-July 2016-

午後からノーパンです。
カッパドキア/→オルタヒサル/ギョレメ国立公園三泊目/トルコ160701

  • Crazy Horse Pension(50リラ/1,773円/朝食付き)
  • 本日の走行距離 46キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

満室じゃないというので、延泊を申し込んだら値上げされました。
よくわからない経営方針ですが、速やかに退出いたします。

 

車で10分ほど離れた、オルタヒサルへ引っ越し。
暇そーーーーなじいさんたちがたくさんいる、静かな村です。
新しい宿は、

ベッドの横にジャグジー付き。

ベッドの横にジャグジー付き。不気味なセンスです。

 

洗濯が無料サービスだというので、全力で洗濯物を出しました。
お陰様で、午後からノーパンです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食
  • 夜→ バナナ、チェリー、メロン

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ カッパドキア/ギョレメ国立公園

トラックバック用URL

ねこに昼飯を盗られたけど、けっこうごっつぁんになってます。
カッパドキア/オルタヒサル/ギョレメ国立公園四泊目/トルコ160702

  • Crazy Horse Pension(50リラ/1,773円/朝食付き)
  • 本日の走行距離 61キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ねこに昼飯を盗られた。

44P_8540

 

カフェのお姉さんが美人でして、

44P_8548

物欲しそうに目で愛撫していたら、果物やらお菓子やらを恵んでくれました。お菓子が欲しいんじゃなくて、

 

44P_8552

お姉さんに恋したのです。このままお別れするのも寂しいので、Facebookを交換。100万ドルの唇だよね。

 

44P_8565

見知らぬ親子が追いかけて来るから、何事がWhat happened?と身構えたら、クッキーを一箱くれました。トルコ人ってすぐにモノをくれるから、油断ならない親切攻撃。嬉しさ爆発っす。ティシキュー(ありがとう!)

 

カッパドキアって、想定外に盛り沢山で、

44P_8557

シメジにしか見えない奇岩。Yuko的には木枯らし紋二郎。

 

 

44P_8566

左側は、ラクダに見えるキャメルロック。

 

44P_8575

拙者的には、キノコの山群。

 

44P_8577

全然接点のない家族。

 

44P_8587

数カ国語で歌を歌う、芸達者なアイスクリーム屋の兄ちゃん。

 

44P_8589

意味もなくFacebookで繋がってしまった青年。名前も知らない。

 

カフェで果物やお菓子をご馳走になり、知らない人からクッキーを一箱頂き、夜は夜で某ご夫婦を訪ねてトルコ料理の晩餐会。
シェフは、松ぼっくり芸術家。
ラマダン中なので味見ができないとのことですが、チョクギュゼル(トルコ語:ムチャクチャ美味いじゃん)です。

 

アザーンに誘われて、モスクで一時間瞑想。
立ち上がり、平伏し、右を向き、左を向き、歌う、の繰り返し。
ひと言もわからないアラビア語、コーラン。
意外に騒がしい子どもたち。
握手してくる地元民。
「メルハバ(こんちは!)」
涼しい風に誘われて、ベランダでチャイとお菓子。
寝るころには、未明のアザーン。
もう次のお祈りが始まります。
目覚まし代わりの太鼓隊がゆく。

 

テロっているトルコですが、少なくとも東京よりは平和。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食
  • 夜→ トルコ料理をご馳走になりました

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ カッパドキア/ギョレメ国立公園

トラックバック用URL

ラマダン中だし、テロってるし、観光客が少ないです。
カッパドキア/オルタヒサル/ギョレメ国立公園五泊目/トルコ160703

  • Crazy Horse Pension(50リラ/1,773円/朝食付き)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

カッパドキア、まさかの五連泊。
地味に仕事が忙しいのもあるけれど、意外に見どころ満載で離れ難いです。
まさかのジャグジー部屋だし。
入らないから邪魔だけど。

 

敵が来たら隠れていたという地下都市を見学。
噂では、地下通路には中国人観光客が溢れてるって話でしたが、トルコ人をぱらぱらと5人見ただけ。
ラマダン中だし、テロってるし、そうとう観光客が少ないです。
ヅラのおじさんが、「英語を話せますか?」って訊いてくるから、「もちろん」と偉そうに巻き舌で答えたらガイドでして、とうとうと喋りまくられました。
生活がかかってるんだ系の、NO!とは言わせぬ営業トーク。
押しの一手の連打。
不自然なズラ。
「I’m ごめんなさい、英語は苦手なのです」と訥々と謝り、こそこそと逃げます。
ひとり1000円もするからねガイド料。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ サクランボとバナナ。昨日もらったクッキー
  • 夜→ 外食:壷料理デザート付き(75リラ/2,665円)

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ カッパドキア/ギョレメ国立公園

トラックバック用URL

塩湖は休み、腐っても湖。
カッパドキア/オルタヒサル/ギョレメ国立公園→Sultanhani/トルコ160704

  • kyanpuzyou 50リラ/1,716円
  • 本日の走行距離 177キロ
  • Internet@ SIMカード

キャンプ場の親父さんが言うには、今日、塩湖はお休み……、だそうです。
だから二泊するようにとのお達しです。
ラマダン明けの休暇バイランで、トルコ全体が休み。
バイランって噂に聞いたことがありますが、塩湖が休みってことはないと思うのですよね。
塩湖ですよ、腐っても湖。
どうやって休むというのかね。
因業爺さんに騙されている臭い。
謎です。

 

キャンプ場には、リタイヤしたドイツ人カップルのみ。

44P_8625

ドイツと日本の国力の差。趣味の差。もしかしたら個人的な経済力の差。日本代表として面目ないけれど、階級違いなんだと自分を慰めています。

地面が丸く崩落したという巨大な穴を探しましたが、いくら走りまわっても見つけられず。
ガイドブックがないと、名前すらわからない噂の地へたどり着くのは難しいです。
名前がわからず、トルコも語も喋れず、それでも道を訊くYukoの根性、見上げたものです。
謎が謎を呼ぶだけ。

 

44P_8616

「ChinGo!」の寝室兼書斎で仕事。インターネットはSIMカード。

 

44P_8601

いのししがいるらしい。

 

因業爺さんが一緒にピザを食わないかい?
と訊いてきたと思ったからローカルとの食事は楽しいねーっと思ってピザを頼んだんだけど、一緒じゃなかった。
放置されました。
7時って言ってたのに、5時だったし。
英語は通じているので、結果が違うのです。
いろいろと謎です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:マクドナルド(31リラ/1,733円)
  • 夜→ 外食:トルコピザと缶コーラ二本(35リラ/1,213円)

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ Sultanhani

トラックバック用URL

キャンプ場の親父が、塩湖は休暇中で見られないといいますが、親父の言葉は胸にしまって旅立ちます。

で、走ること百数十キロ。

塩湖の数キロ手前に、ゲート。
しっかりと閉じられてました。
まさかの、塩湖、休み。
このために10ヶ月もかけて日本からドライブして来たのに、というのは部分的に嘘ですが、昇華できぬ無念。
諦めきれず、犬のようにうろうろしていたら、

44P_8674

守衛のSeyi氏が登場。4人の子持ち。全部男の子。

 

「今日はバイラン休暇なので、塩湖には行けません」
「でもま、せっかく来たのだから、茶でも飲んでいきなさい」
「これがバイランのお菓子です、さ、さ、お食べなさい」
「ちょっとだけなら、塩湖まで一緒に行きますか?」

という流れで、守衛の車で塩湖へ。
ひとっこひとりいない「トゥズ湖」。
彼の腰には、拳銃。

44P_8639

後ろから撃たれた終わりだなと思うと、心無しかお尻の穴も引き締ります。ボリビアの塩湖とは似ても似つかないほどよく似た塩湖。これで世界三大塩湖のふたつを制覇。残りのひとつは、募集中。

 

44P_8646

裸足になると死ぬほど痛い、針の山系拷問。元気な若者は、裸足100メートル走するとよろしい。

 

塩を舐めたら、汚いからおよしなさいって。
塩は洗浄してから販売されます。

 

昼ご飯を食べた食堂でも、ご馳走になりました。
よく日本から来なすったとか言って、苦すぎるトルコ珈琲と甘過ぎるデザート。
ホント、トルコ人、親切あるね。

 

次に、塩湖第2弾。
塩会社の塩湖を横切る砂利道を攻めます。
こんな感じです↓

 

 

44P_8693

塩会社のトラクター道。今日はバイラン休暇なので、誰もいないです。

 

44P_8722

水の張った塩湖。

 

44P_8734

うちの嫁さんが、珍しくおだってます。

 

44P_8767

さすがNIKON、顔は写ってないけど美人に撮れたかも。Yukoの喜ぶ姿は、自分が喜ぶ次に嬉しいです。

 

で、塩湖第3弾。
観光バスが立ち寄るポイントです。
難民キャンプかと思うほど、人がいました。

44P_8801

湖には、靴下がたくさん転がってます。ここに靴下を置いて帰ると、願い事が叶うのです。つきたての嘘です。

 

44P_8783

トルコ3兄弟。

 

44P_8787

というわけで、トルコの塩湖3つでした。

 

今日泊まったホテルは、最悪。
翌朝、事件です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 朝飯なし
  • 昼→ 外食:チキンケバブ、コーラ、アイラン(24リラ/円)/デザートとトルコ珈琲をご馳走になりました
  • 夜→ 外食:ケバブサンドイッチ、コーラ、アイラン(13リラ/450円)

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ Şereflikoçhisar

トラックバック用URL

お便り

  • ゆうこさん、美しい、あるね。
    よしさん、シアワセ、あるね。

  • ボクのシアワセが、Yukoのシアワセあるよ。