-June 2016-

〈null〉
永久渋滞を作る人々。
ゴリ→ボルジョミ/ジョージア160606

  • マリナズGUEST HOUSE(50→40ラリ/2,006円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

工事で片側一車線だというのに、みんなが車を突っこむもんで永久渋滞。
誰もバックしない、譲らない、クラクションを鳴らすだけ。
パトカーが来たけれども、唯一の脇道を塞いでしまったので、もうどうにもならない。
警察官が進め進めと怒鳴るけれど、誰がどこに進めるというのか、説明してもらいたいもんだ。

探していた宿が、見つからず。
その辺の家に訊ねたら、その宿は知らんけど、うちが宿だと言うわけです。
看板もなにもない、普通の家。
これも何かの縁かもしれんと泊まったんだけど、なんか怪しいよね。
ま、すごくいい人だったんだけどね。

 

ボルジョミは、水のパワースポットです。
水は、ジョージアの輸出の大黒柱だしね。

44P_7768

ボルジョミの聖なる水は、蛇口から。正直、美味しくないです。なんだかわからない程度に味があるという、豊富なミネラル。Yukoは毎朝飲むと宣言して、ペットボトルに汲んでましたよ。

 

44P_7785

わき水。なんでもお飲みになるYukoが試したら、味が違うとのことです。飲んだらヤバかったんじゃないかと思うわけです。

 

44P_7787

なんだろ、この木、気になる木。

 

44P_7788

ぐるりと一周する橋。アイデア倒れ。

せっかくボルジョミの水を飲んだのに、なにやらやる気が起きないというか、体調悪いです。
夜まで宿で寝てました。
夜は夜で、寝たんだけど。
なんだろうな、この気だるさ。
投げやりな気持ち。
脱力した股間。

 

ボルジョミの聖なる水でご飯を炊いたら、黄色くなりました。
聖水は黄色い。

 

44P_7761

普通の家の普通の葡萄棚。気合い入ってます。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 外食:ヒンカリ6個と茄子のサラダ、レモネード(10ラリ/501)
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」でご飯を炊いて、缶詰

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア ボルジョミ

トラックバック用URL

〈null〉
なぜ賞味期限の切れた牛乳を並べる?
ボルジョミ二泊目/ジョージア160607

  • マリナズGUEST HOUSE(50→40ラリ/2,006円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

スーパーマーケットで牛乳を買おうとしたら、これは賞味期限が切れてるからと教えてくれた親切な店員さん。
その牛乳を棚に戻したのは、なぜなの?
それになに、賞味期限内の牛乳は一本もないという品揃え。
売る気があるのかないのか、わからんのです。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、生タマネギ、ピクルス
  • 昼→ 昼ご飯抜き
  • 夜→ 外食:ケバブ(9ラリ/450円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア ボルジョミ

トラックバック用URL

〈null〉
サクランボ泥棒と目撃者。
ボルジョミ→クタイシ/ジョージア160608

  • Hostel Ukimerioni(24ラリ/1,204円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

午前中仕事して、午後に出発し、一度だけ Tea time をとり、そのとき10分間瞑想し、トイレは有料だったので遠慮し、クタイシの宿にチェックイン。
おばあちゃんが逆切れするとレビューに書かれている、高台の宿です。
セントロまで2kmちょいほど歩いて、川向こうの市街地へ。
古いビルのエントランスを改造した階段カフェで、仕事と晩飯。

宿の近くに、たわわに実ったサクランボの木。
今まさにサクランボを盗もうとして、辺りをうかがっている青年たち。
目撃していないふりをして、通り過ぎる。

オーナーの旦那さんが、正体不明の果物をくれました。
梅に似てなくもないけど、梨っぽい。
謎の実です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、卵焼き、生タマネギ
  • 昼→ パン
  • 夜→ 外食:お洒落なカフェ「Foe Foe」ピザ(19.25ラリ/966円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア クタイシ

トラックバック用URL

〈null〉
先住民ヅラして、ビールをご馳走になりました。
クタイシ二泊目/ジョージア160609

  • Hostel Ukimerioni(24ラリ/1,204円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

キッチンに、ガスコンロがふたつ。
コンロ同士が近過ぎるわりに、火力が強いです。
弱火にしていても、隣の火で焦げてしまう延焼系。
体験しないデザインは、チェリー坊やの夢の産物。

少し寒いけど、二階のベランダで仕事。
広いしソファブランコはあるしで、ご機嫌です。
コンセントがあるといいんだけどね。
設計に想像が足りんです。

日本人カップル来宿。
先住民ヅラして、ビールをご馳走になりました。
二人揃って治験した、Ex fire works系、体力満載のトレイルマラソン・カップルです。
笑いながら山を走るそうで、そりゃたいそう不気味です。
業界ニュースですが、最近の消防署には、二階から一階に降りるバーはないそうです。
順番待ちするバーよりも、階段を降りた方が早いと気づいたようです。
失われつつある、火消しの伝統芸。
なんか寂しいね。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、ベーコン、卵焼き、生タマネギ、ヨーグルト
  • 昼→ 自炊:トマトスパゲティ
  • 夜→ 外食:お洒落なカフェ「Foe Foe」ピザ、ワッフル、ポットティー(19.8ラリ/990円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア クタイシ

トラックバック用URL

〈null〉
捕まってしまった。
クタイシ→Zugdidi/ジョージア160610

  • Zugdidi House(50→40ラリ/2,010円)
  • 本日の走行距離 112キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi(感度良好)

宿のシャワーが、良心設計です。
排水口が、シャワーの真下にあるのです。
普通はシャワー室のど真ん中か、悪ければ便器の横。
無駄に床が濡れないのが、地味に嬉しいです。

 

えーと、パトカーに捕まりました。

photo

横断歩道の歩行者無視ということで、罰金20ラリ(1,005円)。どこに歩行者がいたというのだろう?

 

君、ちょっと車から降りなさい、みたいな感じで呼ばれて、ジョージア語でなんだかんだと説明されましたが、おまわりさん、空気を読んでくださいな。
この顔ですよ、ジョージア語なんかわかりませんがね。
知らんがなって日本語でお答えし、ニポニマヨルスキ(ロシア語はわかりません)とロシア語で訴えます。
メキシコで発動した一切の言葉が通じない作戦で逃れようとしましたが、警察官の意外に熱心な身振り手振りに負けました。
ごめんなさい、すごくよく意味がわかります。
ナニを言っても許してくれそうもないし。
銀行払いだから、賄賂でもないし。
罰金1000円だし。
おとなしく払います。
それよか、ジョージア人に歩行者を優先するという心があるんですね。
道路交通法があったんですね。
よくぞそこまで進化したと、褒めてあげたいです。

 

罰金を払いに銀行へ。
守衛のおっさんが、ボクらの黄色い書類を見て、すぐに罰金だと気づいたようで、さくっと番号札をとってくれました。
ありがとう。
だけどね、散々待った挙げ句にね、うちの銀行じゃ払えないからって言われて追い出されたんだけど。

 

今日の宿は、いくつリビングがあるのかわからない広い邸宅です。
どの部屋も両開きドア、高い天井、クラシックな家具。

チェックイン後、トイレで大きな仕事を終えたあとの話です。
水洗のレバーがスカっと空振りして、チビらんばかりにビビりました。
一滴も水が流れない!
「改装中につき、夜まで断水中」
助けて!

宿の改装工事は、朝4時まで続きました。
ジョージア人でも、やるときゃやるのです。朝まで働くのです。
っていうか、宿の女将さんが工期の遅れを取り戻すため、家に帰さなかったようです。
後日、この女将さんにしてやられます、ボクら。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン、トマトオムレツ、生タマネギ
  • 昼→ 外食:小洒落たカフェ:ピザ(ラリ/円)
  • 夜→ 自炊:ジャガバタ、焼き茄子

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア Zugdidi

トラックバック用URL