検問はカザフスタンの日課です。
バルハシ湖郊外→南下→アルマトイ/カザフスタン151102

  • ホステルサマルSAMAL個室一泊6000テンゲ(2,568円)
  • 本日の走行距離 312(合計14,926)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝、車内の気温は零度。
鮮度長持ちのチルド室です。
寝袋に包まったまま即身仏になっても悔いはない寒さです。
生存が可能かどうかというより、萎えた気力が凍ります。

今日もまたまた、警察官に呼び止められました。
カザフスタンでは、検問は日課です。
ちょっとこっち来いや!
社会主義的憲兵隊風威圧高で、ゴツい拳銃みたいのを振り回されました。
精一杯の愛想笑いを浮かべて、立てた煙草を倒さないほど静かに路肩に停まります。
頼まれもしないうちから、いそいそとパスポートと車両登録証を用意し、両手をハンドルに軽く置き、薄ら笑いを浮かべて、警察官を待ちます。
警察官が手にしているのは、スピード測定器のようです。
ショーンコネリー時代のMが作った工作物風、時代遅れの未来型デザインです。
そのスピードガンを覗き込んだりしながら、心の通わぬロシア語だかカザフ語だかで、四の五の言っています。
何を言われても鼻毛ほども意味がわからないし、わかりたくもないので、空気が読めないフリで防衛。
保険について突っ込まれたくないのです。
厳つい顔した警察官でしたが意外に堪え性がなく、三分くらいで許されました。
めでたく無罪放免。

雪山の壁が立ちはだかる、昔の首都アルマトイに到着。
キルギスタンへ行くにはこの厳しい面構えの天山山脈を越えなければいけないのかと思うと、萎えます。
アルマトイは、旧ソ連がロシア人のために造った計画都市なので、碁盤の目になった大都会です。
宿探し。
一件目の宿は、Wi-Fiが故障しているのでパス。
二軒目は留守でしたが、電話して呼び出しました。
英語で話しかけて、ロシア語で返事をされる心もとない通話です。

しばらく待ってチェックイン。
シーズンオフなので、ツーリストなんて誰もいません。
100平米を超す4LDKが貸し切りです。
新しいいい感じのキッチンがあるけれど、スーパーマーケットにロクなものがありませんでした。
腕を振るえず、残念です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:卵焼き茶(600テンゲ/256円)
  • 昼→ 食べる暇なし
  • 夜→ 自炊:シーチキンと白菜のスパゲティ

国、地域別 中央アジア カザフスタン アルマトイ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン