スペイン巡礼41日目。スペインは風雨力発電が盛んです。Cizur Menor→Puente la Reina/フランス130616

  • アルベルゲ(宿)ひとり10ユーロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日は、22.7km歩きました(合計896.5km)
7時間


より大きな地図で 2013/06/16(スペイン)巡礼 を表示

6時40分、ヨーグルトを食ってから出発。
暑くなりそうなので、破れた海水パンツをはいて歩きます。

尾根に白い風車が続く。
三人の息子と十人の孫がいる、フランス人のローズマリーに追いついたり、追い抜かれたり。
カフェにて、ワインで一休み。
鎮痛剤で足の痛みをこらえている日本人巡礼者、Tちゃんに抜かれる。

咲き乱れるコクリコの花。

今日のアルベルゲ(宿)は、プール付き。
若者は水を見ると興奮しますが、Yukoとボクはプールを前にしても心が浮き足立たないことで、性格が一致しています。
若いE-go君は泳いでた。
西洋人のおばちゃんって、どうして水着姿でいつまでもうろうろするんですかね。
見たくないのに、視線が釘付けになって迷惑です。

街に戻って食材を買い込んだけど、アルベルゲ(宿)にキッチンがなかった。
晩飯のワインは、小ジョッキ。
キリリと冷えてて美味しい。
同じテーブルの妙に明るい青年と握手したら、両手首ともリストカットの跡が無数にあって、密かにビビった。
その隣のイギリス人男性は、スパゲティーに赤ワインをかけて食べてたです。
溢れた赤ワインを皿に口を付けてすすって、これがフランス式だって言ってたけど、ほんまかいな?
息子が日本人女性と結婚したクリスティアンが、娘さんと巡礼を再開。

いつまでも日が沈まない芝生の横で、E-go君とワイン。

P6161275

朝、6時前のPuente la Reinaの街。今日も暑くなりそうです。

 

P6161276

飛行機雲というものは、ひかれた瞬間が美しい。一番左の飛行機雲に沿って、色の濃い線があるけれど、あれは何?

 

P6161277

風力発電。スペインでは、風力発電が火力や電子力をおさえて、最大の電力供給源になったそうです。すごいね。やればできるんじゃん。

 

P6161278

スペインののどかな田園風景。

 

P6161288

巡礼者。こういうのを作る職人になりたい。まじで。

 

P6161289

シンプルで、かっこいい。

 

P6161293

ゴールのサンティアゴ・デ・コンポステーラまで、550キロ。東京から大阪まで歩くようなものです。っていうことは、東海道を歩くようなものですね。

 

P6161294

わりと小ぶりな風力発電。音も小さい。

 

P6161299

坂道を下る。

 

P6161300

赤い衝撃。

 

P6161301

牛。こういうのを作りたい。

 

P6161302

日曜日だからか、教会にたくさん人がいた。

 

P6161303

教会の鐘のあたりに茂った雑草。かっこいい。新築でありながら、こういう古ぼけた家を造りたいです。

 

P6161304

緑の川。ヨーロッパって、むやみに護岸工事していないのがいい。

 

P6161305

普通の家のドア。かわいい。

 

P6161306

Puente la Reinaの街から、教会を望む。

 

P6161307

教会の尖塔。

 

P6161308

教会の尖塔に茂った雑草。いい感じです。

 

P6161309

Puente la Reinaの街。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ベンチでパン、バナナ、リンゴ、オイルサーディン
  • 昼→ 巡礼定食(6ユーロ)ワイン付き
  • 夜→ アルベルゲ(宿)の晩飯(10ユーロ)ワイン付き

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 スペイン ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン