深夜のYukoの悲鳴ほど、身体に悪いものはない。
→コルドバ/アルゼンチン1401112

  • Turning Point(個室一泊280ペソ/3,771円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝の六時半、コルドバのバスターミナル着。
バス泊というものは、爆睡しても、寝不足感満載の疲れ果てた目覚めです。
まだ宿が開いていないので、ターミナルのベンチで暇つぶし。
野良犬がうろうろするターミナル構内。
暇だ。

ブエノスアイレス行きの列車を申込みに駅に行ったけれど、曜日を間違えていてチケットを買えず。
アルゼンチン列車旅と洒落込みたかったのに、失敗した。
電気街を見つけて、電池屋で小さな電池を購入。
電池専門店なるものがあるんですね、ちょっと感動した。

仕事。

ここは、パーティ宿でした。
午前零時を過ぎてもパティオで若者が飲みまくって、メチャクチャウルサイ。
酔っぱらいの咆哮が轟くなか、ようやくうとうととしたところ、突然Yukoの悲鳴。
三センチオーバーの立派なゴキブリが、Yukoの首の下を歩いていました。
拙者の手だと思って、しばらく身を委ねてたそうです。
ベッドを歩くゴキブリはキモいけれど、Yukoの悲鳴は心臓に悪い。
一時間後、また悲鳴。
Yukoの足元を散歩するゴキブリ。
ゴキブリは明るいと出て来ないという話を思い出して、照明を付けて寝ました。
三匹目のゴキブリは、騒ぐことなく静かに処理したそうです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 外食:カフェでパンとカフェ・コン・レチェ(46ペソ/623円)
  • 昼→ 外食:ポルキロ(量り売り総菜屋レストラン)(146ペソ/1,978円)
  • 夜→ 自炊:カップ麺。Yukoはリンゴとヨーグルト

アルゼンチン 国、地域別 南米 コルドバ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン