箸が震えるほど美味い小籠包。
台北二泊目/台湾150702

今日は、台湾の電気供給量だかが記録を更新しました。
台湾が燃えた日。
汗をだらだら流しつつ、蒸発しそうな酷暑です。

朝一番、セブンイレブンにジュースを買いに散歩。
シェアハウスは五階なのにエレベーターがありません。
四階あたりから足がもつれています。
午後、炎天下のなかを十分歩いて、一番近いスーパーマーケット「Welcome」へ。
1,365台湾$(5,447円)の食料品等の買い出し。
名もなきローカル食堂の安い昼食。
途中の公園のベンチで一休みするほどの猛暑。

超有名な小籠包屋さん「名月湯包」で、カメラマンのMちゃんと待ち合わせしたところ、ボクらのスマホが日本時間だったため、一時間早く到着。
カフェのWi-Fiで、スマホで暇つぶし。
お陰様でスマホの充電が切れてしまい、帰路、エラい目に遭います。
Mちゃんから、プロだからこそ知っている極秘のシャッタースピードについて教えてもらいました。
このスピードは使えます。

台湾で二番目に有名な小籠包。

台湾で二番目に有名な小籠包。箸が震えるほど美味いです。

帰り道、スマホの充電が切れたので、虎の子のGoogleMapが使えなくなり、あえなく迷子になりました。
迷路のような住宅街。
英語の通じぬ近隣住民。
台北の藻屑になる寸前、奇跡の帰宅を遂げる。
よく帰れたものだ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 自炊:レーズンパンとバナナ
  • 昼→ 外食:スーパーマーケットの真向かいの食堂(140台湾$/558円)
  • 夜→ 外食:明月湯包

アジア 国、地域別 台湾 台北

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン