-ベインテ・デ・ノビエンブレ市場-

満尻と乳岩の織りなす世界。メキシコシティ→オアハカ/メキシコ140217

  • Hotel Chocolate(一泊個室200ペソ/トイレ・シャワー別)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

メキシコシティからの格安深夜バス。
他に客がひとりしかいないので、後部座席を占領して横になって寝る。
微妙な尿意と耐えられるほどの寒さ、加えて路面の凸凹を一ミリ単位で拾う揺れに、“まんじりともせず”。

ちなみに“まんじり”を“満尻”で検索すると、

品がなさ過ぎます。情けないです。

品がなさ過ぎます。情けないです。

検索結果を詳しく調べたら、「熊野古道殺人事件 – 119 ページ – Google ブック検索結果」なるものが出て来ました。

内田康夫の「熊野古道殺人事件」です。“乳岩”とは、何なんでしょう?

内田康夫の「熊野古道殺人事件」の本文です。“乳岩”とは、何なんでしょう? 乳岩は、果たしてこの小説にとって、大事なファクターなのでしょうか?

五時着予定のバスは、三十分も早い四時三十分到着。
日も明けぬ、未知の道。
人通りゼロ。
こんなことろに予定より三十分の早く放置されて、非常に迷惑です。
荷物が多すぎて、身動きできません。
流しのタクシーを拾って、AK君の推薦してくれたチョコレートホテルへ投宿。
ほとほと眠いけれど、疲れ過ぎてなかなか眠れず、しっかりと爆睡。

昼メシがてら、散歩。
最近、銀細工のタスコに代わって人気のオアハカ。
どんな街なんですかね。
昼飯に食った、ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)の臓物スープ(Caldo de Menudo)が、美味いのだか不味いのだかわからない。
舌がザラザラするほどの鳥肌系の腸が、ぐねぐねと口の中で暴れます。

隣の席のオヤジ。渋い顔してます。

隣の席のオヤジ。渋い顔してます。

カフェでお茶して、夕方帰宅。
ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)の焼き肉系晩飯(Tasajo)が、雰囲気が良いわ美味いわで、夢中で貪り食いました。
深夜まで仕事。

オアハカは、車が少なく案外静かでいい感じです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 寝過ごして食べず
  • 昼→ 外食:臓物スープ(Caldo de Menudo)+トルティージャ。計65ペソ(502円)
  • 夜→ 外食:焼き肉+チョリソ+トルティージャ(116ペソ/895円)

未分類 メキシコ 国、地域別 中米、カリブ海 オアハカ

トラックバック用URL

焼いたネギが美味すぎます。オアハカ四泊目/メキシコ140221

  • Hotel Chocolate(一泊個室200ペソ/トイレ・シャワー別)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

「イエルベ・エル・アグア(Hierve el Agua)とその他ツアー」に参加。
ボクらは一人150ペソ(1,159円)を払って参加しましたが、聞くところによると他の人は300ペソで参加していたりするので、代理店次第では値段が倍も違います。
格差の激しい悪魔のツアーです。
朝10時から夜19時までの終日ツアー。
のっけからガイドが遅刻しました。

まず一等最初は、サンタ・マリア・デル・トゥーレ(Santa María del Tule)という小さな町にある、ギネスブックで世界一太い木と認定されたトゥーレの木 (Árbol del Tule)を拝見。

この写真だと、そんなに太いように見えません。申し訳ないです。

この写真だと、そんなに太いように見えません。申し訳ないです。

ユネスコの世界遺産でもありますが、オーストラリアでボクらが体験した「世界一恐ろしい木登りをした」のほうが、思い出すだけもお股がきゅんと鳴るほど、インパクトがあります。

さほど興味がなかった、サポテコ人による織物実演販売所。
笑顔で機織りを実演してくれながら、商品を売るときはぶっきらぼうになるという、愛想のない商魂。
購買欲がうずきません。
羊の毛をどうやって紡ぐのか、初めて知りました。
説明するのは難しいので割愛しますけど、なるほどねーって感じです。

P2214907

何か買いたいんですけどね。家がないから、買えないのです。

24度の炭酸水が沸いて出てくる不思議なプール、イエルベ・エル・アグア(Hierve el Agua)。

P2214913

これが炭酸水の天然プールです。泳げます。プールの向こう側は、崖。

 

炭酸水の天然プール。プールの向こうは、崖。落ちたら死にます。

ミネラルの何かが固まったプールデッキ。水は生温い。

 

右側の白いものが、炭酸水の沈殿物が固まった、石化した滝。

右側の白いものが、炭酸水の沈殿物が固まった、石化した滝。

ちなみに、トイレは3ペソ(24円)です。

【イエルベ・エル・アグアへのアクセス方法】
オアハカから路線バスで、ミトラへ(9ペソ)。
ミトラからは、乗り合い観光バス(往復で80ペソ)。
人数が揃わないと走らない、アコギなバスです。

サポテカ文化のミトラ遺跡。

こうして見ると、妙に角ばった遺跡です。 だいぶ修復しちゃったんじゃないだろうか?

こうして見ると、妙に角ばった遺跡です。
だいぶ修復しちゃったんじゃないだろうか?

 

パターンはいろいろありますが、複雑な幾何学的な文様が、ミトラ遺跡の特徴です。

パターンはいろいろありますが、複雑な幾何学的な文様が、ミトラ遺跡の特徴です。

 

デザインが複雑だと納期に間に合ったのだろうかと、心配になります。工賃もね倍以上にあると思うんだけど、ちゃんと払ってくれたんだろうか、王様。

デザインが複雑だと納期に間に合ったのだろうかと、心配になります。工賃も倍以上になったと思うんだけど、ちゃんと払ってくれたんだろうか、王様。ときどき要求は激しいけれど、金は非常識に安いという悲しいクライアントがいたりするものだから、気になるわけです。

オアハカの地酒で蒸留酒の一種、メスカル(Mezcal)の工場。

このパイナップルみたいのが、お酒になるのです。

このパイナップルみたいのが土のなかに埋まってて、あれこれしたらお酒になるのです。

 

メスカルをクイって飲んで、オレンジを食う。実に美味い。メスカルが美味いっていうより、オレンジが最高!

メスカルをクイって飲んで、オレンジを食う。実に美味い。メスカルが美味いっていうより、オレンジが最高!

晩飯は、行きたくて行きたくてしょうがなかったベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)。

P2224948

干し牛肉のタサホ(Tasajo)と、干し豚肉セシーナ(Cecina)、チョリソの炭火焼、トルティージャ9枚、他(145ペソ/1,120円)。

肉を千切ってトルティージャを巻いて、食らう。
どうして焼いただけのネギが、こんなに美味いのだろう。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昨日買っておいたパン(10.5ペソ/81円)
  • 昼→ 130ペソ(1,004円)のbuffeにお金を払うのが惜しくて食べませんでした
  • 夜→ 外食:ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)で、干し牛肉のタサホ(Tasajo)と、干し豚肉セシーナ(Cecina)、チョリソの炭火焼(145ペソ/1,120円)

メキシコ 国、地域別 中米、カリブ海 オアハカ

トラックバック用URL

Never trust anybody! オアハカ六泊目/メキシコ140223

  • Hotel Chocolate(一泊個室200ペソ/トイレ・シャワー別)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

布団のなかで、アレコレとスケジュールについて考えてみる。
どうひねくり回しても、今夜も夜行バスには乗れません。
日本との時差15時間。
夜行バスに乗ると日本は日中。
朝から晩まで、ネットの前で待機しなくてはならない宿命です。
ADOのバスにはWi-Fiがあるんだけれども、信用できません。
ここはメキシコ、Never trust anybody!

メルカド・ベニートファレス(Mercado Benito Juárez)で、ヤシ(palma)の葉で編んだ籠や小物入れを買う。
三個買って、一個落として失くした。

籠売り三十年のおばちゃん。

日曜日は、休みの店が多い。その間隙を縫って、田舎から籠売りのおばちゃんがやってくる。おばちゃんはメルカドに通って30年のベテランです。

 

右下にあるカラフルな骸骨の焼き物が、ほしい。

右下にあるカラフルな骸骨の焼き物が、ほしい。


人気のパン屋さん。

人気のパン屋さん。

コンセントのあるカフェで暇つぶし。

ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)の食堂で、晩飯を食べて会計してもらったら、10ペソ多く請求されました。
油断ならんなー。
Never trust anybody!

仕事のメールを一晩中待っていたけれど、来なかった。
Never trust anybody!

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ 外食:ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)で、Huevos con Chorizo inxluye arroz o frijoles。YukoはCaldo de Pollo(60ペソ/453円)
  • 夜→ 外食:ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)で、Cecina de Puerco (enchilada) con frijoles。Yukoは、Coloradito+オアハカジュース+水(90ペソ/696円)

メキシコ 国、地域別 中米、カリブ海 オアハカ

トラックバック用URL

買ってから悩め!オアハカ七泊目/メキシコ140224

  • Hotel Chocolate(一泊個室200ペソ/トイレ・シャワー別)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

今日も次の町サン・クリストバル・デ・ラス・カサスへ旅立てない。

チョコラテを飲みながら、宿のパティオで急ぎの仕事。
悪い宿じゃないのだけれども、女の子に愛想がない。

ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)のFonda(安食堂)で、昼飯。

Cafeのメニューの値段が、信用できません。
オアハカの旧市街は世界遺産のご指名を受けてまして、名誉なことです。
その栄えある世界遺産のど真ん中の、歩行者天国Macedonia Alcala通りにある、Sterbucks張りに立派なカフェでのことです。
35ペソ(270円)のアイスチョコラテを頼んだら、40ペソ(309円)も請求されました。
どしてさ、メニューに35ペソと書いてあるじゃないかと抵抗したところ、メニューになんて書いてあるかは問題じゃなくて、40ペソだというわけです。
レジスターがそうなってるから、40ペソを払えというのです。
レジスターがどんなレシートを吐き出そうと、説明にもなんにもなりませんがな。
しかしですね、そんなことでいちいち腹を立ててはいけません。
ましてや、商売人としての心得を説いたりするようでは、立派な旅人にはなれません。
ボクらはスナフキンではないのです。
顧客志向が商売繁盛に繋がり、やがてメキシコの繁栄をもたらすと力説しても、それは暖簾を腕押ししながら糠に釘を打つような、焼け石に水です。
エコエコアザラクと、呟くのみです。

明日は、別のお店で似たような酷い目に遭います。
こうご期待!

その辺の小洒落たお店で見かけたんですが、SMASHOE(San Miguel Shoe Co.)の靴のデザインがいい。

5,000円くらいです。

5,000円くらいです。

Yukoが買いたがってたけれど、無理です。
合わせて着る服がありません。

まったくもって話が飛びますが、太宰治が言ってました。
疑いながら、ためしに右へ曲るのも、
信じて断乎として右へ曲るのも、その運命は同じ事です。
どっちにしたって引き返すことは出来ないんだ。

ちょっと変えてみました。
疑いながら右へ曲がるのも、
信じて断乎として左へ曲がるのも、その運命は同じことです。
どっちにしたって、曲がったあとどうするかだ。

始終、道に迷っています。
迷わないように努力をするのではなくて、迷った先でナニをするかが、ボクらの旅を深めます。
家が欲しいです。
でも家を買ったら、生活が成り立たなくなる。
老後を短くしなくてはならない。
さっさと死ぬのも手かもしれませんが、じゃぁさくっと逝こうかと三途の川を率先して泳ぐほど、覚悟ができていません。

家を買ってしまった後の行動で、ボクらの旅の第二ステージが始まるのかもしれない。
あたって砕けろ!
だけど砕けたくない。
あーもうっ!
そんな感じっす。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ チョコラテ(二杯で30ペソ/232円)
  • 昼→ 外食:ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)で、Enfrijoladas con cecina de res。Yukoは、Caldo de Verdura+ハマイカティー(105ペソ/811円)
  • 夜→ 外食:Fonda(安食堂)。牛の肝臓炒め。Yukoはチキンのクリームソース(90ペソ+チップ10ペソ/773円)

メキシコ 国、地域別 中米、カリブ海 オアハカ

トラックバック用URL