ソ連の評価が低いティムール。
タシケント→サマルカンド/ウズベキスタン160115

  • B&B Bahodir(個室一泊24US$)
  • 本日の走行距離 325(正確な合計17,641)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

2016年度の初走行。
天気ますます晴朗、道路そこそこ補修、交通量ほどほど少なく、冬タイヤぜんぜん必要なし。
鯉ほどの恰幅のいい魚を、さも生きているかのようにぷるぷる振る道売り。

44P_3952

農業用水のコンクリート製水路が、延々と伸びている。よく壊れていて、繋がっていない。

 

休憩一回。
警察の検問は、合計九回。
30kmごとに警察見附がある計算だけど、黙礼でスルーしてます。
一度だけ、窓が汚いと注意を受けました。
ネズミ捕り系のパトカーに停止を食らい、「ロシア語はわかりません」というロシア語で逃げ切る。
給油は、珍しくオクタン価95で20リットルで60,000スムだから、闇レートだと12US$。

 

イスラム・カリモフ大統領の出身地、サマルカンド到着は二時半。
2001年より、世界遺産です。
まずパワースポットの「シャーヒズインダ廟群」を見物。

44P_3999

蒼いテラコッタ。「サマルカンド・ブルー」の鮮やかな青色タイル。予言者ムハンマドの従兄クサム=イブン=アッバースがサマルカンドでイスラーム教を布教したとき、異教徒に襲われて首を切られたが、何するものぞと礼拝を終え、自分の首を抱えて井戸に隠れたという。まだ生きているそうです。

 

44P_3991

顔が刻まれた墓石。

 

44P_3985

シャーヒ・ズィンダ廟群は11世紀から19世紀までの9世紀の間に作られており、現在では20以上の建造物の集合体となっている(WIKIより)。

 

44P_3976

椅子に座る祈りの人。

 

44P_3967 44P_3962 44P_3961 44P_3958

44P_4016

壁画。ペンキ塗りだけではなくて、地味に彫った力作。

 

44P_4015

と(Registan)。

 

44P_4017

マドラサが三棟。左はウルグ・ベク・マドラサ、右にシェル・ドル・マドラサ、中央はティリャー・コリーモスクマドラサ。

 

44P_4013

日本語をカタコト話す警察官が、20US$でミナレットに登らないかと営業するので、断りました。

 

44P_4007

宿のパティオです。中央に見えるベッドみたいのをトップチャンと呼びます。

 

44P_4004

玄関先に駐車。

 

宿のWi-Fi。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。シリアル、パン、卵焼き
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 外食:シャシリク、野菜スープ、マントウ、チャイ(28,000スム/)

アジア 国、地域別 中央アジア ウズベキスタン サマルカンド

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン