若いと言われて喜ぶほど、年寄りになりました。
Shchuchinsk→アスタナ/カザフスタン151026

  • Hostel Nochleg(個室一泊7,500テンゲを7,000テンゲにまけてもらいました/3,031円)
  • 本日の走行距離 252(13,569合計)キロ
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝、車の室温1度。

首都アスタナまで240km、高速道路(250テンゲ/108円)です。
制限時速は120kmですが、申し訳ありません、そんなに速く走れません。
80kmで勘弁してください。

 

高速道路の出口の支払いは、機械です。領収書に車のナンバーが印刷されていました。すごい科学力じゃないですか。もしかして普通ですかね?

高速道路の出口は、自動支払機。人がいないのに、領収書に車のナンバーが印刷されています。すごい科学力っ!

 

途中、小さなカフェで休憩。
働いていたのは、薬師丸ひろ子に似た娘さん。
カザフスタン語を教えてもらいました。
・サラマツスズバ(こんにちは)
・ラッハミェッテ(ありがとう)

 

アスタナ市に入った途端、警察官の尋問。
「インシュランスを出しなさい」
持っていません。
他の警察官を集め、協議し、無罪放免。
保険は義務なのか任意なのか、よくわかりません。
とりあえず罰金はなさそうです。

高速道路の先に、灰色に霞んだ摩天楼が浮かび上がりました。
黒川紀章氏の設計した首都アスタナです。
アスタナに入り、今日もまた、ひとつの看板も下げていない団地内のホステル探し。
非常に苦労します。
ま、苦労するのはYukoの役目で、ボクは車で一休み。

44P_3148

宿の猫。なんとなく変わった顔です。近寄って来るくせに、かまうと唸る。わがままな奴。

 

夜の街を散歩。
辻辻に警察官が立ち、たぶん安全です。

44P_3156

街の中心にそびえる、金の玉をうやうやしく祀っている塔「バイテレク」。カザフスタンのパワースポットです。明日、探検します。

 

宿の女の子が、50歳には見えないわー、お若いわねーと感心してくれました。
若いと言われて喜ぶほど、年寄りになりました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:パン
  • 昼→ 自炊:パン、ゆで卵
  • 夜→ 外食:バーガーキング(950テンゲ/411円)。Yukoはチキン(450テンゲ/194円)

未分類 国、地域別 中央アジア カザフスタン

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン