基本的に親切なんですが、根本はアフリカ人。
Kampala59泊目/ウガンダ190214

  • Airbnb:Akua Serviced Apartments 24.7~26USD(+) /Entire Apt +WiFi +PP
  • Internet@ Airbnbの無料Wi-Fi

タクシーが事故った→Yukoだけ怪我→後遺症、というわけで帰国することにしたのですが、これが意外に面倒。
警察のPOLICE REPORT、病院の診断書、社会保険用の書類、車のカスタム書類を揃えねばならぬのですが、なんせ相手はウガンダ人。
基本的に親切なんですが、根本はアフリカ人です。

 

Kabalagara警察署に出向き、事故のPolice Reportを依頼します。
担当警察官は、双子のお父さんのボクサーMr.D。
銀行で2,502円(83,000UGX)を支払ったあとで、1枚書類がないとか呟いて、翌日に持ち越し。
そんなもんです。
もともと11時に電話をかけて来いって言っておきながら、朝の9時半に今すぐ警察へ来い、だし。

 

ウガンダでの移動は、ボダボダと呼ばれるバイクタクシーが市民の足です。
運賃は、だいたい30円から90円(1,000〜3,000UGX)。
2人乗りもできます。
ヘルメットなしです。

 

Yukoの骨折を見つけられなかったCTスキャンを撮影した病院と、下手くそな縫合をした救急病院へ。
社会保険の給付の申請に使う「Request to Attending Physician(担当医のお願い)」なる書類の記入をお願いするわけですが、これ、外国人にはハードルの高い書類です。
日本人でもよう書かんわこれって感じの細かな項目を無理やりA4サイズに収めた圧縮書類だから、記入欄の小さいこと。
これを日本人以外の民族に頼むのって、けっこう苦行。
空気の読めないYukoだからできる技です。

 

昼飯は、ベルギーカフェの「LA PATISSERIE」。
美味いかどうかは別にして、いい感じの店内です。
でも外見は、圧倒的に日本食レストラン「YAMASEN」の勝ち。

 

明日は、警察とカスタム(URA)です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:クロワッサンとシナモンロールと卵焼き
  • 昼→ 外食:LA PATISSERIE:ベーコンロレックス、今日のスープ、ジュース、コーラ、水
  • 夜→ 自炊:胸肉で親子丼

国、地域別 アフリカ ウガンダ Kampala

トラックバック用URL

お便り

  • 44さん、Yukoさん、日本への一時帰国決断との事で私はちょっと安心したけtど、書類やら、何やらで大変なんですね! 難ごと多しでしょうが、頑張って!取り敢えずは一旦日本に帰って来て!!!
    Yukoさんのためには日本の医療がやっぱりいいかなぁ、と私は思います。
    勝手な個人的意見でごめんなさい!!!

    • Yokoさん、ご心配おかけします。
      やっぱりお寿司と病院は日本ですよね。
      たぶん最低でもふた月はいると思うので、遊びに来てください。
      雪まつりは終わりましたが、スキーぐらいできますよ。
      いくら丼とか、美味しいです。

お便りを投函。ポトン

CAPTCHA