琴線がささくれます。
Sareyn→タブリーズ/イラン160219

  • HOTEL RAMSAR(500,000リアル)
  • 本日の走行距離 217(合計23,769)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi
44P_5191

筋交いのおかげで、施工のいい加減さが目立ちます。煉瓦ブロックは、どう積んでも構造に影響がないのかね。

 

44P_5193

朝、木々に霜。

 

44P_5211

トゲのように鋭い。

 

44P_5199

こんだけ霜だらけなのに、雪はありません。

 

44P_5202

花開いた霜。

 

44P_5205

寒々しい霜の世界。

 

44P_5214

やまだくーん、眉毛に座布団一枚。

 

44P_5215

写真を撮ってくれとせがむシェフ。手にしているのは、牛肉のケバブです。ぜんぜんクセがないので好みの味。

 

44P_5217

駐車中の「ChinGo!」のまわりをうろついていたおばさん。珍しいものを見るとじっとしてられないみたい。

 

タブリーズの町を歩くと、いつものようにあちらこちらから声がかかります。
「チャンチュンチョン」
これは中国語を真似た、中国人向けの言葉です。
決して馬鹿にしているわけじゃありませんが、三回くらい連続で言われると、琴線がささくれ立ちます。
日本人だと名乗ると、十中八九「Japan is Great!」と褒めてくれます。
TOYOTAやHONDAのお陰です。

 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:パン、トマトの卵焼き
  • 昼→ 外食:眉毛繋がりの食堂
  • 夜→ 外食:入口は小さいけれど店内は広いレストラン

国、地域別 中東 イラン タブリーズ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン