-アルマトイ-

検問はカザフスタンの日課です。
バルハシ湖郊外→南下→アルマトイ/カザフスタン151102

  • ホステルサマルSAMAL個室一泊6000テンゲ(2,568円)
  • 本日の走行距離 312(合計14,926)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝、車内の気温は零度。
鮮度長持ちのチルド室です。
寝袋に包まったまま即身仏になっても悔いはない寒さです。
生存が可能かどうかというより、萎えた気力が凍ります。

今日もまたまた、警察官に呼び止められました。
カザフスタンでは、検問は日課です。
ちょっとこっち来いや!
社会主義的憲兵隊風威圧高で、ゴツい拳銃みたいのを振り回されました。
精一杯の愛想笑いを浮かべて、立てた煙草を倒さないほど静かに路肩に停まります。
頼まれもしないうちから、いそいそとパスポートと車両登録証を用意し、両手をハンドルに軽く置き、薄ら笑いを浮かべて、警察官を待ちます。
警察官が手にしているのは、スピード測定器のようです。
ショーンコネリー時代のMが作った工作物風、時代遅れの未来型デザインです。
そのスピードガンを覗き込んだりしながら、心の通わぬロシア語だかカザフ語だかで、四の五の言っています。
何を言われても鼻毛ほども意味がわからないし、わかりたくもないので、空気が読めないフリで防衛。
保険について突っ込まれたくないのです。
厳つい顔した警察官でしたが意外に堪え性がなく、三分くらいで許されました。
めでたく無罪放免。

雪山の壁が立ちはだかる、昔の首都アルマトイに到着。
キルギスタンへ行くにはこの厳しい面構えの天山山脈を越えなければいけないのかと思うと、萎えます。
アルマトイは、旧ソ連がロシア人のために造った計画都市なので、碁盤の目になった大都会です。
宿探し。
一件目の宿は、Wi-Fiが故障しているのでパス。
二軒目は留守でしたが、電話して呼び出しました。
英語で話しかけて、ロシア語で返事をされる心もとない通話です。

しばらく待ってチェックイン。
シーズンオフなので、ツーリストなんて誰もいません。
100平米を超す4LDKが貸し切りです。
新しいいい感じのキッチンがあるけれど、スーパーマーケットにロクなものがありませんでした。
腕を振るえず、残念です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:卵焼き茶(600テンゲ/256円)
  • 昼→ 食べる暇なし
  • 夜→ 自炊:シーチキンと白菜のスパゲティ

国、地域別 中央アジア カザフスタン アルマトイ

トラックバック用URL

スープが赤いラーメン屋。
アルマトイ二泊目/カザフスタン151103

  • ホステルサマルSAMAL個室一泊6000テンゲ(2,568円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

五時起床。
頭痛。
ちょっと仕事して、すぐ寝る。
午後、街を散策。
セントロまでのバスは、80テンゲ(34円。安い!)。

 

宿のオーナー、サオレが書いてくれたバスの乗り方。ロシア語だけど、これだけが頼りです。

宿のオーナー、サオレが書いてくれたバスの乗り方。ロシア語だけど、これだけが頼りです。

 

44P_3350

天山山脈の向こうはキルギスタン。東側に中国。最高峰はポベーダ山(7,439 m)。

 

44P_3353

中央市場。カザフスタンはイスラム教徒が多いけれど、豚肉も売っています。遊牧民なので、馬肉がお好きです。

 

ドライフルーツ売り場の爺さんの口車に乗ってしまい、気付いたら干し柿と杏を1kgも買わされてました。
羊、馬、牛、鶏、豚とコーナー分けした肉売り場が、充実。
カザフスタン人は「カザフ人は世界で二番目に肉を食べる。一番はオオカミ」と自画自賛するほど肉好きですが、それは羊ですね。
牛肉だと、世界一はウルグアイで二番はアルゼンチンですから。
豚肉を買いましたが、300gだけくれとか、そういう細かい注文に応じてくれません。
台に積まれた塊のままです。
ベーコン、蜂蜜、車用充電USB、ピアス、久しぶりに買い物三昧。

 

44P_3364

28人のパンフィロフ戦士公園(Panfilov Park)。第2次世界大戦での独ソ戦(大祖国戦争)で、カザフから出征した28人の兵士を記念した公園です。

 

44P_3369

ナチス・ドイツ軍の戦車を18台も破壊した英雄です。

 

44P_3372

アルマトイは、普通に冬。

 

44P_3378

1904年の建立され、1911年の大地震に唯一崩壊しなかった建物と言われるゼンコフ正教教会。釘を使わない木造建築物です。

 

44P_3382

ラーメン屋さんの広告を発見。No Ramen No Lifeと書かれています。本当にラーメン屋なんてあるのでしょうか?

 

44P_3383

ありました、ラーメン屋。店内を覗いたけれど、誰も麺をすすっていません。

 

ラーメン屋のHPを確かめたところ、メニューの写真は↓

スープの赤さからすると、韓国系じゃないですかね。四つの白いトッピングも韓国餅のトックに見えるし。

スープの赤さからすると、韓国系。四つの白いトッピングも韓国餅のトックに見えます。もしかしてインスタントラーメンの「辛ラーメン」かな。

 

宿のオーナーによると、アルマトイには韓国人(朝鮮系)が多く住んでいます。
一方日本人といえば、宿のすぐ近くに「電通」があります。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き、ヨーグルト、バナナ
  • 昼→ カフェ:羊の串焼きとサラダ
  • 夜→ 自炊:豚肉と白菜の味噌鍋。パスタ入り

国、地域別 中央アジア カザフスタン アルマトイ

トラックバック用URL

Google Earthで発見した世界最古の地上絵。
アルマトイ三泊目/カザフスタン151104

  • ホステルサマルSAMAL個室一泊6000テンゲ(2,568円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

カザフスタンが、去年からビザを免除してくれたのはありがたいのですが、滞在期間が15日しかありません(2017年12月31日までの特典)。
カザフスタンの面積は世界で九位、日本の約七倍もあります。
15日間で日本の七倍は、普通に無理です。
ナザルバエフ大統領、延長させてくれませんかね。
出たり入ったりするのは、入れたり出したりするくらい面倒なのです。

この日記を書いている三日後に知ったのですが、ここアルマトイには「マクドネル」という「マクドナルド」もどきがあります。
行きそびれました。
マクドナルダーとして、無念です。

カザフスタンに巨大な地上絵があるとは、日記を書く二日後まで知りませんでした。
トゥルガイという町で、アスタナの北東です。
経済学者がGoogle Earthで発見した、世界最古の地上絵です。
世紀の発見というものは、もはや現地に行かなくても、研究していなくても、机上の空論でさえ必要ない時代なのです。
車で片道四日の距離なので、戻る気になれません。
巨大すぎて全体像が見えない地上絵だから、悔いはありません。

Yukoは朝七時から仕事。
夕方、散歩。
近所の街道沿いは、首都アスタナとは違う西欧風のソフィスティケートされたビル群です。
黒川紀章先生には悪いけれど、アスタナの都市計画はどこか田舎臭いです。

 

44P_3391

ショッピングモールのオブジェ。これはなかなか秀作。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、卵焼き、ベーコン、バナナ、リンゴ
  • 昼→ 自炊:ベーコンと白菜のスパゲティ
  • 夜→ 自炊:豚肉の味噌焼き、厚焼き卵、お吸い物

国、地域別 中央アジア カザフスタン アルマトイ

トラックバック用URL