先月、ジョージアのデスロードを攻めました。
っていうか、知らずに走ってしまいました。
テラビから、オマロ→秘境ダルトロへ向かう山間の獣道です。

The death road of Georgia

地図の122番あたり。クリックするとオリジナルマップが開きます。

 

相棒は、軽自動車のMAZDA「スクラム」。
通称「ChinGo!」
デスロードには、削りたての切先鋭い岩がゴロゴロ転がり、頭蓋骨ほどの岩が腹をこすり、油断するとすぐにパンクします。
雪解け水が道路を横切り、ぬたぬたの泥がずるずる滑り、一台しか走れない狭い道。
崖の際は、頼りないなで肩。
ひっくり返りそうな強引な上り下りに、ヘアピンカーブ。
軽自動車って、こういうところを走るためのモノじゃないんだなと、心から実感しました。
設計思想から遠ざかってます。

 

いくつもの横たわる川を乗り越え、想定外に飛び跳ねる「ChinGo!」。
時速5kmが精一杯。
歩いたほうがどんなに楽か、この車を捨てられたらどんなに清々するか、できるものならば、今朝起きたところまで「COMMAND + Z」したいです。

 

 

結局、ルビコン川を越せず。
撤退。

 

日記はこのあたり→

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

国、地域別 コーカサス ジョージア/グルジア

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン