眺めているだけで破傷風に罹りそうな七色に輝くゴミの浜。
サンルイ→ダカール/セネガル160203

  • 和心
  • 本日の走行距離 278kmキロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

トイレを掃除しているお兄ちゃんが、握手を求めてきた。
いいんだけどね。

 

サンルイの漁港は、眺めているだけで破傷風に罹りそうな七色に輝くゴミの浜です。
僕が視線を流すと、ドレッドヘアの可愛い女学生たちが黄色い声をあげてくれます。
おっぱいをぶるんぶるんさせながら、仰け反って笑っています。
恋の花でも咲きそうな予感なんですけどね、入国後48時間以内にダカールの役所で車を登録しないとならないので、出発します。

 

やたらと牛の死体が多い街道。
グラッセ!と絶叫した男が、車を叩いた。
ああ、びっくり。

 

道中、オイル交換したら、洗車サービス付き。
お釣りを返してくれるまで、ボッタクられるのではないかと気が気でなかったです。
疑ってすみません。

日本人宿の「和心」に投宿。
晩飯は、日本食。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、バナナ
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 和心の晩飯

国、地域別 アフリカ セネガル ダカール

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン