ねこに昼飯を盗られたけど、けっこうごっつぁんになってます。
カッパドキア/オルタヒサル/ギョレメ国立公園四泊目/トルコ160702

  • Crazy Horse Pension(50リラ/1,773円/朝食付き)
  • 本日の走行距離 61キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ねこに昼飯を盗られた。

44P_8540

 

カフェのお姉さんが美人でして、

44P_8548

物欲しそうに目で愛撫していたら、果物やらお菓子やらを恵んでくれました。お菓子が欲しいんじゃなくて、

 

44P_8552

お姉さんに恋したのです。このままお別れするのも寂しいので、Facebookを交換。100万ドルの唇だよね。

 

44P_8565

見知らぬ親子が追いかけて来るから、何事がWhat happened?と身構えたら、クッキーを一箱くれました。トルコ人ってすぐにモノをくれるから、油断ならない親切攻撃。嬉しさ爆発っす。ティシキュー(ありがとう!)

 

カッパドキアって、想定外に盛り沢山で、

44P_8557

シメジにしか見えない奇岩。Yuko的には木枯らし紋二郎。

 

 

44P_8566

左側は、ラクダに見えるキャメルロック。

 

44P_8575

拙者的には、キノコの山群。

 

44P_8577

全然接点のない家族。

 

44P_8587

数カ国語で歌を歌う、芸達者なアイスクリーム屋の兄ちゃん。

 

44P_8589

意味もなくFacebookで繋がってしまった青年。名前も知らない。

 

カフェで果物やお菓子をご馳走になり、知らない人からクッキーを一箱頂き、夜は夜で某ご夫婦を訪ねてトルコ料理の晩餐会。
シェフは、松ぼっくり芸術家。
ラマダン中なので味見ができないとのことですが、チョクギュゼル(トルコ語:ムチャクチャ美味いじゃん)です。

 

アザーンに誘われて、モスクで一時間瞑想。
立ち上がり、平伏し、右を向き、左を向き、歌う、の繰り返し。
ひと言もわからないアラビア語、コーラン。
意外に騒がしい子どもたち。
握手してくる地元民。
「メルハバ(こんちは!)」
涼しい風に誘われて、ベランダでチャイとお菓子。
寝るころには、未明のアザーン。
もう次のお祈りが始まります。
目覚まし代わりの太鼓隊がゆく。

 

テロっているトルコですが、少なくとも東京よりは平和。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食
  • 夜→ トルコ料理をご馳走になりました

ヨーロッパ 国、地域別 トルコ カッパドキア/ギョレメ国立公園

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン