ウッドデッキの南側に露天風呂。
カストロ→クカオ/チリ1401028

  • Hostal Cucao (ドミトリーひとり一泊15,000ペソ/2,810円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi
【今日の移動ルート】12:30 カストロ→バス(1,800ペソ/336円)→14:00 クカオ

バスの待ち時間に、ターミナルでコーヒーブレイク。
1,800ペソ(336円)のバスを待ちながら、1,200ペソ(224円)のミルクコーヒーを飲めるぐらいの大人になりました。
サスペンションの効かないローカルバスが未舗装道路をちんたら走り、ど田舎のクカオに着いたころ、雨は激しく横殴ってました。
運転席横のドアを開けて、さぁ着いたぞ降りたまえと促されましたが、勘弁してください。
こんな嵐に放置されたら、身体はともかく心が死にます。
我がまま言って申し訳ありませんが、終点まで乗り続け、そのまま折り返す。
距離によってバス料金が違うのですが、そこは袖すり合うも多生の情けって奴でまけてもらう。

雨のなか、大きな荷物を抱えて安宿を探す気力がありません。
チロエ国立公園から一番近い、ボクらの通常予算より二倍も値が張るHostalに部屋を取りました。
しかしこの宿が、最高にいいのです。
微妙に手作り感がある佇まいに、ガラス張りの入口。
湖に面した、柵のないウッドデッキが左右に広く、南側の露天風呂に風情あり。

PA287031

ウッドデッキから生えた雑草は、パンツからはみ出た陰毛のごとく。

ウッドデッキから、リビングを望む。右側の黒いのが、薪ストーブ。

ウッドデッキから、リビングを望む。右側の黒いのが、薪ストーブ。

魅惑の露天風呂。

魅惑の露天風呂。

左手前は、湯船。湖の水を使ってます。

左手前は、湯船。湖の水を使ってます。

広いウッディ調のリビングに暖炉。
藤製の籠に積まれた薪。
ウッドデッキに面した大きな窓から対岸の森を望み、大型ソファがふたつ。
階段幅が広いっていうのは、最高の贅沢ですね。
大人しい黒い犬と、落ち着きないベージュの犬。
たまにはね、こういう宿に泊まらなきゃね、って感じの大人の宿です。
ドミトリーで、ひとり一泊15,000ペソ(2,810円)。
六人ドミトリーに、トイレシャワーがふたつもあります。
個室だと50,000ペソ(9,400円)。
懐の深いソファを陣取って、暖かい紅茶。
テレビがないのが、いいのだ。
贅沢な午後。

ミニ・マーケットまで散歩。
一本道を迷ってしまうボクらの不甲斐なさは、旅を深めてくれます。
地元の少女に道を尋ねて触れあう国際交流。
吠え立てる犬。

昼飯に緊急用のインスタントラーメンを食べ、嵐にさざめく湖面を眺めて過ごす。
湖面を走る霊気のような風。
北側の窓に打ち付ける雨。
東側の窓は少しも濡れず。
対岸が柔らかく消えてゆく。
露天風呂に入る娘さんたちを素早く一瞥。
暗くてよくわからんかった。

もう五十歳なんだから、たまにはこういう宿で鋭気を養わないと禿げちゃうね。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 菓子パン
  • 昼→ 自炊:インスタントラーメン、ソーセージ、ワカメ、ゆで卵
  • 夜→ 自炊:りんごとポテトチップス。ワインの小ボトル

未分類 チリ 国、地域別 南米 チロエ島 クカオ

トラックバック用URL

お便り

  • 40を前にしてもはや禿げてますが、この宿はいいですね〜スバラシイ。しかもインスタントラーメンというのがまたいいですね。僕らもこの週末に気持ちのいい宿に泊まってきましたが、炒飯喰ってました。もちろん醤油持参で。おしゃれには生きれませぬ。

  • おっとぉ、旦那は剃ってるからわからんがな。
    長髪にして、写真を送ってください。
    判定いたします。

お便りを投函。ポトン