻婆豆腐はいまいちだけど、スイカは美味い。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:卵焼き
  • 昼→ 外食:中華:麺、チンジャオロースー:豚肉ピーマン
  • 夜→ 自炊:電気コンロでご飯を炊いて、昼飯の残り。スープ

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

松島トモ子さんの頭を齧った奴に会いたい。
Arusha4泊目/タンザニア180716

  • キャンプ場
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車のなかまで感度良好

タンザニアの必修は、ンゴロンゴロ保全地域というクレーターと、「永遠のエルザ(「野生のエルザ」の続編)」で有名なセレンゲティ国立公園。
野生のエルザって若い人は知らないかもしれませんね、松島トモ子さんの頭を齧った奴です(嘘やで)。
みなさん、その軽自動車じゃサバンナは走れないというので、逆らわずツアーに参加します。
街中には腐るほどサファリツアーの客引きがいますが、彼らを右に左にとかわし、ボクら自身で選んだ旅行代理店へ。
休みでした。
そういう運命なのです、我が家。
疲れました。
帰ります。
帰って死にかけている冷蔵庫の修理をします。
ネジを外して埃を拭いただけだけど、それが精一杯の修理。掃除か。
許してください。

 

南アフリカのキャンピングカーは、外キッチンです。
欧米にはないタイプで、ガス台が出てくるあたり、けっこうシステマチック↓

このキャンピングカーのオーナー夫妻は、3年後、ボクらを真似てくれるそうです。
南アフリカから日本へドライブ。
車は、SUZUKIのジムニーだって。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:トーストと卵焼き
  • 昼→ 外食:ローカル食堂:New a tower Bar:焼肉リブ:9,000TSZ:445円
  • 夜→ 自炊:ご飯と缶詰

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL

お便り

  • でしょうでしょう!

    ジムニー1300cc(新型は1500cc)をお勧めします!www

  • 確かにジムニーはいいね。
    だけど、夫婦で寝れないよなー。

検問で正式に捕まりました。
Arusha5泊目/タンザニア180717

  • キャンプ場:Masai Camp:45,600TZS:2,257円
  • Internet@ キャンプ場の無料Wi-Fi。車のなかまで感度良好

日本人が経営するサファリ会社「みんなのサファリ」へ。
地元感溢れる住宅街の奥に、こんなところに日本人!
ここの宿に泊まりたい。

 

昼食は、ローカル食堂。
おかずは焼肉のリブ。
例によって、アフリカの地味が染み込んだ天然の旨味を炭火の遠赤外線でじっくり閉じ込めた歯ごたえ。
肉片が歯に挟まるほどに、美味いです。
たまらん。
食べ終わった瞬間から、禁断症状。
それでいて、たったの445円。
また明日来よう!

 

検問で、正式に捕まりました。
交通違反。
罪状は、白線跨いだでご猿。
ダメなんだ、白線を跨いだら?
よくわからないけど、郷に行っては郷ひろみが信条ですから、逃げも隠れもしません、素直に謝ります。
罰金?
もちろん、お支払いします。
銀行で払いますから、切符切ってください。
えっ、現金?
持ってないです。
強盗に遭うかもしれないから、現金を持たずにクレジットカードを使っています、普段。
「あ、そう、現金ないの」
残念そうな顔の警察官。
奥歯に肉片が挟まったような表情。
「じゃ、もう行っていいや、気をつけてね」
払うと言っているのに、無罪放免。
これじゃあ、タンザニアの警察は儲かりません。

 

旅行代理店の「Easy Travel」は、せっかく訪ねたのに、返事なし。

 

タンザニアに暮らすOさん一家と珈琲。
こんなところに日本人!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き
  • 昼→ 外食:ローカル食堂:New a tower Bar:焼肉リブ:9,000TSZ:445円
  • 夜→ 外食:ローカル食堂:焼肉500g:ビール2本、炭酸水:9,300TZS:460円

国、地域別 アフリカ タンザニア Arusha

トラックバック用URL