国境越えの備忘録です。
モンゴルのウランバートルから、ロシアのウランウデを目指します。
下の地図の31番から32番へ国境を抜けます。
(逆順は、こちらの記事を→

12~13時はランチタイムなので、ゲートの外で待たされます。
国境越えに費用はかかりません。

まず、国境の第一ゲートに並びます。
両替屋が営業にやってくるので、ルーブルをお持ちでない方はこちらで両替えをしてもいいし、しなくてもいい。

第二ゲートの左手の小屋で、細長い用紙をもらい、必要事項を記入します。

右側に押された印は、ここでは空欄です。

右側に押された印は、ここでは空欄です。ロシア語を読めないので、仮に「車両カード」と呼びます。

 

イミグレ事務所へ移動し、車を停め、イミグレ手前右手のカウンターへ。
パスポートと車の登録証書(彼らは、Car Passportと呼んでいます)を提示します。
「車両カード」に、ひとつ目の印を貰います。

車の荷物チェックを受け、「車両カード」にふたつ目の印を貰います。

イミグレで、パスポートと車の登録証書を提示します。

車のチェックを受け、「車両カード」にみっつ目の印を貰います。

第三ゲートをくぐり、ロシア側へ。
係官が入国カードを配っています。
入国カードに必要事項を記入します。

イミグレの窓口にパスポートと登録証書と入国カードを提示します。
麻薬犬が、あなたの股ぐらを嗅いだりしますが、恐れることはありません。

車のチェックを受けます。
一応、すべての荷物を外へ出さなければならないようですが、誠意だけ見せればOKデス。
車体ナンバーは必ずチェックされるので、どこに刻印されているか確かめておきましょう。

左側のオフィスで、書類を二枚もらい、必要事項を記入します。

ロシアに入国するときに、同じ書類を貰っているので、真似て書くだけです。

ロシアに入国するときに同じ書類を貰っているので、真似て書くだけです。

 

上記の二枚の書類を提出し、捺印を頂戴して、一枚だけ返却されます。
お疲れさまでした。
終了です。

所要五時間半。
恐ろしく暇なので、読書できます。
前の車との距離をちょっとでも空けると、モンゴル人がすぐに割り込んで来ます。
いらっとくるので、気をつけてくださいね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

Column アジア ヨーロッパ 国、地域別 五代目の相棒マツダスクラム4WD ロシア モンゴル

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン