洗面所で行水する人々。
ホルムスク→(深夜フェリー)/ロシア11泊目150828

  • フェリー泊(四人部屋をふたりで使用)
  • 本日の走行距離 4(2,146)キロ
  • Internet@ ポケットWi-Fi(24GB/1700ルーブル/3,211円)

夕方以降の出航なのに、朝八時にチケットオフィスへ来いとは、理不尽です。
それでも一分でもお待たせしてはいけないだろうと八時十分前に出向いたら、九時に出直して来いと言われました。
慮る日本人、すげないロシア人。

昨日お金を払ってチケットを購入したつもりでいましたが、どうやら昨日手渡された紙片は単なる領収書と予約証にすぎないらしく、A4サイズの書類に二十箇所くらいサインを書かされました。
ボクの名前は普通の日本人より画数が多いので、腱鞘炎になります。
たかだか国内線のフェリーに乗るだけだというのに、どうしてこんなにたくさんサインをしなければならないのか、レーニンかスターリンかプーチンかピロシキにお尋ねしたいものです。
窓口に並んだロシア人たちが、鼻にシワを寄せて苦笑いしています。

昨日予約証らしきものを貰い、ついさきほど死ぬほどサインしてチケットを手に入れたと思ったら、今度は隣のビルに連れ込まれ、パスポートを見せたのち、いくつか判子を頂戴しました。
フェリーに乗るだけだというのに、いつまで書類ごっこが続くのか、気が遠くなります。

で、次はオフィスの前で待っていろと言われて延々と待たされるわけです。
呼び出されたのは、なんと七時間後。
さすが、ロシアです。
16時過ぎに乗船し、出航したのは更に二時間後の18時半。
噂では時速二十キロしか出ないという、ロートル老築船。
波すら立たない速度です。
到着は十七時間後。
280キロで17時間ということは、時速16キロじゃん。
カールルイスとか、時速36kmで走っているのに。

44P_1571

辻元清美のピースボートとどっちが古いんだってくらい、骨董品級です。

44P_1585

ホルムスクの町。 林蔵さん、間宮海峡は穏やかです。

44P_1575

個室。二段ベッドふたつに、ボクらだけ。お世辞にも綺麗とは言えないけれど、廊下のベンチより幸せです。

44P_1577

洗面台がありました。これはありがたい。共同トイレの洗面所では、朝鮮系のひとたちが、半裸で行水してますから。

44P_1579

食堂。珈琲と紅茶をお代わりして、閉店までくつろぐ。Yukoは指輪を編む。

44P_1581

晩飯。ソーセージは鶏肉です。美味しいとは言えないけれど、案外不味くもなかったです。

ロシア語が一切わからなくて、一抹の不安どころか、末代までの不安を抱えていたボクらに優しく声をかけてくれたのが、ハバロフスクの英語教師クリスティーナです。
旦那さんの名前は、アレクサンダー。
偉そうなお名前ですが、英語が話せないないからか、非常に寡黙な人でした。
彼らが言うには、船の出航が遅れたのは、15人の朝鮮系団体が集合時間に集まらなかったからだそうです。
そう言われて船内を見渡すと、異常にアジア系のお顔立ちが目立ちます。
痩せて浅黒い顔をし、地味色のジャンバーを着て、ズボンのポケットに手を突っ込み、目つきが悪く、ソファでトランプに興じています。
彼らの晩飯はカップ麺。

次にロシア人を観察すると、迷彩服とジャージがお好きです。
三本線、四本線、極太一本、斜め線と、お洒落ジャージのバリエーション。
上下色の違う迷彩服を着ている人も珍しくありません。
けっこう巨大な犬を客室に連れ込んでいる人もいます。
出港時にデッキに出て写真撮影する人がたくさんいましたが、ひとりもカメラを持っていませんでした。
全員スマホです。
そういえば、カフェを覗いてもパソコンを開いている人がいません。
なんかみんな地味、質素、清貧、肥満、巨乳。
ポケットWi-Fiは、海上でもけっこう電波を拾ってくれ、退屈しのぎにネットしてました。

クリスティーナの無邪気な質問。
「日本ってハワイを攻めたのに、どうして今はハワイにたくさん日本人がいるの?」
ハワイへ行ったことがないのでよく知りませんが、アメリカと一戦交えたことを知らない世代が、遊びに行っているのかもしれませんね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:クラッカーとジャム、ヨーグルトとジャム
  • 昼→ 自炊:「タケルくん」と魚の缶詰(オイルサーディンのようなもの)
  • 夜→ フェリーの食事

ハバロフスク地方

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン