-June 2017-

雨だけは降らないでねってお願いしているのに、朝まで天地創造級の豪雨。

 

で、朝っぱらからやらかしちゃいました。
黄色信号で交差点に入ったのが、警察に見つかったのです。
(ほかの車は突っ込んでいるのに!)
あっちこっちから警察官が飛び出してきて、あっという間に捕獲されました。
おもいっきし怒号を浴び、叱られ、車に乗り込まれて、絶対絶命のピンチです。
罰金は、15,000円(45,000NGN)!
ひょえー。
払えませんがな。
ってか、払いたくないですがね。
なにふりかまわず、警察官の腕にすがってバッタのごとく謝り続け、273円(800NGN)に値切りました。
いやー、全力で謝ってみるもんですね。
ちなみに、警察署へ連れて行くといったわりに、その辺に連れ込まれましたから、罰金というよりお小遣いだったと思われます。
謝るポイントは、警察署へ行くと言い張ること。
向こうが行きたがらなかったら、賄賂系。
あとは先方が飽きるのを待つだけ。

 

カメルーン大使館で、ビザ申請、受け取り。
Yukoは、守衛のおっさんにナンパされてました。
Facebookで、チャットしたいって。

 

ま、あれだね、意見を言ってから、質問すること。
大切だよね。

 

船会社のOceanExpressから返事あり。
カメルーンからアンゴラへの船はないとのこと。
残念。

 

宿のエアコンが止まらない病。
リモコンが効かない病。
シャワーがないので、行水せねばならぬ。

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ シリアル
  • 昼→ 外食:宿の食堂/チキンとフレンチフライ、コーラとビール
  • 夜→

国、地域別 アフリカ ナイジェリア カラバール

トラックバック用URL

アフリカの雨期は、軽自動車の敵じゃなかったです。
ナイジェリアのジャングルで知りました。
1戦目はぎりぎり逃げ切りましたが、以降は不戦敗でいいです。
毎日、雨、雨、雨。
贅沢言いませんから、カメルーンから船でアンゴラかナミビアに逃げたいです。
以下、問い合わせ先。
8000氏のリストです。


問い合わせメールを送ったら、速攻でMailer-Daemonがやってきました(6/1)。

Your message could not be delivered

 


CMA CGM Marseille Head Office 4, quai d’Arenc 13235 Marseille cedex 02 France Phone: +33 (0)4 88 91 90 00 Fax: +33 (0)4 88 91 90 95

問い合わせメールを送る(6/1)。

その夜に返事がきて、見積もり依頼。
Alexandra Beaumontから返事がきて、
Responsable Commercial Voyages en Cargo
The Traveller’s Club
Tour CMA CGM
4 Quai d’Arenc
13 235 MARSEILLE cedex 2
Tel : 00 33 4 88 66 65 02
Fax : 00 33 4 88 66 65 29
Mail : partirencargo@cma-travellers-club.com
へ、見積もり依頼(6/2朝)


問い合わせメールを送る(6/1)。
返事は、We will return Monday morning 19th June 2017.


問い合わせメールを送る(6/1)。


問い合わせメールを送る(6/1)。


高菲 <claire@jctrans.net> To: AGORA SHIPPING & LOGISTICS <joinus@agora-logistics.com>, Cc: agoralogistics <agoralogistics@yahoo.com>, headoffice@agora-logistics.com, office@agora-logistics.com, Estelle Nyemeck <estelle.nyemeck@agora-logistics.com>

いい感じのメールのやりとりだったんですが、5/31からすべてのメールが戻ってくるようになりました。
どういうことやねん。

6/6、事務所を訪問。


この会社は、トラック輸送もありえるかも。
問い合わせ済み(6/6)

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

旅々、悶々。 Column

トラックバック用URL

消火器不携帯で罰金。
カラバール→イコム/ナイジェリア160531

  • Gold Palm Hotels(9,500NGN/円)
  • Internet@ SIMカード

SIMカードのTop Up。
Top Upって日本語的にはチャージのことですが、裏筋縄じゃ逝きません。
売人にお金を払っただけじゃ世界に繋がらず、電話してプランを設定しなきゃならんのです。
素人は、これに気づかない……。
って、ボクらのことです。

 

朝、豪雨。
時々、地獄のような深い穴。

 

今日の検問大賞は、消火器不携帯。
消火器がないとの罪状で、罰金1,700円(5,000NGN)。
消防法違反ですかね?
あいかわらず、ワンパターンの怒号と恫喝で追い込んできますが、得意技のお金がないのよ、ごめんなさいでへりくだったところ、町に戻ってお金を下ろして来いとの反撃を受けまして、それならばってんで繰り出した技が、
「カメルーン大使館へ行かないと、お金を受け取れないのです」
「現金を持ち歩いていると危険なので、各国の大使館にお金を送ってまして、そこで受け取っています」
「だから、町に戻ってもお金はありません」
「カメルーンに行くしかないのです」
この屁理屈系与太話が功を制しまして、276円(800NGN)にコカコーラをおまけでつけて、勘弁してもらいました。

屋台の焼肉。少々、鳥肌系の皮付き豚です。硬いけれど、噛めば噛むほどに歯に染みる滋味。歯と歯の間にはさまる頑固な繊維。

 

 

検問の記録

1 赤帽子の担当者。お金を請求され、みかんを渡して断られる。贅沢なやつ
2 お金を要求される
3 お金を要求される みかんはいい顔をしない。袋水を進呈
4 消火器がなければ、5000NGN払え。800NGNとコーラ
5 笑顔のみ。何も要求しない
6 手を振るだけの迷彩服

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食は一人前
  • 昼→ 外食:屋台の焼肉(豚肉)600NGN
  • 夜→ 宿の食堂:チキンスープ、ビール、コーラ(2,100NGN)

国、地域別 アフリカ ナイジェリア Ikom

トラックバック用URL

お便り

  • 届くかな?
    アフリカ旅のご無事をまじ祈っておりますよ。

  • カメルーンまで届きました、さまんさ。
    7月6日までにアンゴラに入れば、一安心です。
    悪徳警官に負けないぞー!

悪に染まった正義の味方が、罠を張った街道筋。
イコム→クンバ/カメルーン160601

  • KANTON HOTEL(12000CFA/2,276円)
  • 本日の走行距離 271kmキロ
  • Internet@ SIMカード(カード500CFA/948円)(2.5GB/1週間/3,000CFA/569円)

危険だから検問が多く、検問が多いのにちっとも安全な気がしない、ナイジェリアの名物はカツアゲする警察官。
こちらの車はスネに傷を持つ右ハンドル車でして、彼らの格好の餌食です。
悪に染まった正義の味方が10kmごとに罠を張った街道筋、おかげさまで本物の強盗にはお目にかかれません。
全力で怒鳴ってくる黒人の恫喝、肩にぶら下がった自動小銃。
こんなに胃が痛くなるアウェーな国、初めてです。

 

今日、カメルーンへ逃げます。
強盗まがいのナイジェリア警察官ですが、一般人も引けを取らない強面野郎でして、国境は怒号の嵐。
口喧嘩するたびに車を道路に放置するので、渋滞して迷惑。
不思議なのは、あんだけ怒鳴りあっておきながら、殴り合いもしないし撃ち殺さないこと。威嚇するだけ。けっこうメンタルな闘いでして、みんな強いなー。
罵声と怒声に満ちたカオスな国境ですが、手続きそのものはつつがなく終了。
賄賂は要求されません。

 

やっとナイジェリアの検問地獄から逃れられたと思ったら、カメルーンも検問だらけ。
辛い旅が続きます、西アフリカ。
胃潰瘍になりそう。
どこか平和な国に、海外旅行したいです。

 

今日走ったジャングルを貫く道路は、ついこの間まで泥だらけのズッポンポンだった悪魔街道です。
今年完成したばかりなので、穴ひとつないバージンロード。
工事を担当してくれたのは、中国です。
おかげさまで、軽自動車でも快走。
心の底から謝謝シェイシェイ。
アフリカで初めて見たガードレールと木造の家。
子供は傘をさし、大人はナタを頭に載せて歩き、洒落た村人は大きな葉っぱで雨をしのぐ、コロボックルスタイル。
驚かせてくれたのは、ジョギングをしている人。
ジャングルの横でジョギングですからね、ライオンに追われてるのかと思いましたよ。

 

検問の記録「ナイジェリア編」
たった25kmなのに、6検問。

1 挨拶のみ
2 赤帽子。挨拶のみ
3 イミグレ。記録のみ
4 白人をリスペクトする黒人警察官
5 手を振るのみ
6 イミグレ。パスポートを見るだけ

 

検問の記録「カメルーン編」

1 カスタム カルネチェック
2 ポリス パスポートと車について記帳
3 ポリス パスポートと車について記帳 右ハンドルが違反だと騒がれ、説得
4 何もなし
5 カスタム カルネチェック
6 パスポートチェック
7 赤帽子のジェンダルメリー 若い警察官が右ハンドルが違反だと騒いだけれど、上司が諌める
8 道順を教えてもらう
9 ポリス 荷物チェック コインを進呈
10 道順を教えてもらう
11 道順を教えてもらう
12 荷物チェック
13 赤帽子のジェンダルメリー パスポートチェック
14 挨拶のみ
15 荷物チェック
16 パスポートチェック
17 インスタントラーメンを2個進呈
18 挨拶のみ

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ バナナ(200NGN/円)
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 外食:宿の食堂:オクロスープとチキンアンドチップス、ビールとコーラ

国、地域別 アフリカ カメルーン クンバ

トラックバック用URL

お便り

  • こんにちは(*^▽^*)
    私は7月にヤウンデ~ドゥアラ~クリビ~バタの予定です!!
    現在地はドゥアラですよね??
    よければ安宿情報お願いしますm(__)m
    どこかで会えたらイイなぁ~
    カメルーンはゆっくりしますか??

  • ちぃさん、こんにちは。
    カメルーンだけ旅行ですか?
    それとも南アフリカあたりから上がってくるの?
    安宿情報なんですが、ドゥアラで船を探しているので、港に近くに泊まっていて、ぜんぜん安くないのです。むしろ高い。役立たずです、ごめんなさい。
    船次第では、カメルーンも長くなるかもしれないです。
    会えたらいいですね。

宿のオヤジ(Top写真)がボクらの軽自動車をいたく気に入ってくれまして、ぜひ売ってくれと三顧の礼です。
友達を呼んで、自慢してます。
売ってあげたいけどね、オヤジさん、もしボクがこの車を外国で売ると、日本の警察に関税法違反で捕まってしまうから売れないのですと、適当な言い訳したら信じてもらえず。
成就する気のない商談は、意味もなく複雑になってしまいました。
軽自動車を日本から輸入して大儲けしたいお気持ちはよくわかりますが、とりあえず本業のホテル経営に専念してください。
昨日、冷蔵庫の中で何かが腐ってて、むちゃくちゃ臭かったですから。

 

本日の検問は、10回。
うち、カツアゲ系は3回。

1回目 お洒落な帽子のジュンダルメリー。挨拶だけ
2回目 行き先だけ
3回目 女性担当官に灰皿をプレゼント
4回目 世間話
5回目 お洒落な帽子のジュンダルメリー。右ハンドルは違反だと騒いで、プレゼントをせがむ輩。香水やみかんは拒否。飲み物が欲しいそうです。
6回目 挨拶だけ
7回目 警察官にみかんを一個プレゼント
8回目 警察官が、右ハンドルは違反だと騒ぐ。面倒な奴らじゃ
9回目 カルネを見ただけ
10回目 警察官が、右ハンドルは違反だと騒ぐ。タバコをせがまれる

 

船会社のAGORAは見つけられず。
偶然見つけたCMA CGMへ。

 

チェックインした部屋は、トイレの水が流れず。
チェンジをお願いします。
2時間経ったら隣の部屋が空くとのことなので、どうやら愛し合っているようです。
いま、まさに。
やだな、そんなテンポラリーな愛の巣へ移るの。

クローゼットの多い部屋だなと思っていたら、

 

右側はトイレ。忍者屋敷かいな。

 

 

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:宿の食堂(2,400CFA/454円)
  • 昼→ 食べない
  • 夜→ 外食:宿の食堂

国、地域別 アフリカ カメルーン ドウアラ

トラックバック用URL