-January 2013-

師走に生まれた隊長。ポカラ九泊目/ネパール121231

  • Hotel Lotus Inn(一泊)US$8
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

大晦日です。
隊長の誕生日でもあります。
暮れの忙しいときに、よくぞお生まれになりました。
そんな彼女を泣かせたい一心で、プレゼントを探します。
一リットルの涙には届きそうにありませんが、手すきの紙に手刷りしたカレンダーとエベレストの磁石を購入。
午後、祐子は手縫いのバースディカード作り。
PC278786.jpg
パーティのゲストに、奈良からお越しのK君をご招待いたしました。
K君は、日本を発った当日、広州白雲国際空港(Guangzhou)で飛行機にキャンセルされ、ただでさえ短い正月休みの貴重な一日を、理由さえ説明されず削られています。
お気の毒さまです。
不幸な旅のスタートだったけれど、以降は早送りで観光する、前向きな旅青年です。
誰かいい結婚相手はいないものかと、勝手に探したりしてます。
レストラン「桃太郎」の通りにあるステーキ屋さんで、狂ったように巨大なステーキを、頬張りました。
500グラム以上あったんじゃないだろうか。
ワインとケーキ。
K君の選んだアイスクリーム。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シナモンロール。祐子はクロワッサン(65ルピー/64円)
  • 昼→ から揚げ定食。祐子は茄子の味噌焼き
  • 夜→ ステーキ。ビール、ワイン、ケーキ

アジア ネパール ポカラ 国、地域別

トラックバック用URL

塩気の足りないおにぎり。 ポカラ10泊目/ネパール130101

  • Hotel Lotus Inn(一泊)US$8
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

比較的静かなダムサイド方面へ散歩。
人ごみと巨大な黒い牛。
牛は誰かの所有物なのか、野良なのか。
昼飯に、薄味の蕎麦、緩い麺。
塩気の足りないおにぎり。
 
読書、角田光代『八日目の蝉』。
泣かないけど、なかなか切ない。
不倫も問題だけど、避妊してたら事件は防げたと思われます。
そういう話じゃないですかね。
晩飯は、世界中を旅したがここが一番美味いと、知らない人がガイドにうたってるお店のカレーを食べました。
別にどうと言うこともなし。
噂を信じちゃいけないよ、というお話でした。
 
ネパールをあと一週間くらいで切り上げて、カンボジアでも行こうかと考えてます。
昨夜K君が推薦してくれた、遺跡の定番「アンコールワット」。
シェムリアップの町が、男心をくすぐるそうです。
カトマンズからの飛行機は、安い片道航空券だと60,130円。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ 蕎麦、おにぎり。祐子は鯖定食
  • 夜→ チキンマサラカレー。祐子もカレー

アジア ネパール ポカラ 国、地域別

トラックバック用URL

河口慧海さんも来てます。ポカラ11泊目/ネパール130102

  • Hotel Lotus Inn(一泊)US$8
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

河口慧海の「チベット旅行記」に、ネパールで最も美しい街だといわしめたポカラ。
 
シヴァ神を崇めるあまり、登山禁止のマチャプチャレ(6993m)↓
P1028843.jpg
未踏峰です。
空気が汚いのか、神々のバリアなのかなんなのかよくわかりませんが、山はいつだって薄い灰色に霞んでます。
P1028842.jpg
雪山は意味もなく迫力あり、ます↓
P1028845.jpg
日本山妙法寺(ワールドピースパゴタ)へ登山。
標高1,113m。
強盗が出るとかいう山道を、金をせびる子供ガイドを断りつつ登る。
川で頭を洗う娘さんたち、迷彩服を着た警察官たち。
川で洗濯する地元民たち↓
P1028850.jpg
この川は、シャワー代わりでもあります↓
P1028888.jpg
吊り橋に干された洗濯物↓
P1028884.jpg
一時間半ほど、トレッキング↓
P1028880.jpg
野良牛↓
P1028857.jpg
 
靴を脱いで、パゴダの台座に上がる。
靴下が臭くて申し訳ないです。
 
釈迦誕生。
釈迦が生まれたのはインドじゃなくて、ネパールのルンビニーです↓
P1028864.jpg
悟りを開いてます↓
P1028861.jpg
 
宿の四階に住む、旅して三年のF夫妻を囲んで一杯。
彼らの飲んでたのは、ネパールの地酒「トゥンバ」。
 
ボクらの泊まってる宿↓

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シナモンロール。祐子はクロワッサン(65ルピー/64円)
  • 昼→ ネパールの定食ダルバールとコーラ。祐子はフルーツサラダ
  • 夜→ 4階のカップルとモモと焼そば。ビール

アジア ネパール ポカラ 国、地域別

トラックバック用URL

ぎりぎりクレジットカードの付帯保険が使えました。ポカラ12泊目/ネパール130103

  • Hotel Lotus Inn(一泊)US$8
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

ちゃこちゃんから、群ようこ「あたしが帰る家」を借りました。
祐子は、「Into the Wild」を読んでます。
そういえば、「Into the Wild」を読みながらエベレスト街道を登っている西洋人がいました。
やぁ、ボクがクリス・マッカンドレスだよ、と声をかけたかったけど、自らの英語力を考慮して、遠慮申し上げました。
 
夕方、歩いて三十分以上かかる病院「ナマステ・ホスピタル」へ。
宿のオーナーが、病院まで送っていくよと言ってくれたけど、いくら請求されるかわからんので、お断りました。
親切は、時として悩ましいほど高くつくものですから。
 
祐子の肩だか首だかの診断書をいただきます。
ついでに、マン先生に診察してもらって、薬を頂戴しました。
日本のクレジットカード会社へ電話したところ、付帯保険の期限がぎりぎり残っているので、保険が利くとのことです。
以降同じ病気なら、期限が切れていても保険が使えるそうです。
助かりました。
と安堵の胸を揉みまくっていたら、保険会社から電話が入りました。
入会日が出国日より後なので、適用されないとのことです。
がびーん、です。
 
ポカラ最後の夜。
イタリアンレストランで、ささやかな宴会。
ちゃこ隊長は、ビールもワインも飲めるので、いい奴なんです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シナモンロール。祐子はクロワッサン(65ルピー/64円)
  • 昼→ ネパールの定食「ダルバード」。祐子はカレー
  • 夜→ イタリアンレストランでスパゲティ、サラダ、ピザ、ワイン

アジア ネパール ポカラ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • よしさんゆうこさん、楽しそうで何よりです。
    とりあえず数日分一気読みしたけど、何気なく笑いの種がまかれていて、こうでなくっちゃ!となんとなしに思いましたw
    ところでネパールからいきなりカンボジアなんですね??
    私たちは来週インド行ってしまうのに、完全なる入れ違いやないですか!ひょっとして、よしさん、私達をさけてます??
    私たちはとってもとってもよしさんに会いたいです。

  • まおちゃん、さけてません、さけてません、いやん、頑張って種まきます!
    カンボジアはね、突然降って沸いて出た話なんですよ。
    たまたま出会った青年が、いいっていうもんでね。
    でもね、来週っていうのは、難しくなってきました。
    パスポートの残りページ数が足りなくなってきてて…、大使館行かなきゃならないです。
    ズボンも穴だらけだし。
    会いたいねぇ…
    旦那のスパゲティでも食いたいねぇ…

バスで事件。タクシーと事件。ポカラ→カトマンズ/ネパール130104

  • Heritage Home 1,100ルピー(1,237円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

600ルピー(599円)の長距離バスに乗り込んで、200km西のカトマンズへ。
昼食休憩後に、事件が…
ネパール人の老翁さんが、車内で黒いバッグを紛失したと言い出して、騒ぎになりました。
フランス人カップルが、座席の上に放置されてた黒いバッグを見た、と証言。
その左隣のアメリカ人親子が、意味もなく騒いでいます。
っていうか、何を言っているのかわかりません。
後部座席を陣取る東洋人一派が怪しいと、ささやかれてます。
犯人は、確実に車内にいます。
アガサクリスティの世界です。
警察が数人、乗り込んで来ました。
目つきは一丁前だけど、あまり疲れないように、目につくところだけを、さらりと捜索しています。
次にバスごと警察署に入ろうとして、低い門をくぐれず断念。
乗客全員が警察署の庭に並ばされ、男女別に身体検査と持ち物検査。
警官の数は多かったけれど、何も発見できず、捜査本部は解散。
老翁さんには気の毒だけど、あんな捜査では一生何も見つからないです。
 
反対車線のバスで、窓からゲロを吐いてる少女を発見。
まさに放出中のゲロは、バスを激しく染めています。
乾いた頃、誰かが掃除するのかと思うと、人ごとながら目眩がします。
一方ボクらのバスでは、タンを絡ませる巨大な音。
ンガァァァァァーーーーーーっ!
のどの奥に集めたタンをどこへ吐くつもりなのか、まさかバスの車内に吐くのか、恐くて犯行現場を見られず。
 
タクシーの運ちゃんと揉めた一件。
カトマンズに着き、いつもの宿へ戻り、レセプションの娘さんにカトマンズで一番巨大なショッピングセンター『バート・バティニ』を教わり、そのメモを近所のタクシーの運ちゃんに見せ、知ってるというから乗ったのに、途中でごちゃごちゃと何やら言い出すものだから、困惑するボクらです。
行くのか行かないのか、知っているのか知らないのか、どっちっす?
ネパール語であれこれ言われても、さっぱりわからないです。
ショッピングセンターを知らないなら、どこへ連れて行かれるかわからんので、宿に引き返してください。
宿へ戻り、往復料金を払えと要求する運転手。
ま、気持ちはわからんでもないけど、目的地を知らないのに車に乗せた君が悪い。
と主張するボクら。
最大限譲歩しても、片道分しか払いません。
もみもみに、揉めました。
確かめて乗車しているのに、ホントめんどくさい。
ネパール人って、以前に祐子が乗ったリキシャもだったけど、目的地を知らないくせに知ってると答えて道に迷い、迷った分を超過料金として請求してきます。
それって、どうよ?

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ハンバーガー。祐子はパン
  • 昼→ 焼そば。祐子はスープとフレンチフライ
  • 夜→ 生姜焼き定食とビール。祐子は茄子の味噌焼き

アジア カトマンズ ネパール 国、地域別

トラックバック用URL