ピンポンダッシュに泣かされた夜。
ビシュケク→Kashat/キルギス151113

  • セルゲイのゲストハウス(個室一泊1,000ソム/1,704円)
  • 本日の走行距離 314(合計15,240)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

気温7度。
富山出身の旅人Kさんに見送られ、出発。
Kさん、次回はぜひお食事にでも。

雨。
左手に険しい天山山脈、カザフスタンとの国境の川、右手に線路。

今日もまた、仕事熱心な警察官に呼び止められました。
「11kmのスピード違反なので、シュトラフ(罰金)を払いなさい」
スピード違反をした覚えはないけれど、しなかった記憶もありません。
クレジットカード払いができるからと、事務所にお呼ばれしました。
犯行を認めたわけではありませんが、口論して勝てるとは思えないので、おめおめと事務所に入ります。
事務机の前に立ち、どのクレジットカードで支払おうかとトランプのようにカードをひろげていたら、
「現金はないのか、ドルでもいいぞ」
「あいにく現金はありません。イシククル湖で下ろすつもりです」
すみません、嘘つきました。
「イシククル湖のどこで下ろすつもりなのだ」
「友達に会って、教えてもらいます」
また嘘ついちゃいました。
「友達がいるのか」
「はい。湖で待っています」
「う〜む、ならいい。もう違反はしないように」
釈放されました。
財布にお金を入れないこと、それが中央アジアの生きるコツです。

 

 

44P_3478

左手の丸い建物が、キルギスの移動式住居ユルタ。雪山が近いです。

 

44P_3490

コンクリートの土台がある、レベルの高いコンテナハウス。モンゴルとかキルギスの町は、コンテナが多いです。

 

琵琶湖の9倍もあるイシククル湖に到着。
標高1,606メートルです。
ソ連時代は魚雷の試験場があり、外国人立ち入り禁止。

 

 

44P_3481

冬になっても凍らない謎の湖です。

 

寝るための有料駐車場を見つけましたがトイレが遠かったのでパスし、カフェはシーズンオフだからか営業していません。
ジュースを買った雑貨屋にことわって店先で寝ていたところ、どんどんと車を叩かれました。
窓を開けると、離れたところで子どもの笑い声。
ピンポンダッシュです。
無視していたら、いつまでもイタズラします。
怒鳴るのは趣味じゃないし、殴るのはキャラじゃないし、泣く泣く河岸を替えることにしました。
外に出たら、いつの間にか野次馬だらけ。
懐中電灯で我が家を照らす、馬上の騎馬民族。
ひまわりの種を食べている若人ふたり。
なんだか意味のわからないことを延々と話すおっさん。
このおっさんが恐くて悲鳴をあげるYuko。
500ソム(852円)で駐車場を貸そうかと言い出すおっさん。
ことわったら、ムチャクチャ怒ってました。
握手するだけの通りすがり。
六本のタイヤを屋根に積んで、ベッドはそのままにして夜中の出発。
10km離れた村にガソリンスタンドを発見。
駐車場をお借りして寝ます。

 

44P_3493

今夜のお宿(翌朝に撮影)。林の中のボットン式トイレ小屋は、キャパオーバーのてんこ盛り。 深く座ると刺さりそうです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き、バナナ、みかん
  • 昼→ 自炊:パン、バナナ、ドライフルーツ
  • 夜→ 自炊:「タケルくん」と缶詰

国、地域別 中央アジア キルギス イシククル湖

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン