油断するとすぐ奢ってくれるから、注意一秒腹一杯です。
エルズルム→ヴァン/トルコ160623

  • PARK OTEL(朝食付き118→100リラ/3,491円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

トルコは偉いです。
交差点で道を譲ってくれます。
始め、この車はなんで停まっているのだろうと、意味がわかりませんでした。
しかも、渋滞してもクラクションを鳴らしません。
じっと汗をかいて待っています。
制限速度を守る車さえいます。
ホント、トルコ、オトナ。

 

サハリンからこっち、ロシア語だの中央アジアだのイランだのコーカサス地方だの、いろんな言葉に揉まれてきましたが、トルコに来て初めて「譲る」「待つ」という動詞に巡り会いました。
道路標識のレゾンデートルを知りました。
みな守る故にルールあり、です。

 

44P_8127

ヴァン湖へ向かいます。ショートカットして、田舎道。ヴァンの主要観光品は、左右の目の色が違う、ヴァンキャットです。

 

44P_8144

木陰で涼む娘さんとおばさん。ムスリムの娘さんって、身持ちが固いんですかね。そういう目で見ると、隙がなくて攻めにくいです。おばさんですら、落とせそうにありません。

 

44P_8147

どうにもこうにも暇そうな青年たち。何かと禁止事項の多いイスラム教のまっただ中、どのように青春を謳歌しているのでしょう。

 

44P_8152

ボクらを見るために、ただそれだけのために、わさわさ集まって来た村のおじさんたち。仕事しなさいよ。

 

44P_8132

なんか、道、間違っちゃったかなあ。。。そんな心もとなさが、旅の塩味です。

 

ヴァンの名物、ヴァンキャット。
左右の目の色が違うねこです。
輸出が禁止されていて、専用の建物に厳重に隔離されてました。

44P_8206

お母さんが、異人さんとつき合ってたとかじゃないです。

 

今晩泊まるヴァンの街は、トルコにおいてどんな立ち位置かは知りませんが、新宿アルタの前かと思うくらい賑やかです。
庶民の銀座って感じ。
あっちこっちから、チャイ飲んでけーっと、お声がかかります。
ときどきチーノと噂されているので、中国人のイメージを損ねることのないよう、全力で素敵な笑顔をふりまきます。
晩ご飯のラマダン定食は食べきれないほど豪勢でしたが、たったの15リラ(523円)。
もしかして誰かがご馳走してくれたのかもしれません。
思えばチャイ代も払ってないし。
トルコ人って、油断するとすぐ奢ってくれるから、注意一秒腹一杯です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン
  • 昼→ 外食:お菓子とチャイ(4リラ/139円)
  • 夜→ 外食:ケバブ(15リラ/523円)

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 トルコ ヴァン

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン