信頼をおかずにご飯を食えない。メキシコシティ34泊目/メキシコ131002

  • ペンション・アミーゴ(初日はひとり90ペソ。以降80ペソ)/30日分一括払いで、さらに一割引
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

午前中、仕事。
近所のティアンギス(青空市場)で、買い物。
馴染みのお店でアボカドを購入。
旅先で目新しいものに出会うのも楽しいけれど、異国で顔馴染みができるのはもっと嬉しい。
ボクの旅は、風景を展望するより、風景になりたい。
タコス屋で、休憩。
注文したものと違うタコスが出て来たけれど、まぁ、良い。
どうせボクが間違っている。

メキシコの十月二日は、「トラテロルコの虐殺」と呼ばれています。
メキシコ人にとって、忘れられない忌まわしい日。
1968年、メキシコ政府が武力で学生デモを制圧し、一説には300人以上の犠牲者。
10日後、平和の祭典メキシコオリンピック開催。
この追悼デモと先月から続いている教職員デモと便乗アナーキストたちが合体して、とんでもないことになるかもしれないと噂された今日。
パトカーのサイレン。
頭上を舞うヘリコプター。
ソカロ近辺で通行規制が敷かれているのか、車が少ない。
警察が厳戒態勢を組むと、いつもより平和な空気。

「2ch旅行ログ」によると、メキシコ人は仕事面においての成長がない。仕事に対しての向上心、意欲というのものが存在せず、徹底的に見返りを求めて最後には必ずサボろうとする。
ここひと月、仕事のパートナーとしてメキシコ人に接してみると、向上心や意欲がないというよりも、信頼を得ようという気概が、全然感じられないのが痛い。
一緒に頑張って、商売を繁盛させようという未来展望がない。
あ、そうか、これが向上心や意欲がないってことか。
納期に間に合わないクセに納期優先で、品質は二の次。
思わず深いため息が漏れる、ムラだらけの完成度。
随所にぽかという名のチョンボ。
ポケットがなかったり、ベルトが逆だったり、底板がなかったり、フタが逆だったり。
彼らの打ち合わせ中の返事は悪くないけれど、メモを一切とらない前頭葉第一主義。
ボクらが描いた仕様書を見ている様子がなく、確認という行動がない。
ボクなんかサラリーマン時代、印刷発注書に向かって指差し確認させられたけどね。
彼らにとって大切なことは、今晩のおかずかパーティかまぐわいであって、明日ではないんだよね。
明日を夢見ない人は、信頼をおかずにご飯を食えない。
信頼。
気付いてほしい、築きたい。
セニョール、いい腕してるんだから、もうちょっと丁寧に仕事しようよ、por favor。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食+アボカド
  • 昼→ 自炊:焼そば+タマネギ+ゆで卵+ベーコン
  • 夜→ 自炊:牛丼

メキシコ メキシコシティ 国、地域別 中米、カリブ海

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン