地図にはない鉄条網で囲まれた閉鎖都市。
クラスノヤルスク六泊目/ロシア151013

  • Hostel-chulan(個室一泊1,200ルーブル/2,351円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝の暗いうちから、仕事。
全室にオイルヒーティング形式の温水暖房があるので、暑すぎず寒すぎずほんわかと暖かいです。
ひとり一泊350ルーブル(700円。安いあるね!)のドミトリーから、個室へ引っ越し(1,200ルーブル/2,351円)。

クラスノヤルスク地方は日本の六倍の面積があります。
軍事工場の超重要拠点だったため、ソ連が崩壊するまで外国人は出禁でした。
無駄に広いだけあって「化学周期律表にある原子」はすべて揃います。
人口密度は1平方キロ当たり1人くらいです。
それなのに、朝晩の交通渋滞はご立派です。

西側諸国に隠していた、秘密都市がふたつあります。
地図にない街、鉄条網で囲まれた閉鎖都市、クラスノヤルスク26、そして45。
ウランとプルトニウムの工場があったのです。
今では、一切外国人が入ることのできなかったクラスノヤルスクに、猫カフェが進出しました。

夕方、散歩。

44P_2986

見た目は焼そば。味は謎。具は立派な肉。もう二度と買わない。

44P_2988

シンプルな古い十字架。

44P_2992

古い教会と少女。

44P_2996

ロシアでは非常に珍しい、手入れのいい木造建築物。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 昨夜の残りとバナナ。Yukoはパン、ミカン
  • 昼→ カップ麺の焼そば
  • 夜→ 自炊:白菜と豚肉の鍋。あきる野市のポン酢

ヨーロッパ 国、地域別 ロシア シベリア

トラックバック用URL

お便り

  • だんだんモスクワに近づきつつありますね!寒さも増していく事でしょう。お身体にはくれぐれもご自愛下さいね!5年前にモスクワ郊外に1週間、サンクトペテルブルクに4日間滞在した事をふと思い出していますが、気候的には5月だったので爽やかな印象でしたが、食事はなんとなく塩分過多、もしくはなんの味もない!の印象です。旅行者だったのでホテルやレストランでの食事ばかりでした!44さんyukoさんはたけるくんでの自炊が何よりと思います。時々差し入れ(鱒のような魚)は良いですね!これからも気をつけてお過ごし下さい!!!

  • モスクワまで3000キロ!
    YOKOさんは、ロシアも旅行しているんですね。
    確かにストロガノフ以外は、あんまり味ないですよね。
    ときどき塩辛いし。

    モスクワには寄らないで、明々後日くらいにカザフスタンへ入ります。
    もう雪は避けられないようなので、昨日スノータイヤを買いました。
    イランまで行けば、暖かいですかね?

    • モスクワ寄らずにカザフスタン入りは確かに良いかも〜。冬に向かって極寒地域は避けるべし!スノータイヤはこの時期必需品ですね。安全走行の為には予定外?の出費も仕方ないかもですね?イランとかに行けば確かに気温は上がるでしょうが、今はいろいろある地域なので気をつけて下さい!ただ世界どこにいても何が起こるか?!今を大切に楽しむ事が何よりかな、、、の〜んびり「Chin-go」でお二人で行って下さい!「旅 沈々」のupを楽しみにしています。

  • モスクワは、帰国時に寄る作戦です。
    夏を狙っています。
    始めからスノータイヤが妥当だったかもしれないんですがね、道産子なもので、ついつい冬を甘く見てて。。。
    やっぱ、ロシアだから冬になるんですね。
    雪、強烈です。

お便りを投函。ポトン