-October 2013-

肉そばが、進化してました。一瞬帰国。18泊目131031

  • 三畳間のシェアハウス(ひと月45,000円+保証金20,000円。ただしひと月で退出する場合、保証金は戻らない)
  • Internet@ シェアハウスの無料Wi-Fi

外苑の出版社CMPにて打ち合わせ。

夜は、Rさんと歌舞伎町で一献。
〆に富士そばの肉そば。
肉そばが、進化してました。

今日の出費は、 

ルノアール1,340円
昼食/鮨840円
飲み代/10,000円
富士そば/420円

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カップ麺/のり天入りたぬきそば大盛り
  • 昼→ 外食:寿司840円
  • 夜→ 歌舞伎町の小さな居酒屋

アジア 国、地域別 一時帰国/祐子はメキシコ

トラックバック用URL

本物のパストールを食った。メキシコシティ33泊目/メキシコ131001

  • ペンション・アミーゴ(初日はひとり90ペソ。以降80ペソ)/30日分一括払いで、さらに一割引
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

帰国したら、GPS内蔵のカメラを探したい。
できればWi-Fi搭載機。

クンビアのMちゃんと一緒に、自動車部品関連会社にお勤めのI君とObrera駅で待ち合わせ。
彼が絶賛する超絶美味いタコスの夕べ。
このお店のお兄さん(下の写真の左の男性)は、刃渡り三十センチを超える包丁を巧みに使いこなし、パストール(写真の肉のかたまり)を削って直接トルティーヤへ盛ります。
その辺のお店のように、再び鉄板で焼いたりしません。
削られた肉片が、どのお店よりも大きい。
つぶらな瞳で切断面を科学的に分析するに、パストールに巻かれている肉そのものが厚いのだと思われます。
店主が長い修行の末に行き着いた、こだわりの肉かもしれません。
人通りの少ない路面だというのに、お客さんが途切れない超人気店。
一個9ペソ(65円)の価値あり。

一番上の黄色いのは、パイナップル。これがタコスにあうのです。

一番上の黄色いのは、パイナップル。これがタコスにあうのです。

忘れないうちに道順をメモしておきます。
メトロをBellas Artesで乗り換えて、四つ目のObrera駅で下車。
反対車線の出口から地上に出て、OXXOの交差点を右へ。
次のOXXOの交差点を左へ。
右手に見えるタコス屋さんです。

寝る前、ハゲの後ろ頭にバーコードがある映画を観た。
日本語字幕も吹き替えもないので、詳細は一切不明。
ただひたすら、ハゲが闘ってた。
誰と闘っているのか、どうして闘っているのか、さっぱりわからん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+アボカド+葡萄
  • 昼→ 自炊:二日前の豚汁。Yukoは餅
  • 夜→ 外食:タコス(一個9ペソ/66円)を四個。Yukoは三個。ほかトルタス四分の一

メキシコ メキシコシティ 国、地域別 中米、カリブ海

トラックバック用URL

前衛的な胸と尻.メキシコシティ35泊目/メキシコ131003

  • ペンション・アミーゴ(初日はひとり90ペソ。以降80ペソ)/30日分一括払いで、さらに一割引
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

Yukoが、せっせと指輪を編んでます。

午後、世界最大のスーパーマーケットWalmartへ単身潜入。
一個13ペソの焼そばを六個ゲット。
ジャガイモ、タマネギ、マッシュルーム、赤ワイン、チョコレート、人参なんかを買ってたら、370ペソ(2,712円)も使ってしまった。
外には、いつもの爆裂乳の多珍簿。
尻の出っ張りが、半端やない。
あの前衛的な胸と尻を撮影したい。
日本へのいいお土産になりそうです。

Yukoは、ネットで落語か徹子の部屋かなんかを聴きながら、せっせと指輪を編んでます。
拙者は、仕事少々、ギターと昼寝。

晩飯は肉じゃが↓

↑イメージ写真。 二、三日前にI君に振る舞った肉じゃが。彼のFacebookから引用。

↑イメージ写真。
二、三日前にI君に振る舞った肉じゃが。彼のFacebookから引用。

他人を変えようとするから疲れる。 他人は変わらない。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+アボカド+葡萄
  • 昼→ 自炊:昨夜の残りの牛丼を煮詰めた
  • 夜→ 自炊:肉じゃが

メキシコ メキシコシティ 国、地域別 中米、カリブ海

トラックバック用URL

ボク的視線では変態です。メキシコシティ36泊目/メキシコ131004

  • ペンション・アミーゴ(初日はひとり90ペソ。以降80ペソ)/30日分一括払いで、さらに一割引
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

朝食後、モンゴル人の旅人フォレストさんとお喋り。
モンゴル語には馬の毛の色を表す言葉が何十種類もあるとか、静かな歌を歌うとラクダが暴れないとか、モンゴル人は他国を征服したら、家族を人質にして男を他の戦場へかり出すとか、歌舞伎町のお店の家賃が想像以上に安いとか、モンゴル人は牛、馬、羊、ラクダの乳を飲むとか、ラクダの乳は濃くて栄養価が高いとか、実家はゴビ砂漠の近くだとか、昔白鳳を投げたことがあるとか、歌舞伎町のお店はヤクザからみかじめ料を徴収されなかったとか、そういう話です。
フォレストさんは、ロシア語、中国語、日本語と話せるクセに、何が不満なのかメキシコでスペイン語にハマってしまい、世界一周するつもりだったけど、中南米だけでいいやってポジティブに投げやりでした。
旅より勉強が好きだという、ボク的視線では充分に変態です。

フォレストさん、モンゴルには蚊がいないんだってね?
「そんなことないよ、ムチャクチャいるよ」
マジ(↑語尾上がる)? だって元寇に来たモンゴル人は、九州に上陸して生まれて初めて蚊に襲われて、蚊に我慢できなくて船の上で寝たもんだから嵐で沈んだって本にあったし、「蒙古は乾燥地帯で蚊が一匹もいません。真夏に真っ裸で寝ていても、蚊に刺される心配がないのです」ってネットにもあるんだけどね。
どういうことね?

Yukoは、スペイン語の勉強でサンファンの図書館へ。
一時間100ペソの個人授業。

Starbucksで、スペイン語の勉強。

深夜の二時過ぎまで、リビングでビール。
メキシコの現大統領エンリケ・ペーニャ・ニエトの教育改革法案は、形骸化している免許制度を立て直し、世襲や賄賂やなにやらで教師になったインチキ先生たちを篩(ふるい)にかける試験制度を導入するわけで、花丸級に素晴らしい政策だと門外漢ながら思うのです。
なんせメキシコ教育予算は、OECD(経済協力開発機構)内で世界一高額(支出における割合)なのに、文盲率が増えているという予算に反比例する悲しい現実なのです。
だけどメキシコ人の前で今の大統領をたてると、メキシコで教育を受けていないだろうと、なぜか攻撃されてしまったうちの社長。
すみまへん、ボクが中途半端なことを言ったもので、ご迷惑をお掛けします。
ま、なんにしろどんな政策を打ち立てようが、エンリケ・ペーニャ・ニエト大統領とともに、12年ぶりに与党に返り咲いた政党、制度的革命党(PRI)は、日本の自民党の如く愛されていないっちゅーことです。
何をしたって、与党が賄賂を集めだけだと思われているようで、限りなく透明にちかく信用ゼロ。
AmigoのAmigoのAmigoのPrima(従姉妹)が自宅前で誘拐される事件が発生したりして、現大統領になってから誘拐事件が五倍になったという噂もあるけれど、もちろん裏付け調査はしていません。
メキシコは、揺るぎなく揺れています。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+アボカド
  • 昼→ 自炊:昨夜の肉じゃが
  • 夜→ 自炊:野菜炒め+焼豚+インゲンとワカメのみそ汁

メキシコ メキシコシティ 国、地域別 中米、カリブ海

トラックバック用URL

信頼をおかずにご飯を食えない。メキシコシティ34泊目/メキシコ131002

  • ペンション・アミーゴ(初日はひとり90ペソ。以降80ペソ)/30日分一括払いで、さらに一割引
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

午前中、仕事。
近所のティアンギス(青空市場)で、買い物。
馴染みのお店でアボカドを購入。
旅先で目新しいものに出会うのも楽しいけれど、異国で顔馴染みができるのはもっと嬉しい。
ボクの旅は、風景を展望するより、風景になりたい。
タコス屋で、休憩。
注文したものと違うタコスが出て来たけれど、まぁ、良い。
どうせボクが間違っている。

メキシコの十月二日は、「トラテロルコの虐殺」と呼ばれています。
メキシコ人にとって、忘れられない忌まわしい日。
1968年、メキシコ政府が武力で学生デモを制圧し、一説には300人以上の犠牲者。
10日後、平和の祭典メキシコオリンピック開催。
この追悼デモと先月から続いている教職員デモと便乗アナーキストたちが合体して、とんでもないことになるかもしれないと噂された今日。
パトカーのサイレン。
頭上を舞うヘリコプター。
ソカロ近辺で通行規制が敷かれているのか、車が少ない。
警察が厳戒態勢を組むと、いつもより平和な空気。

「2ch旅行ログ」によると、メキシコ人は仕事面においての成長がない。仕事に対しての向上心、意欲というのものが存在せず、徹底的に見返りを求めて最後には必ずサボろうとする。
ここひと月、仕事のパートナーとしてメキシコ人に接してみると、向上心や意欲がないというよりも、信頼を得ようという気概が、全然感じられないのが痛い。
一緒に頑張って、商売を繁盛させようという未来展望がない。
あ、そうか、これが向上心や意欲がないってことか。
納期に間に合わないクセに納期優先で、品質は二の次。
思わず深いため息が漏れる、ムラだらけの完成度。
随所にぽかという名のチョンボ。
ポケットがなかったり、ベルトが逆だったり、底板がなかったり、フタが逆だったり。
彼らの打ち合わせ中の返事は悪くないけれど、メモを一切とらない前頭葉第一主義。
ボクらが描いた仕様書を見ている様子がなく、確認という行動がない。
ボクなんかサラリーマン時代、印刷発注書に向かって指差し確認させられたけどね。
彼らにとって大切なことは、今晩のおかずかパーティかまぐわいであって、明日ではないんだよね。
明日を夢見ない人は、信頼をおかずにご飯を食えない。
信頼。
気付いてほしい、築きたい。
セニョール、いい腕してるんだから、もうちょっと丁寧に仕事しようよ、por favor。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+アボカド
  • 昼→ 自炊:焼そば+タマネギ+ゆで卵+ベーコン
  • 夜→ 自炊:牛丼

メキシコ メキシコシティ 国、地域別 中米、カリブ海

トラックバック用URL