-ジョージア/グルジア-

トビリシの不動産とアパートメントの探し方。
トビリシ七泊目/ジョージア160314

  • HOSTEL IN Tbilisi(最初の三泊は40ラリ/1,871円/四泊目以降は30ラリ/1,403円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

トビリシでアパートを探す方法です。
Facebookだと、「Flatshare in Tbilisi」。

スクリーンショット 2016-03-15 16.15.00

昨日インスペクションした物件は、ここ。二日後にもうひと物件見ます。

 

家賃の予算は、だいたい250〜350米ドルです。
もうひとつのFacebookが、「Flatmates Georgia

このサイトは利用者が少ないです。

このサイトは利用者が少ないです。役に立ちません。

 

ほかに「Apartments for rent in Tbilisi」というのもあります。

スクリーンショット 2016-03-20 12.05.59

 

不動産サイトだと、「MAKLER

スクリーンショット 2016-03-15 17.57.44

 

もうひとつは、「MYHOME.GE」。

スクリーンショット 2016-03-15 16.28.55

 

上のサイトに四軒くらいメールしたところ、返信メールの一通は「どんな部屋が希望か教えてくれ」なるものでして、だから希望の物件に問い合わせたわけで、管理能力がないのか事務処理能力に欠けているのか知りませんが、わけわかりません。
もう一通の返信メールは、微妙に質問に答えてくれません。
いつまでたってもインスペクションできませんがね。
なんか、そういうところがソ連系というのか、暖簾に腕押し系で先にすすみません。

 

眺めの良い家でもあったら買いたいものだと探したら、

少し都心から外れますが、

少し都心から外れますが、

 

この眺望。

この眺望で32,000米ドル。安いよね。

 

終日、仕事。
夕方、食料品の買い出し。

 

お二階さんは、カナダのオタワから来た女性チャリダー。
ボクの英語がナニなものですから、いちいちとんちんかんな方向に話題が弾み、会話がはずみません。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラバーシュ、昨日の残りのカチャプリ、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ 自炊:スパゲティナポリタン
  • 夜→ 自炊:豚肉と茄子の味噌炒め

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

鉄骨で支えあう崩壊寸前の住宅街。
トビリシ六泊目/ジョージア160313

  • HOSTEL IN Tbilisi(最初の三泊は40ラリ/1,871円/四泊目以降は30ラリ/1,403円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

散歩。

メトロでルスタヴェリ駅→(ルスタヴェリ大通り)→自由広場→コテアブアジ・ストリート→アルメニアン・カテドラル→住宅街→アブラヴァリ駅

猫の町。
アイスクリームとおばあちゃん。
アイスクリームが安くて美味い。
おばあちゃんは、なにやら恐い。

トビリシの住宅は、キューバよりはるかにボロい。

崩れゆく家々はもはや自立する力もありません。鉄骨で支えあう町内。

崩れゆく家々はもはや自立する力もありません。鉄骨で支えあう町内。

 

アブラヴァリという旧市街にいます。こんな程度の崩壊家屋は珍しくありません。

アブラヴァリという旧市街にいます。こんな程度の崩壊家屋は珍しくありません。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラバーシュ、昨日の残りのカチャプリ、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ 外食:ポーク・バーベキュー、椎茸チーズ、オりービーサラダ、赤ワイン、炭酸水(30.8ラリ/1,459円)
  • 夜→ 晩飯抜き

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

不便、危険。熱湯、火傷。嗚呼、号泣。
トビリシ八泊目/ジョージア160315

  • HOSTEL IN Tbilisi(最初の三泊は40ラリ/1,871円/四泊目以降は30ラリ/1,403円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

不動産屋さんのWebサイト巡りと仕事。
5万ドル以下の一軒家を探してみます。
できれば煉瓦造りで、できれば3ベッドルームで、できれば車が二台入るくらいのお庭で、高台か斜面に建ち、人民を見下ろす感じの王様系物件、ありませんかね?
4万ドル以下でマンションを探すと、35〜55平米くらいです。
貧乏人の身の程知らずを言わせてもらうと、狭いっす。

旧ソ連圏の宿って、キッチンが汚れているかと思えば、たいてい犯人は宿のスタッフだったりします。
ロシア、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、ジョージアで裏をとりました。
こっそりとガス台の脂汚れを拭き取るのは、ボクの趣味です。

 

44P_5813

「MADE IN EUROPA」は、大雑把じゃないかい。

 

44P_5817

思想なき設計。不便、危険。熱湯、火傷。嗚呼、号泣。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラバーシュ、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ 自炊:トマトスパゲティ
  • 夜→ 自炊:豚肉のスープ

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

お便り

  • ジョージア、いいですね。2年前イランとトルコに行った折、行きたかったんですが、時間の都合で断念しました。食べ物が美味しいと聞きますがどうですか実際。

    ところで、私どもの旅ですが、ロシアやめちゃいました。試行錯誤の末セルビア、ルーマニア、ブルガリアといたしました。セルビア以外は初なので楽しみです。

  • 安くて美味しいね、ジョージア。
    多少メニューにバリエーションがあるし、外れがないし、お皿は綺麗だし、安いワインもあるし、コスパがいいです。
    パンは、イランやアルメニアのほうが好みだけど。

    ルーマニアとブルガリアは、ロシアより楽しめるんじゃないですか。
    無茶に広くないから。
    古民家宿とか、いい雰囲気だしてるし。
    ルーマニアは、住みたい候補地です。
    もしかしたら努力と運次第で、一緒にビールを飲めるんじゃいですかね!
    よく考えないで言ってるけど。。。

  • わーもしご一緒できそうでしたら是非。
    でも、正味2週間ぐらいしか時間がなさそうです(その後スペインに飛ぶので)。もっとのんびりまわりたいんですが、なかなか。とはいえ、いまから楽しみです。

    ところで、ジョージアのアパート、外見がすごいことになってますね。中は意外と快適そうですが。

  • はい、ぜひよろしく!
    シェフとグルメしたいです。
    外見はオンボロだけど、中は意外に快適なアパートより

昭和の香りが漂うあまりにも古すぎる団地。
トビリシ九泊目/ジョージア160316

  • HOSTEL IN Tbilisi(最初の三泊は40ラリ/1,871円/四泊目以降は30ラリ/1,403円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝から、ショーンK。

念願の二階へ引っ越し。
二方向立ち上げ窓の温室部屋です。
贅沢にも二重ガラスを採用していますが、建て付けが悪いため隙間風がびゅーびゅー。

おやつは、量り売りのソ連圏定番の「ウェハース」。
山盛りで3.71ラリだから、たった181円。
固茹で強面のワタクシですが、ウェハースが好きです。

Facebookの「Flatshare in Tbilisi」で探した、徒歩数百メートル離れたアパートをインスペクション。
1DKでひと月350US$の物件です。
オーナーは警察官ながらもドイツに赴任中。
諜報部員かなんかですかね?
英語の怪しい甥のミッシェルが部屋を案内してくれます。

 

昭和の香りが漂うあまりにも古すぎる団地ですが、想定外にもクラ川沿いでした。 眺めよし。

昭和の香りが漂うあまりにも古すぎる団地ですが、想定外にもクラ川沿いでした。
ベランダの眺めよし。

 

寝るまで、ショーンK。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラバーシュ、卵焼き、ベーコン、生タマネギ
  • 昼→ 自炊:トマトスパゲティ
  • 夜→ 外食:16.2(795円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL

お便り

  • 外観はどんな感じでしょう?築何年ですか?
    この辺りの人は年数適当だったりしますよね
    フルシチョフじゃなくてスターリン時代の方が
    若干ゴージャスと聞きました。
    ところで美人写真はどうなったんですか?
    まあ、ネコでも癒されますけど。。。

  • 築何年なんだかさっぱりわからないのです。
    っていうか、誰にも会わなくて、質問すらできない。
    友達いなくて。
    美人もいないねー。
    ぜんぜんいない。
    おばさんしかいない。

毎晩花火があがる街。
トビリシ10泊目/ジョージア160317

  • HOSTEL IN Tbilisi(最初の三泊は40ラリ/1,871円/四泊目以降は30ラリ/1,403円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

自転車旅のアレクサンドリアの旅立ち。
スイスに留学しているカナディアンです。

スイスから北京に向かうチャリダー。

スイスから北京へ。カナディアンなので、イランのビザはちょいと苦労したそうです。

 

姉妹ホテルに勤務するニック青年が、車のメカニックを紹介してくれはったんですが、これまた異常なほどにいい加減な奴らでして、腹痛で医者にかかったら捻挫させられた気分です。
野次馬が多過ぎて、井戸端会議が収拾着きません。
なんにしろボクは中国人ではありませんし、ましてやインド人でもありません。
診てもらいたいのは腹の下ですと再三申し上げているのに、タイヤばかり診断します。
ブレーキを踏んだり、凸凹道を走ると、がっこんがっこんと衝撃音がするのです。
道路の穴対策の車の底のアルミ板を外したら、

 

アルミ板のネジは6カ所あるんですが、3人でそれぞれが勝手に締め上げちゃってました。全体を少しずつ閉めるとか、そんな上品なことしてくれません。だから最後の一カ所は、ネジが穴に通らず、板を強引に曲げたりしたあげく、ネジ本体を曲げてしまいましたとさ。

アルミ板のネジは6カ所あるんですが、3人のメカニックがそれぞれ勝手に締めます。全体を少しずつ閉めるとか、対角線で締めるとかそんな上品なことしてくれません。だから最後の一カ所は、穴にネジが通らず、板を強引に曲げたり金槌で叩いたりしたあげく、ネジ本体を曲げてしまいましたとさ。

 

大型スーパーマーケット「カルフール」を目指して、駅前から117番のバスに乗ったところ、逆方向。
狭い車内で半立ちしていたら、すっかり車酔い。
脂汗たらたらの半死半生だというのに、運転手が美味しそうに煙草を吸うものだから、余計に気持ち悪くなって昇天できません。

「カルフール」でキッコーマンの醤油を発見し、我が家に一筋の灯り。
翌日、照り焼き用のタレだったことが判明し、再び闇の中。

一回しか行ったことのない行きつけのレストラン「カフェ・パレルモ」で、晩飯。
隣のテーブルは男子校の同窓会みたいな連中で、煙草吸いまくり。
煙で輪っかを作っている人を30年ぶりに見ました。
DJがカラオケを熱唱し、男同士で飛び跳ねて踊る彼ら。
悲しいくらいにうるさいのです。

21時、新居の鍵を受取り、駅裏のコンビニで洗剤等の生活用品を買って帰宅。

夜中、花火。
そういえば、毎晩花火があがります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ラバーシュ、卵焼き、ベーコン、マッシュルーム、生タマネギ
  • 昼→ 自炊:スパゲティナポリタン
  • 夜→ 外食:カフェパレルモ(26ラリ/1,261円)

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア トビリシ

トラックバック用URL