朝一、銀行を探し、カードで現金を下ろした。
10,000ペソ(24,000円)を下ろして、手数料120ペソ(289円)は、この国の物価を考えると、ちと高い。
いつエンジンが頓死してもおかしくない、瀕死の小型バス「グアグア」に乗って、La Cienaga町の目印Casa Bonitaへ。
ほとんど燃焼していない濃厚な排気ガスに、シナプスが破壊されて、こめかみが地味に痛い。

今日の遠出は、世界三大ヒーリング石のひとつ、「ラリマー」の買い付けです。
お目当てのお店を突撃訪問したら、今日は職人全員が出張のため、休業。
ツイテナイ。
このツキのなさは、なんなんですかね。

半裸と全裸の子どもたち。好奇心旺盛だけど、話しかけるとモジモジくん系。

半裸と全裸の子どもたち。好奇心旺盛だけど、話しかけるとモジモジくん系。

近所の11歳の女の子マデリンと、ビーチを散歩。

今日は、小学校が休みなの。でね、宿題が多いの。で、あのね、25セント欲しいの。しなを作って、おねだりされました。

今日は、小学校が休みなの。でね、宿題が多いの。で、あのね、25セント欲しいの。しなを作って、おねだりされました。

波打ち際に落ちているラリマー拾い。
「これ、きれいでしょ」って、マデリンが自慢するのは、角が丸まったガラスじゃん。
ビーチ横の炎天下、暇なラリマー売りとの値段交渉。
ちょっと小太りのダルビン君のあだ名は、ミヤギです。
彼も映画「空手キット」のオヤジに似ているのです。

商談風景。ムチャクチャ暑い。せっかくのラリマーを亀とかに彫ってて、価値なし。

商談風景。ムチャクチャ暑い。せっかくのラリマーを亀とかに彫ってて、価値なし。

夜、宿のBARでビールの小瓶を一杯。
町の公認ガイドのビリーと談笑。

ビリーは、この町生まれの70歳。子どもは三人。町はすっかり変わっちまったぁ、と呟いた。

ビリーは、この町生まれの70歳。子どもは三人。町はすっかり変わっちまったぁ、と呟いた。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 食べませんでした
  • 昼→ 外食:タコスのようなもの+コーラ(410ペソ/988円)
  • 夜→ 外食:チキンナゲットとチップス+葡萄ジュース(135ペソ/325円)

国、地域別 中米、カリブ海 ドミニカ共和国 バラオナ

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン