-September 2014-

リオ・ガジェゴス空港の、爽やかではない目覚め。
タクシーでバスターミナルへ。
タクシーのメーターの数字が、金額にしては一桁多くて、ぼったくられるのではないかと手に汗をかく。
長距離バスに揺られて、七年ぶりの町エル・カラファテ着。
懐かしの「Fuji旅館」。

右手側にある入口が、ガレージになった。

右手側にある入口が、ガレージになった。

隣の肉屋が、パン屋になっていて、そんだけのことに驚く。
道路が舗装されていて、そんだけのことに驚く。
ボクらの観光は、名所旧跡より、時の流れが楽しみなのです。
坂を上ったスーパーマーケット、馴染みの「ラ・アノニマ(La Anonima)」で、食料品の買い出し。
ガスストーブの暖かい部屋で、まどろんで昼寝。

カリフォルニアに住むカメラマンのサンウーさん、宿のオーナー夫妻と、エル・カラファテで最高のレストラン「La Tablita」へ。
生きながらにしてビーフジャーキーになったかと思われる羊のアサード(焼き肉)コルデロパタゴニコ。
そうとうじっくりと焼かれた羊は、カリッカリながらもジューシーなんですえ。
パタゴニアの名物料理です。
牛と羊のタンを食べ比べた。
牛に軍配。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べない
  • 昼→ 自炊:インスタント・ラーメン
  • 夜→ 外食:カラファテで一番人気のレストラン(500ペソ/6,241円)

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

馬で荒野を目指す。
エル・カラファテ二泊目/アルゼンチン1400902

  • Fuji旅館個室朝食付き
  • Internet@ 宿の無料WI-Fi

Fuji旅館」のオーナー夫妻、エベレストを征した元登山家のサンウーさんとドライブ。
アルゼンチン湖(Lago Argentinna)の南側の11号線を西へ。
悪路に車が揺られ、羊の群れをかきわけて、パタゴニアの秘境「Rio Mitre」。

乗馬ができるカフェ。電気は発電機。Wi-Fiなし。陸の孤島。オーナーの奥さんは、エル・カラファテで、一番老舗のチョコレート屋さんを経営。

乗馬ができるカフェ。電気は発電機。Wi-Fiなしの陸の孤島。オーナーの奥さんは、エル・カラファテで一番老舗のチョコレート屋さんを経営。

ガラス張りのカフェから。

ガラス張りのカフェから。

カフェのテラスから望む。見渡す限りオーナーの土地。この先の湖でキャンプ可。Wi-Fiがあれば明日にでもテント生活したいところです。アンデス山脈が近い。

カフェのテラスから望む。見渡す限りオーナーの土地。この先の湖でキャンプ可。Wi-Fiがあれば明日にでもテント生活したいところです。アンデス山脈が近い。

人懐っこいヤギ。

人懐っこいヤギ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤギの頭蓋骨が、アンデス山脈にあう。

ちょっくら馬でも乗ろうかという話になりまして…

ちょっくら馬でも乗ろうかという話になりまして…

よっこらしょっと、

よっこらしょっと、

Yukoはママさんバレリーナなので、姿勢はいいんです、乗れない馬に乗っているにしては。

Yukoはママさんバレリーナなので、姿勢はいいんです、乗れない馬に乗っているにしては。

荒野を目指すわけです、我々。

荒野を目指すわけです、我々。

我々の行く手を阻むアンデス山脈。

我々の行く手を阻むアンデス山脈。

アメリカの西部開拓って、こんな感じですかね。

アメリカの西部開拓って、こんな感じですかね。

牛のタタキ。ネギ醤油でいただく。

牛のタタキ。ネギ醤油でいただく。

晩飯は、Fuji旅館のグループ企業「寿司Fuji」でサーモンと牛のタタキ。
烏賊の塩辛なんて、最高の珍味も頂きました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 抜き
  • 夜→ シェア飯:島藤さんのお寿司屋さんでサーモンと牛のタタキ。豪華なり!

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

アルゼンチン人のスペイン語は、「シャーシャー」してて田舎臭いなんてロクに喋れもしないのに馬鹿にしたものですが、イタリア系移民が多いから訛っているのかもしれないです、とイタリア語も話せないのに語ってます。
知りもしないことを語らぬようになると、貝になりもす。

仕事は、ウルグアイについてのレポート。
その昔パンパに放牧した牛や馬が爆発的に増え、それを狙ったポルトガルとスペインに蹂躙された土地がウルグアイです。
南米ではスリナムに次に国土が狭いながらも、チリに次いで二番目に経済が安定し、物価は南米一高く、売り上げ的には熊本県レベル。
戦後、重工業化に失敗し、南米のリビエラと呼ばれるリゾート地「プンタ・デル・エステ」をかかえ、大西洋側はブラジルまで続くビーチ。
大統領は元左翼ゲリアで投獄歴十四年の猛者で、サンダル履きで公務に励む庶民派です。
ウルグアイに家を買おうかと思ったけれど、とてもとてもとても。

Yukoは管理人のK君から、仕事の引き継ぎを受ける。
今の宿泊者は全員アンニョンハセオ。
チーム・コンニチハは、ゼロ。

管理人の旦那としてガス台を磨いていたら、宿泊者にお礼を言われました。
なかなか礼儀正しいアンニョンハセオです。

パタゴニアは日本の2.5倍の広さで人口はたったの50万人。
日露戦争で活躍した巡洋艦「日進」「春日」は、アルゼンチンから購入したものです。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 自炊:スパゲティ・ボロネーゼ
  • 夜→ 自炊:カレーライス

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

お便り

  • ご無沙汰です。夏の旅行ではスイスでの宿の高さに驚きましたが、情報をいただいてたいへん助かりました。ありがとうございました。スイスで山歩き、東欧の陸路の旅、エーゲ海の島を巡り8月上旬に帰国しました。お書きになられた「日進」「春日」の件は、最近読んだ小説の中に出てきて初めて知りました。日本に招聘されたアルゼンチン海軍の将軍の妾になった日本女性の一代記で、大きな歴史の渦に巻き込まれた壮大な物語でした。感動的でもありました。西木正明氏の『水色の娼婦』(文藝春秋)です。
    南米には来年の早い時期に行きたいと思っています。どこかで邂逅できれば嬉しいです。9月13日から50日位、今年もネパールに行きます。石川のオジサンの所に居候です。
    お元気で楽しんで下さい。奥様にどうぞよろしく!

  • 山田さん、スイスの山歩き羨ましいです。
    ボクらもスイスからイタリアに抜けるアルプスを歩きたいと計画してます。
    Yukoは、元気に掃除洗濯に励んでいます。
    ネパールですが、ボクらは12月1日くらいにカトマドゥ入りします。
    山田さん家にお邪魔したチャコちゃんも一緒です。
    ぜひそれまでお待ちくだされ。
    石川さんを囲んで、モモでも食べましょう!
    今年はゴーキョを狙ってます。
    ではでは、奥様によろしく!

漫画の読み過ぎ。
エル・カラファテ四泊目/アルゼンチン1400904

  • Fuji旅館個室朝食付き
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

漫画の読み過ぎ。
あいまあいまに仕事をこなす。

ビール屋が来なかった。
注文を忘れていたそうです。
そういえば、昨日は注文していたアサード(焼き肉)の台が届かなかった。

アルゼンチンに来て、尋常でなく太り始めました。
やっぱ肉のせいだろうか。

電気の請求書が来ないなぁとぼんやりしていたら、ある日突然に切られます。
そういう町です、エル・カラファテ。
お寿司屋さんに行ったら、電気を切られてましたから。
ガスの請求書が来ないなぁとぼんやりしてても、ガスは切られない。
一応雪が降るしね、死なない程度に気を使ってくれています。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食
  • 昼→ 自炊:インスタントラーメン
  • 夜→ 自炊:カレーライス

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL

身悶えするYukoです。
エル・カラファテ五泊目/アルゼンチン1400905

  • Fuji旅館個室朝食付き
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

なんにしろ、基本を徹底的に教え込むと逆切れされるものです。
弟子のモチベーションを下げぬよう、先達者は気を配らねばなりますまい。
フィリピンの英語学校で、徹底的に発音を練習させられたら、泣き出した生徒がいた。
わだし、こんなことさせられに来たんじゃなか〜

待望のバーベキュー台が届いた。

右隅の黒い物体が、バーベキュー台。実に手作り感溢れる工作物。

右隅の黒い物体が、バーベキュー台。実に手作り感溢れる工作物。

漫画を読みつつ、昼寝にうつつをぬかす。
Yukoは、掃除洗濯。
今年ほど掃除をした一年はない、家もないのに…。
と呟いてました。
仰る通りでございます。
Yukoだけ、Fuji旅館の管理人を務めております。
ボクは、旅館の住み込み女中のヒモに出世しました。

Fuji旅館は、いっとき二十匹以上の猫を飼っていましたが、盛りがついた雌の雄叫びがウルサイし、ところかまわず子作りに励むのが景観上よろしくないので、餌の提供を止めました。
一宿一飯の恩義のない猫たちは挨拶もなく去ってしまったわけですが、三匹の兄弟だけが残りました。
いつかまた餌をもらえるのではないかと、過去の栄光にすがりつく彼らは、交替交替にキッチン横の窓に一日中張り付いています。
猫に餌をあげられないもどかしさに、身悶えするYukoです。

オーナーのパラグアイに住むアミーゴとその妹君が、訪問。
久しぶりに英語を喋り、気恥ずかしい。
ワインをご馳走になり、恐縮です。

ちなみにワインオープナーなしで、ワインのコルクを抜く方法はこちらです↓


旅人ならば、ぜひ覚えておきたい秘伝です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食:スープの多い肉じゃが
  • 昼→ 自炊:スパゲティ・ボロネーゼ
  • 夜→ 自炊:オーナーからもらった鮭を炒めました。朝食の肉じゃが。みそ汁

アルゼンチン エル・カラファテ 国、地域別 南米

トラックバック用URL