英語留学、AGAIN。
四十の手習い、PART3です。
諦めの悪いおっさん、第三弾です。
どんだけ馬鹿なの、って感じです。
 
この度は、前回と違う学校を選びました。
両校をじっくりと比較検討し、身体に無理のないよう自然体で奮闘いたします。
そして費用対効果の悪いボクの英語力は、先生や学校によるものではなく、個人的な能力に問題があることを証明してみせます。
 
朝食後、いきなり時間割カードを没収されました。
誤記が多かったそうで、微妙に今日からのスケジュールが不明。
アウェイで何やら不安なスタートです。
一等最初の授業は、担当の先生がお休みでした。
先行き不安感が漂うスタートですが、先生の欠席はフィリピンのデフォです。
もう三度目ですから、そこんとこは慣れてます。
ただ楽しみにしていたテキスト「CYCLE LEARNING METHOD」を貰えず、三センチほど驚きました。
二時限目のテキスト「Side by Side」も貰えませんでした。
驚きの合計は、六センチになりました。
三時限目はFree Timeと言われ、Free Timeの意味を実感できず、あたりをきょろきょろしながら、何かが起こることを期待し椅子に座ってたものです。
単なる自由時間でした。
四時限目のテキスト「Pronunciation」も貰えず、思わず天を見上げたものです。
予習も復習もできんす。
 
晩飯後、来年中南米に旅立つ青年に、スペイン語を教える祐子。
その横で、ビールを飲みながら勉強。
 
ここは高原なので、心地よく涼しいです。
エアコンは、そんなに必要なさそうです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン二枚
  • 昼→ Cap Cayと揚げた魚、ソーメンと肉団子
  • 夜→ スパム(?)と鶏肉とジャガイモの炒め物、青菜のスープ

アジア アンヘルス フィリピン 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン