-ナイジェリア-

検問街道。逃亡罪で叱られた。
コトヌー→Meko/ナイジェリア170521

  • Peasmok Hotels(4000/円)
  • 本日の走行距離 186km(稚内から63,079km)キロ
  • Internet@ Wi-Fiなし

今日は、恐れを知らぬヨーロッパ人が怖がるナイジェリア。
朝っぱらから夫婦揃って緊張しておりますが、スーパーボクサーK君はオランダ娘と早朝デート。
海に行くんだって。

ナイジェリアの危険地帯を避けるために、遠回り。ベナンを北上。
舗装道路に空いた巨大な穴を避けながら、前後左右にまとわりつくバイクをかわし、無駄に多いスピードダンプで減速に次ぐ減速。
ランクルあたりだと、こげなモノはモノともせずに100km以上で突進するのでしょうが、こちらとら軽自動車。沿道のおばちゃんに、ウィンクするほどの地元密着型です。
全裸の浮浪者や、へそまでおっぱいを垂らしたおばあちゃん。

正直言うと、もうね、西アフリカの国境越えは勘弁してほしいです。
今日も賄賂をタカラレルのかと思うと、微妙に頭痛、胸焼け、胃のもたれ、軽い鬱。
ボクらの醤油顔は、照り焼きソースを背負ったネギカモですよね、煮込み豚骨脂マシマシ顔のアフリカ人にとっては。
金ならいくらでも出す!くらいの負け惜しみで臨みます。

で、心配した諸手続きなんですが、登場人物全員が人相と愛想が悪いものの、概ね良好。
両替えしたあと、ナイジェリアのイミグレ。
黒縁メガネのインテリ系係官が、ビザの文言を一字一句音読し、カレンダーを指差し確認。

「君たちの滞在は、2週間です」

ぜんっぜん違うってばさ。Yukoに論破された、頭の悪い係官です。
彼にさりげなくプレゼントを要求された気がしなくもないですが、さりげなくお断りいたします。
一方、カスタムは非常にフレンドリー。
カルネの締結国ではありませんが、カルネが使えます。
国境よりはるかに面倒だったのが、検問。
沿道で手招きするお兄さんを無視したら、五寸釘が飛び出た角材で通せんぼされました。
Tシャツ姿の強盗っ!!!
っと思いきや、警察。
私服の検問は想定外でして、逃亡罪で叱れたです。
なんで止まらないんだ!って言われても、セールスにしか見えないじゃないですか。

ナイジェリアは、検問が多すぎ。
10kmで6回ですから、1.5kmごと。

ときどき頭の悪い担当者がいて、パスポートを指差して、なんだこの日付は!って怒るのですが、それ、ブルキナファソのビザやん。
しっかりしてよ。

US$を強請った若い警察官もいましたが、笑顔で乗り切る。

検問疲れしたので、さっさとホテルにチェックイン。
ホテルの客も面倒な輩です。
カスタムの職員だと名乗る偉そうなおっさんが、頼みもしないのに携帯番号を教えてくれて、明日、隣の町で商談したいそうです。
さすが、国際詐欺集団として名高いナイジェリアです。
いきなり、Benefit と Profit の連呼。

隣の食堂で、晩飯。
今晩のメニューは、ナマズのぶつ切りスープだけ。
ナマズか〜、思いっきり微妙。
マスターと女将にご挨拶し、ほぼすべてのお客さんに愛想を振る舞い、一緒にテレビのメロドラマ鑑賞。
で、ビール。
思いっきり検問疲れの1日。

晩飯のあと、ツマミに焼肉。ちょっと硬いけれど、美味い。

顔の傷は、部族の印。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ クロワッサン、洋梨、みかん
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 外食:隣の食堂:ナマズの辛いスープ、ビール、ジュース(4000)と屋台の焼肉(200)

国、地域別 アフリカ ナイジェリア Meko

トラックバック用URL

お便り

ささやかな強盗対策。
Meko→Imushin/ナイジェリア170522

  • エアコン付きで7,000
  • 本日の走行距離 181kmキロ
  • Internet@ SIMカード(カード200/TopUp1000/1.5GB)

評判の悪いナイジェリアなので、強盗対策をします。
いくばくかの現金は、すぐに差し出せるようにポケットへ。
iPhone4Sとアンドロイドも、すぐにお渡しできるようにハンドル付近。
一方、守りたいカード類、ハードディスク3個、パソコン、iPhone7は、秘密のポケットへ収納。
壊れた古いMACは、目に見えるところにさりげなくあざとらしく。
こんな感じです。

今日もまた、検問街道。
警察、軍、イミグレ、カスタム、道路セキュリティと、次から次と現れます。
私服組みもいるので、間違って不良グループとか、ヒッチハイクとかにも停まってしまい、話しはややこやしくなります。

アベオクタの町の手前側は、最悪の道路。
舗装道路は完全に崩壊し、アスファルトが島となって残っているレベル。
軽自動車じゃ、難易度が高いです。
アベオクタ以降は、2車線のGood Road!

SIMカードを買いに行ったYukoが1時間半も戻らなくて、誘拐されたかとビビッた。
洋品店のお姉ちゃんと、Yuko探し。

ナイジェリア人は、基本的に陽気。
顔は怖いけれど。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ バナナと茹でたトウモロコシ(200)
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯を炊いて、缶詰。

国、地域別 アフリカ ナイジェリア Imushin

トラックバック用URL

官民一体の詐欺集団。
Imushin→ベニンシティ/ナイジェリア170523

  • Prenox Hotel & Suites(12000NGN/4,162円)
  • 本日の走行距離 227km(稚内から63,480km)キロ
  • Internet@ 宿のWi-Fi

今日もまた検問街道。
14回。
その他、一般市民の呼び声に引っかかること3回。

 

最悪の検問に遭遇。
自動小銃をぶら下げた警察官に呼び止められ、私服の連中から道路許可証みたいな書類を売りつけられます。
お値段、15,610円(45,000NGN)。
こんな書類、見たことも聞いたこともないって言っても、怒鳴られるだけ。
大使館に電話すると言ったら、ダメ。
書類を写真撮ると言ったら、ダメ。
とにかく怒っているわけで、交渉の余地なし。
ま、ナイジェリアでは、金ならいくらでも出すって心構えなので、ポケットの693円(2000NGN)で勘弁してもらいました。
領収書くれない?
NO!
怒鳴られました。

すぐ横に警察がいるのだから、官民一体の詐欺集団です。
それ以外は、みかんをあげたり、100NGN(34円)盗られたり、バナナは拒否されたり。

 

ナイジェリアって、毎日こんな感じ。。。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 甘くない小さなバナナ
  • 昼→ 外食:PIZZAと看板にありながら、ピザがない店:牛のスープとコーラ1本
  • 夜→ 外食:ホテルのレストラン(5,600NGN/1,990円)

国、地域別 アフリカ ナイジェリア ベニンシティ

トラックバック用URL

魔の87km、Delta州越え。
ベニンシティ→Owerri/ナイジェリア170524

  • House 57(11,500NGN/4,087円)
  • 本日の走行距離 245km(稚内から63,725km)キロ
  • Internet@ SIMカード

早朝から仕事。
ネットが遅くて、なかなかアップロードできず。

 

今日は魔の87km、Delta州越え。

 

検問18回。
検問での想定問答集は、
日本人です。旅行してます。今日はOwerriって町で泊まり、そのあとカメルーンに入ります。この道でいいですかね? Owerriまで安全ですか? 危なくないですか? 強盗でませんか? 銃で撃たれませんか?
概ね、これでOK!

 

以下、検問のメモ。

1 行き先を告げるだけ
2 行き先を告げるだけ
3 行き先を告げるだけ
4 カスタムの検問
5 なんかくれと言ってたけど、何もあげない
6 無愛想。パスポートをチェックされた
7 コカコーラを要求。20NGN紙幣(6.9円)を差し出したら、受け取らず
8 軍の検問。嫁さんをくれ
9 女性の顔した男
10 なんかくれ
11 マーケットの女の子に、電話番号を訊かれた
12 ぼーっとした人
13 たったひとつの質問は、奥さんかい?
14 何も要求されず
15 何も要求されず
16 袋水を差し上げる。最初、断られる
17 袋水を差し上げる
18 黙礼だけ

夕方前に高級宿に入り、遅い昼飯とビール。
Wi-Fiがないので、SIMカード。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ バナナ
  • 昼→ 外食:宿の食堂:チキンライスとビール
  • 夜→ 外食:宿の食堂:ポテトとチキンとビール

国、地域別 アフリカ ナイジェリア Owerri

トラックバック用URL

恐怖の池超え。もうあかんで。
Owerri→カラバール/ナイジェリア170525

  • NEELBEE HOTELS(5,000NGN/1,734円)冷蔵庫とエアコンはほぼ使えず
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

幹線道路が水没。
ものすごい剣幕で怒鳴る女性警察官の入れ知恵で、ミニバスを尾行。
一見さんでは絶対に走れないような、迂回路を目指します。
緑豊かなジャングルの村道。
おもいっきり泥道。
ときどき、大きな水たまり。
ときには竹で通せんぼして、通行料を請求するアコギな村人。
困ったときは、稼ぎどき。

 

行く手を阻む、巨大な水たまり。
ワニがいても驚かないレベル。
人生が詰んでしまったような絶望感。
撤退する勇気がないので、自滅覚悟で突撃します。
十戒のような波。
フロントガラスを覆う泥水。
これが数回。
十戒の波をぶっかけて、思いっきり怒鳴られ、お金を払ったりする哀れな拙者。
もう、あかんです。
車が逝かれます。
変な音するし。
軽自動車の底に張ったアルミ板が、完全にめくれたし。

 

サイドブレーキのランプが、点いたり消えたり。

 

大渋滞。
ナイジェリア人って、渋滞すると反対車線を攻めるので、双方向とも動かなくなってしまい、一生渋滞から抜け出せないような事態です。
で、反対車線に突っ込む車が、トラックと衝突。
バカなの?

宿で、元プロボクサーKくんと再会。
お疲れさまです。
ってか、ナイジェリアは疲れます。

 

今日の検問メモ

1回目の検問 荷物をチェック。袋水をプレゼント。
2回目の検問 服をねだられる
3回目の検問 警察官4人で、パスポートチェック。というか珍しがって見ている
4回目の検問 赤い帽子の紳士
5回目の検問 なんか冗談を言ってたようだけど、意味不明
6回目の検問 挨拶だけ
7回目の検問 右ハンドルとフロントウィンドウのヒビを指摘し、ミサンガを盗られた。忍者帽子とコインは要らないって。贅沢な奴です
8回目の検問 無愛想な警察官。これはこれで緊張します
9回目の検問 軍。無愛想で怒鳴りつらす女性兵士から、ミニバスを紹介され、迂回路を尾行することにする。
10回目の検問 妙に疲れた
11回目の検問 お金、お金とうるさく、500NGN盗られた
12回目の検問 道を間違ってたのを指摘してくれた。助かったです
13回目の検問 女性の警察官。書類を出せと言ったくせに、出すと仕舞えと言う
14回目の検問 プロボクサーKくんのパスポートの写メを自慢してた
15回目の検問 オレンジを盗られた
16回目の検問 いい人
17回目の検問 挨拶だけ
18回目の検問 挨拶だけ
19回目の検問 前のバスを棒でつついていたけれど、挨拶だけ
20回目の検問 小屋に連れ込まれる。異常に人相の悪いボスが飯を食いながら、パスポートとイエローカードをチェック。緊張した
21回目の検問 何かくれ
22回目の検問 挨拶だけ
23回目の検問 無愛想。カルネのチェック
24 回目の検問 挨拶だけ

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シリアルとヨーグルト
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 宿の食堂:チキンもの(2,400NGN/832円)

国、地域別 アフリカ ナイジェリア カラバール

トラックバック用URL