-マリ-

畑に靴を突っ込んだような顔ですから、李下にハゲを隠さず。
ケドゥグ→KENIEBA/マリ160316

  • MOTEL KENIEBA(20,000CFA/3,672円)
  • 本日の走行距離 141km(日本から59,037km)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿の食堂でお昼を頼んだら、厨房に伝えずテレビを観ているおばあさん。
ジュースを頼んだら、自分のコーヒーを淹れてゆっくり飲んでいるお姉さん。
オーダーが伝わっているのかいないのか、わからんままほっとかれて1時間。
喉、渇いたです。

 

いつまで経っても昼飯が出てこないので、がつんと一発文句を垂れたいのですが、誰にオーダーしたのかわからんのです。
肉の付き具合で人を判断していたら、みなさん、似たようなお肉の量。
あのお腹か、このお腹か。

 

今日は、アフリカ5カ国目のマリへ。

 

いつものように、不安で胸いっぱいの国境越え。
賄賂だの、あれくれだの、これくれだの、フランス語だの、ドボン族語だのを突きつけられても、暑すぎて乗り切れる自信がありません。
とりあえず得意のへり下った薄ら笑いを顔面に浮かべて、パスポートを提出。
意外や案外の想定外、出国も入国も気の抜けた国境でした。
カルネ締結国でもないのにカルネを使っていたものですが、異論反論小言も一切なし。
お強請りする気配も、込み入った質問も、荷物検査も一切なし。
サバー(元気?)
サバビエン(元気です)
それだけ。
いい意味で、アフリカです。

 

マリは、アフリカ色がそうとう毛深い。
先行き不透明なモジャモジャ感です。
モーリタニアよりもセネガルよりも、The リアルアフリカ。
八百屋や果物屋が遺蹟レベルの粗末感でして、そんなお店でORANGEのSIMカードを購入します。
SIMカードを突っ込んでもAPNが空白なままなので、定石通りにインターネットに繋がりません。
スマホをフランス語表記にして、お店のお兄さんに設定をお願いしたら、フランス語が読めないというオチ。
野次馬が苦労してAPNを入力し、やっと世界に繋がりました。
ダンケシェーン!です。
なぜかドイツ語なのです。

 

ここからマリ。急に山が出てきました。セネガルには、山がなかったのです。

 

おシャレな壁画。丁寧に彫っています。セネガルの看板類もレベルが高かったけれど、マリもそうとうハイレベル。

 

洗濯物の木。ブラジャーが落ちていましたが、ボクらは畑に靴を突っ込んだような顔をしてるので、李下にハゲを正しませんでした。

 

 

暑くて食欲なし。
お菓子とオレンジで命を繋ぎます。
The リアルアフリカ、生きているだけで漏電。
南アフリカは、体力的に遠いです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。非常に味気ない
  • 昼→ 外食:宿の食堂(2,000CFA/367円)
  • 夜→ お菓子とオレンジ

KENIEBA

トラックバック用URL

寝返り百連発の寝苦しさ。
KENIEBA→Kita/マリ160317

  • L'Oasis(20,000CFA/3,646円)
  • 本日の走行距離 269km(日本から59,308km)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

宿は、朝の5時半から停電。
エアコンもファンも動かず、暑い。
寝返り百連発の寝苦しさ。

 

セネガルでも流行中のゲーム。それぞれの人形にメッシとかスアレスとか、ロナルドとか名前つけれいます。

 

遊びの目じゃないです。

 

ガソリンスタンドで洗車。362円。40円ほどチップを弾みました。

 

ガソリンスタンドの女将さん。冷えた水のペットボトルをいただきました。

 

SIMカードは、このスクラッチでチャージ(TOP UP)します。けど、繋がらない。その辺のおじいちゃんに新しいAPNを入力してもらい、世界が見えたものです。APN、すごい重要。

 

 

今日の宿は、部屋にルーターを設置。
事実上、マイルーター。
おかげさまで、動画サクサク。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食(フランスパンもどきとインスタントコーヒーと粉ミルク)
  • 昼→ 自炊:「タケルくん」でご飯。星野印の梅干し。海苔、缶詰
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯。混ぜご飯と味噌汁

国、地域別 アフリカ マリ Kita

トラックバック用URL

真っ赤な水が元気良く流れていた。
Kita→Manantaly/マリ160318

  • Cool Camp(4,000CFA/724円)
  • 本日の走行距離 158km(日本から59,466km)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝から断水。
顔も洗えず。
昨夜は、真っ赤な水が元気良く流れていたのに。

 

未舗装道路を100kmほど北へ。
何に因果でこんなところを走っているのか考えさせられる、乾いた道。
土埃をたててヤギや牛を追い抜き、通り過ぎる名もなき村、村、村。
沿道の木陰で昼寝する大人。
日向で遊ぶ子供。
茅葺の家々。
暑いけれど、休めそうな茶屋はゼロ。
Coca-Colaの一本も買えそうにないです。

お母さん、すらっと背が高い。

 

オランダ人キャスパーのキャンプ場。オープンした2、3ヶ月後に内戦勃発。観光客激減という不幸な運命。フランス人が出禁を食らっているせいか、誰もいません。色とりどりの花とマンゴーが狂い咲き。カシューナッツが食べごろ。

 

今宵はバフィン川のほとりで車中泊。ワニはいないけれど、ときどきカバ。

 

電気もない僻地。SIMカードのおかげで、インターネットOK!

 

暑すぎて食欲ゼロ。バナナとコカコーラで、命を紡ぐ。夕方になると、多少は涼しくなります。

 

昼飯は、超ローカル食堂。
お客さん全員が、ガンを飛ばしてくるアウェー感。
定食は、カレーライスに似たぶっかけもの。
カレーのようで、ぜんぜん違う味。
期待したぶん、食欲が遠ざかります。
いっそのこと、ご飯にCoca-Colaをかけて食べたい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:カレーライスのようなもの
  • 夜→ バナナ

国、地域別 アフリカ マリ Manantaly

トラックバック用URL

お便り

  • アフリカらしい風景ですね?行った事が無いですが、日本の文化と随分違いますね?自分の中の日本とは違うのでアフリカの文化に会わないので、可也とまどいますでしょうねーカナダの文化とも違いますねー。

  • ノースバンクーバーあたりから、80歳近い老夫妻が来てますよ。車で。車はイギリスで買ったそうです。
    いまにしさんも、どうぞ〜。
    南アフリカなら、そんなに暑くないみたいです。
    いつでもお待ちしております!

蛇退治の巻。
Manantaly2泊目/マリ160319

  • L'Oasis(20,000CFA/3,646円)
  • Internet@ SIMカード

宿のイケスに蛇が浮いてまして、退治します。

けっこう太った蛇。全長1.3メートルくらい。子供達が焼いて食うって。肉付き良さそうだけど、美味そうには見えない。

 

川に飛び込めば涼しいのだろうけれど、体が濡れるの嫌いです。Yukoは筋金入りの金槌です。写真の右上の丸いのは、マンゴー。食べ放題。カシューナッツも食べ放題。蛇も食べ放題。

 

キャスパーの車で、マーケットへ。
よくわからない揚げ物をつまみながら、散歩。
丸々と太ったオクラを購入。
よく洗って醤油をかけて、晩飯のおかず。

 

バナナとコカコーラとビールで、灼熱に蒸発しそうな命を繋いでいます。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ バナナとみかん
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯。缶詰とオクラ

国、地域別 アフリカ マリ Manantaly

トラックバック用URL

たくましくて美味しいバナナ。
Manantaly3泊目/マリ160320

  • Cool Camp(4,000CFA/724円)
  • Internet@ SIMカード

月曜日は、キャンプ場恒例バナナの収穫&即売会。
農業素人ながらもキャスパーの育てたバナナは、たくましくて美味しいと近所の奥さんたちに大評判。
朝の7時から、門に集まったおばちゃんたちの大歓声。

 

キャスパーの助手。作業着に見えますが、普段着。作業靴に見えますが、一張羅。彼の牛刀で、バナナの木が一刀両断。地面から50cmほど幹を残しておけば、そこから新しい幹が伸び、9ヶ月後に再び収穫。このバナナは調理用です。バナナファームは1ヘクタール。キャンプ場は、1.5ヘクタール。マリでは、外国人でも簡単に土地が買えます。電気、来てないけどね。

 

このあたりに住む白人は、キャンプ場のオーナーでオランダ人のキャスパーだけ。
彼はジャングルを切り開き、学校を作り、集落の水ポンプを修理し、青年たちを雇い、知らない人にお金を恵み、バス代わりにピックアップトラックに子供達を乗せる、隠れた名士。
なんか、いい人です。
気温があと15度くらい低ければ、速攻で弟子入りしてました。

 

赤いペンキは、キャスパー印。もし盗まれたバナナが市場に並んだら、この赤い印が証拠となり、御用!

 

意外に目鼻立ちがくっきりした、若奥さんA。もしYukoがいなかったら、この人と結婚したかも。なんか運命を感じます。

 

スタイル抜群の若奥さんB。

 

キャスパーの車で、マーケットへ。
晩飯に魚フライを購入。
10cmくらいの小魚が、一匹8円。
美味しいけれど、小骨が多くて食べにくい。

 

川で泳ぐ。
水、冷し。
カバ不在。

 

とにかく暑い。
バナナとコカコーラが、命の綱。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ バナナとみかん
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯。マーケットで買った魚フライ(200CFA/36円)

国、地域別 アフリカ マリ Manantaly

トラックバック用URL