暗闇で二百枚もお札を数える居心地の悪さ。
Toktogul→ナマンガン/ウズベキスタン151227

  • 61,000スム(2,642円)
  • 本日の走行距離 278(合計)キロ
  • Internet@ インターネットなし

ウズベキスタンを目指してドライブ。
快晴。
川は湖に、湖はダムに、ダムは渓谷に。
Toktogul Reservoirで、雪景色。
関所で通行料US$5を徴収される。

44P_3795

一本も木が生えていない。フェルトのような柔らかそうな山肌。

 

44P_3813

山裾に森がないので、すぐに登れそうな感じ。

 

44P_3816

凍りかけた湖。

 

44P_3818

餌、少なそう。こんなんで冬を越せるのかね。

 

44P_3821

湖の名前、なんだっけ?

 

44P_3825

人力砂撒きトラック。ご苦労さまです。お陰でスリップしません。

 

44P_3828

路肩に埋まった車。情けは人の為ならずを信じて、牽引ロープを貸してあげました。どんな幸せを頂けるものかと楽しみです。

 

44P_3829

キルギスの娘さん。知らない娘さんというものは、二割増で可愛いものです。

 

44P_3833

 

国境越えは、オシュのような都会に近いと嫌がらせが多くなり、煩わしいです。
田畑の広がる田舎の国境を狙いました。
掘っ立て小屋が、左右に一軒ずつあるだけです。
左側はイミグレ、右は税関。
キルギス側の手続きは、40分。
ボクら以外に旅人がいなかったわりには時間がかかった気がしますが、まずまずです。
書類等は全部書いてくれて、助かりました。
車はいくらしたんだ?とか、タイヤはいくらしたんだ?とか、そういう好奇心むき出しの質問には適当な金額で問題なかったし、荷物検査は真剣味がないし。
出国したあとのウズベキスタンとの緩衝地帯は畑。
農民と牛に手を振り、ウズベキスタンへ。
入口で、まずは携帯のチェック。
写真を調べているようですが、詳細は不明。
無理難題をふっかけられることなく鉄門が開き、ゲートをくぐって車の撮影。
イミグレに入り、パスポートと車両の登録証を提示。
いい加減に入国書類を作成。
国境越えの詳細は、「国境越え(キルギス→ウズベキスタン)」→

 

国境係官が、10km先の町で電話をするようにと保険会社(と、思われる)の電話番号をくれました。
しかしウズベキスタンのお金がないのでSIMカードを買えず、電話をしたところで言葉が通じるとは思えないので、スルーします。
村の目抜き通りでホテルを訊ねたら、40kmも先。
言葉はお互いに一方通行ですが、青年が車で町外れまで案内してくれる親切さです。
ウズベキスタンいい国かも…、それは早計でした。

 

40km先は大都会。
目指したホテルは、満室。
とりあえず金だ金、とばかりに、闇夜の幹線道路で闇両替え。
暗闇で、1,000スム札を二百枚も数える尻の座りの悪さ。
レートは、US$40で200,000スムです。

 

商店でホテルを訊ねたら、またまた親切な人が現れて車で案内してくれ、さすがムスリム旅人に優しいと感心したものですが、別れ際に50,000スム(US$10)も請求されて、凹みます。
午前中の情けは、どこへ消えたのでしょう?
Yukoが折り鶴で誤摩化そうとしましたが効果がありません。
説得に説得を重ねて諦めてくれましたが、車にイタズラされそうなので、立ち去る彼に15,000スム(643円)を握らせました。
世知辛いウズベキスタンです。
なんだかもう、ウズベク人が嫌いになりそうです。

ウズベキスタンの町は街灯がなく、街灯がない道って真っ暗なんですね。
アスファルトのそこかしこに空いた穴。
歩道がほとんどなくて信号が少なく、命知らずの歩行者がゾンビのように道路を横断します。
夜の運転は、スリル満点。

日本人だというと、やたらタケシと言われますが、誰、タケシって?
おしんの息子って、それがナニ?

闇夜の運転と闇両替えと、親切そうな拝金主義者に疲れました。
もう二度と、夜は走りたくありません。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パンとジャム、バナナ
  • 昼→ カフェ、ショルパスープ(300ソム/476円)
  • 夜→ パン

アジア 国、地域別 中央アジア ウズベキスタン

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン