Graftonから脱出できない/オーストラリア101105

朝一、修理工場へ。
雨に濡れそぼり歩く。
エンジンを交換したキャンピングカーの引き取りです。
工場主のゲイリーが最後にキャブを調整し、古いキャブを段ボール箱に詰めてもらい、軽く試乗して、どれくらいよくなったんだかボクにはさっぱりわからないけれど、とりあえず走るようになったので、お支払い。
2,755A$(225,000円)の痛ましい出費。
クレジットカードでは全額を支払えず、1,500A$は現金払い。
 
次は、壊れた冷蔵庫を引き取りに家電品修理店へ。
メールでもらった修理見積もりが132A$(1万円)もしたので、修理せずに引き取ろうとしたら、見積もり代66A$(5,400円)を請求されました。
つまり見積もるための手間賃。
なで肩が虚脱…。
しかも修理完了まで5日くらいかかると言うし、どうしたらいいんだい。
 
超特急の仕事が入りました。
しばらくこの何もない町Graftonから脱出できそうにありません。
モーテルはWi-Fiが無料だけど、キッチンがなくて痛いです。
キャンピングカーの後部座席の窓用に、網戸を作ろうと計画してます。
ついでにキャンピングカーをお洒落に塗装したいです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べるものがありませんでした
  • 昼→ フードコートで、チキンカツカレー。祐子は魚の照り焼き
  • 夜→ ピザ

Grafton オーストラリア オセアニア ニューサウスウェルズ州 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • なんでオーストラリアって血まみれの人とか熱唱してる人たくさんいんだろうね。さすがに笛ピーって人は見なかったなあ。車すごいね。ましゅう。やるね。で、どうして1号線北上してるの?うち、真ん中行くかと思ってた。

  • 笛ピー男はね、どうやら顔面血だらけおばさんに惚れてたようなんだよね。
    車道に飛び出して、おばさんの前で吹いてたから。
    だけど、曲になってなかったっね。
    ぴー、ぴー、ぷひーって感じ。
    ダーウィン過ぎたら真ん中走ろうかなって思ってました。
    どっかいいところあったら、早めに教えてね。

お便りを投函。ポトン