町外れの看板のない怪しいホテル。
タルダンの近く→チタ/ロシア22泊目150908

  • コンフォートホテル(1,500ルーブル/2,648円)
  • 本日の走行距離 557(5,720)キロ
  • Internet@ ・ポケットWi-FiSIMカード/50GB(30日間/1,550ルーブル/2,838円)が切れた ・スマホ用SIMカード/5GB(600ルーブル/1.098円)

朝起きたら、まず、頭を、掻く。
痒くて、た、ま、ら、ん。
今日、シャワーを浴びないと絶対に死ぬ。

44P_1860

7時前、出発。今日はなんとしてもチタの街に入り、ホテル泊。シャワーを浴びて、頭をゴシゴシ洗いたい。

 

44P_1911

一晩中走り続ければ、タクラマカン砂漠に着くんじゃないかといった風景。タクラマカン砂漠なんて行ったことないけどね。

 

44P_1909

ボクらの車「MAZDA スクラム」の異母兄弟、「SUZUKI エブリ」に抜かされました。運転手は東洋人顔でしたが、ロシアナンバー。プ、プ、プと警笛ならして、ご挨拶。

 

44P_1901

牛がいるわけでもないし、なんのための土地なんだろ。用途のはっきりしない土地が、気になってしかたがないです。使い道があって初めて、物が存在するのですよね。これを資本主義と言いますか?

 

44P_1895

北風が寒いので、昼名は車の中。「タケルくん」のご飯は、美味しいです。おかずは美味しくない牛肉の缶詰。ご飯ですよ。

 

44P_1891

麦を運んでいたトラックの運転手。

 

44P_1890

トラックの助手、その1。

 

44P_1889

眉毛が繋がった青年。相変わらずロシア人はナニを言っても何を言っているのかわかりませんが、また会おうと熱い握手をかわします。

 

44P_1884

ロシアは、いつの時代ね、って感じの木造家屋ばかりです。 経年変化で水平垂直がとれていません。崩壊寸前です。意外とこんなところに、世界最古の木造建築物があったりするんじゃないでしょうか、法隆寺殿?

 

44P_1877

このまま一晩中走り続ければ、シルクロードに着いちゃいそうな胸騒ぎ。

 

44P_1873

初めて牧場らしい牧場を発見し、なにやら嬉しいです。

 

44P_1872

小さな小さな名もなき駅。

 

44P_1868

某雑誌の編集長に捧げたい鉄道写真です。

 

チタの街でホテル探し。
一軒目のホテルは、話すら聞いてもらえず「ニエット(ない!)」一点張り。
部屋がないというより、外国人を相手にする気がないようです。
5㎞以上離れた二軒目は、満室。
さらに2㎞以上離れた三軒目は、高額。
8㎞離れた四軒目で、ようやくチェックイン。

パスポートチャックもなく、宿帳もない。 看板ひとつなく、高い塀に囲まれた隠れ家ホテル。 もぐりかもしれんです。

赤茶色い建物が、今晩のホテル。
町外れにあり、看板がひとつもなく、高い塀に囲まれて内部がどうなっているかさっぱりわかりません。
パスポートチェックも宿帳もないので、もぐりかもしれんですが、booking.comに載っています。

 

五日ぶりのシャワーで、全身が弛緩します。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ
  • 昼→ 「タケルくん」でご飯を炊いて、缶詰とご飯ですよ。
  • 夜→ カップ麺

未分類 ヨーロッパ 国、地域別 ロシア ザバイカリエ地方

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン