スペイン巡礼31日目。見よ、あれがピレネーの雪だ! Louvigny→Arthez-de-Bearn/フランス130606

  • Gite(巡礼宿):一泊ひとり10ユーロ
  • Internet@ Wi-Fiルーターを使いました

今日は、23.3km歩きました(合計698.6km)
7時間


より大きな地図で 2013/06/06(スペイン巡礼) を表示

快晴とはいえ、洪水と泥道を避けて、近隣の巡礼者全員がショートカット道を進む。
それぐらい、今年のフランスは、いやヨーロッパは異常気象なのです。
軟弱なのです。

カップル巡礼者。

スコットランドのカップル巡礼者。彼らには、宿を予約してもらったり、ジュースをご馳走になったり、洪水情報を教えてくれたり、非常にお世話になった。

 

暑い。
Tシャツ一枚。
短パンが欲しい。
ピレネー山脈が近づく。

巡礼者たち。晴れてて嬉しいぞー。

巡礼者たち。晴れてて嬉しいぞー。そういう背中にはみえないけれど。

 

Oh! ピレネー!

Oh! ピレネー!

 

巡礼者たち。

右側の妙に身が高く、軽やかに歩いているのがYuko。

 

なにやら相談中。

なにやら相談中。

 

来月、あの雪のピレネーを超えるのか。

あと数日で、あの雪のピレネーを超えます。思えば遠くへ来たもんだ。

 

巡礼者たち。雲ひとつない快晴。

雲ひとつない快晴。

 

教会と畑。

教会と畑。

 

教会のステンドグラス。

教会のステンドグラス。

 

意外に素敵な十字架。

意外に素敵な十字架。

 

完全防備の人。

完全防備の人。

 

折り重なる山よ。待ってておくれ。

折り重なる山よ。待ってておくれ。

農家の古い家を見ていると、寄せ棟っぽい屋根が多い。
都会は、寄せ胸が多い。
青いビキニを着た早乙女が、庭で洗車してました。
早乙女の推定年齢は六十歳くらいで、体重90kg。
目の保養になりました。
目からうろこが落ちましたもん。
フランスに夏が来たようです。

スコットランドカップルが、カフェでコーラをご馳走してくれた。
ありがとう。
次の集落には一軒もお店がないというので、サンドウィチを6.5ユーロで購入。
怪しい絵が飾られたピクニックテーブルで、昼食。

Gite(巡礼宿)によっては役所で予約をするのですが、役所の入口で出会った巡礼者が、予約なんかしなくていいよ、直接行けばいいさ、みたいなことを言って譲りません。
不本意ながら予約せずにGite(巡礼宿)に入ったわけですが、受付は夕方。
本当に予約しなくてよかったのか、ベッドに空きがあるのか、心配で心配でならなかったのですが、とりあえずやることはやっとくべーと、シャワーを浴び、洗濯。
洗濯物を干したら、雨。

久しぶりに、スペイン語で会話。

現金が少なくなってきた。
早くお金を下ろせねば。
のちのちこれが憂いを。。。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ サンドウィッチ(ふたつで6.5ユーロ)
  • 夜→ 自炊。スパゲティ・ボロネーゼ、トマト、パン、赤ワイン

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ピレネーを越えるの?隙間があるの?いいなーいいなー

  • いいだろー。
    おっほっほっほぉー。

お便りを投函。ポトン