野宿する逞しさが、我が家に欲しい。
カトマンズ三泊目/ネパール1401218

  • Norling Guest House(個室一泊1,700ルピー/2,041円)
  • Internet@ カフェのWi-FiかiPad

宿と同じ並びの和食レストラン「ロータス」の昼定食はイマイチだったけれど、朝定食は安いと知りました。
明日、試してみよう。
とろろが楽しみです。

トレッキングで汚れまくったTシャツ類を宿のランドリーサービスに出した。
履き慣れたタイツを脱ぐと、ガードルを穿かないで外出するような心もとなさ、ですかね。
素足にズボンは、なにやら恥ずかしいっす。
まるまる二年穿いたズボンが、崩壊し始めました。
もう繕っても無駄です。

宿の入口で歩けミストのOG君と偶然出会い、彼の行き着けのカフェで仕事というかお喋り。
吉本隆明と親鸞の関係とか、中国製は決定的に“信頼”が欠けているとか、そういう話題です。
彼は来年一月、ドイツからスペインまで巡礼をするので、レンタル・ロバを薦めたら、かなり乗り気です。
レンタル・ロバは1500ユーロくらいしますが、返却日に制限はありません。
ただロバが一日に25キロくらいしか歩かないのが、運送を生業にしているくせに役立たずです。
OG君は、荷物は自分が持ってもかまわないと意気込んでました。
荷物を持たないロバの存在意義が問われます。
来年、日本で軽自動車のキャンピングカーをあつらえて、稚内からサハリン、シベリア鉄道を追い抜いてモスクワを目指し、ヨーロッパを突き抜けて、アフリカ突入を計画しています。
OG君が言うには、軽自動車はタイヤ口径の大きいスズキのジムニーがいいそうです。
そういう車のこと、全然知識がないのが我が家です。
誰か車に詳しい人、助けて欲しい。

夜は、宿の並びの中華レストランで小さな宴会。
ペンキを塗ったタイヤに座布団を並べた小粋なソファに座っていたら、一張羅のズボンがペンキだらけになりました。
責任とってくれと中国人に訴えたところで、どうにかなるわけがあるまい、ですよね。
中国人相手に口論で勝てるわけがないので、泣き寝入りします。
その代わり尖閣諸島は、沈んでも絶対にあげません。
チャコちゃんが、古本屋で井上靖の『蒼き狼』を買っていた。
渋過ぎる選書です。
それにしても昔の文庫本は、字が小さ過ぎます。

歩けミストのOG君の偉業ですが、国道一号線、国道二号線と歩き、八号線が途中までです。
十号線まで視野に入っているそうで、ほとんど野宿です。
海外では、メキシコからカナダまで。
野宿する逞しさが、我が家に欲しいものです。

来年の一月二月は、ヨーロッパの誰かの別荘で留守番っていうのを狙っています。
犬とか猫とかウサギの世話、芝刈りとかしなくちゃなりませんが、宿泊代は無料です。
どこかに籠って、ボクらの仕事に集中したいのです。

超急ぎの仕事があって、トレッキング日記をまとめられない。
忘れてしまいそうです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の一階のカフェ
  • 昼→ 外食:近所の和食屋「ロータス」微妙な味
  • 夜→ 外食:宿の並びの中華レストラン。ちゃこちゃん、OG君、累君とイタリアンのAKIRA君。一人610ルピー(721円)

アジア カトマンズ ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン