たくましくて美味しいバナナ。
Manantaly3泊目/マリ160320

  • Cool Camp(4,000CFA/724円)
  • Internet@ SIMカード

月曜日は、キャンプ場恒例バナナの収穫&即売会。
農業素人ながらもキャスパーの育てたバナナは、たくましくて美味しいと近所の奥さんたちに大評判。
朝の7時から、門に集まったおばちゃんたちの大歓声。

 

キャスパーの助手。作業着に見えますが、普段着。作業靴に見えますが、一張羅。彼の牛刀で、バナナの木が一刀両断。地面から50cmほど幹を残しておけば、そこから新しい幹が伸び、9ヶ月後に再び収穫。このバナナは調理用です。バナナファームは1ヘクタール。キャンプ場は、1.5ヘクタール。マリでは、外国人でも簡単に土地が買えます。電気、来てないけどね。

 

このあたりに住む白人は、キャンプ場のオーナーでオランダ人のキャスパーだけ。
彼はジャングルを切り開き、学校を作り、集落の水ポンプを修理し、青年たちを雇い、知らない人にお金を恵み、バス代わりにピックアップトラックに子供達を乗せる、隠れた名士。
なんか、いい人です。
気温があと15度くらい低ければ、速攻で弟子入りしてました。

 

赤いペンキは、キャスパー印。もし盗まれたバナナが市場に並んだら、この赤い印が証拠となり、御用!

 

意外に目鼻立ちがくっきりした、若奥さんA。もしYukoがいなかったら、この人と結婚したかも。なんか運命を感じます。

 

スタイル抜群の若奥さんB。

 

キャスパーの車で、マーケットへ。
晩飯に魚フライを購入。
10cmくらいの小魚が、一匹8円。
美味しいけれど、小骨が多くて食べにくい。

 

川で泳ぐ。
水、冷し。
カバ不在。

 

とにかく暑い。
バナナとコカコーラが、命の綱。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ バナナとみかん
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯。マーケットで買った魚フライ(200CFA/36円)

国、地域別 アフリカ マリ Manantaly

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン