満尻と乳岩の織りなす世界。メキシコシティ→オアハカ/メキシコ140217

  • Hotel Chocolate(一泊個室200ペソ/トイレ・シャワー別)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

メキシコシティからの格安深夜バス。
他に客がひとりしかいないので、後部座席を占領して横になって寝る。
微妙な尿意と耐えられるほどの寒さ、加えて路面の凸凹を一ミリ単位で拾う揺れに、“まんじりともせず”。

ちなみに“まんじり”を“満尻”で検索すると、

品がなさ過ぎます。情けないです。

品がなさ過ぎます。情けないです。

検索結果を詳しく調べたら、「熊野古道殺人事件 – 119 ページ – Google ブック検索結果」なるものが出て来ました。

内田康夫の「熊野古道殺人事件」です。“乳岩”とは、何なんでしょう?

内田康夫の「熊野古道殺人事件」の本文です。“乳岩”とは、何なんでしょう? 乳岩は、果たしてこの小説にとって、大事なファクターなのでしょうか?

五時着予定のバスは、三十分も早い四時三十分到着。
日も明けぬ、未知の道。
人通りゼロ。
こんなことろに予定より三十分の早く放置されて、非常に迷惑です。
荷物が多すぎて、身動きできません。
流しのタクシーを拾って、AK君の推薦してくれたチョコレートホテルへ投宿。
ほとほと眠いけれど、疲れ過ぎてなかなか眠れず、しっかりと爆睡。

昼メシがてら、散歩。
最近、銀細工のタスコに代わって人気のオアハカ。
どんな街なんですかね。
昼飯に食った、ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)の臓物スープ(Caldo de Menudo)が、美味いのだか不味いのだかわからない。
舌がザラザラするほどの鳥肌系の腸が、ぐねぐねと口の中で暴れます。

隣の席のオヤジ。渋い顔してます。

隣の席のオヤジ。渋い顔してます。

カフェでお茶して、夕方帰宅。
ベインテ・デ・ノビエンブレ市場(Mercado 20 de Noviembre)の焼き肉系晩飯(Tasajo)が、雰囲気が良いわ美味いわで、夢中で貪り食いました。
深夜まで仕事。

オアハカは、車が少なく案外静かでいい感じです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 寝過ごして食べず
  • 昼→ 外食:臓物スープ(Caldo de Menudo)+トルティージャ。計65ペソ(502円)
  • 夜→ 外食:焼き肉+チョリソ+トルティージャ(116ペソ/895円)

未分類 メキシコ 国、地域別 中米、カリブ海 オアハカ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン