スペイン巡礼73日+おまけ6日。奇跡を渇望して、両手をあわせて泉を飲むなり。ルルド二泊目/フランス130724

  • ひとつ星ホテル:個室一泊40ユーロ(トイレ、シャワー付き)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

東京コンビのスヤ万号とダダダシ君と、奇跡に満ちたルルドの町を観光。

まずは土産屋さんで、ルルドの泉を入れる容器を買い、シンデレラ城より豪勢なロザリオ聖堂へ。

ロザリオ聖堂(Notre Dame du Rosaire de Lourdes)。 全体のシルエットはロマネスク、内部の装飾はビザンチンだそうですが、よくわかっていません。 とにかく豪勢です。

ロザリオ聖堂(Notre Dame du Rosaire de Lourdes)。
全体のシルエットはロマネスク、内部の装飾はビザンチンだそうですが、その違いはよくわかりません。
とにかく豪勢です。

 

ロザリオ聖堂の正面。両翼のアプローチが、贅沢この上なし。

ロザリオ聖堂の正面。両翼のアプローチが、贅沢この上なし。

 

P7242327

マリア様、だと思われます。

 

聖母マリア、でしょうか?

聖母マリアの夫は、大工です。

 

P7242329

日本人、だと思われます。

 

P7242331

ファインダーに入りきらない。

 

P7242332

ファインダーに収める気がない。

 

P7242358

これが、ルルドの泉。
別名、ルルドの蛇口。

 

P7242361

聖母マリアが現れたマッサビエルの洞窟。
勝手に抱いてた印象とかなり違う。どちらかと言うと、洞穴。
右上が、聖母マリア。
手前が観光客のおばさまたち。

 

P7242376

聖母マリアを目撃した、粉挽き職人の娘ベルナデット。
Wikiによると、写真に撮られたカトリック教会の最初の聖人です。

 

P7242383

シャトーから見下ろしたルルドの町。
人口が一万五千人にしかいないのに、ホテルはパリの次に多い。

 

P7242390

墓地って、色気がない。
そこが今後の課題やね。

晩飯を食べたレストランにミシュランのシールが貼ってあったので、おー、これがミシュランのDinnerかー、と鼻の穴を膨らませて食べたものですが、まったくもって勘違いも甚だしい、でした。
YちゃんとムッシューJPに、完膚なきまでに諭されました。
それでも東京コンビのお二人と食べたフォアグラの味は、一生涯舌の奥底にこびり付いていることでしょう。
鶏肉と勘違いしながら味わった鴨も同様でございます。

東京コンビのお二人さん、あの鴨は、コンフィと呼ばれるフランス人なら誰でも知っている秘伝で調理されたものです。
お友達に、能書きをだらだら垂れてください。
ちなみにそもそもコンフィて調理法は、Wikiってみると、冷蔵庫のない時代の、肉を保存する手段だったそうですよ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ カフェ:クロワッサン、カフェコンレチェ、オレンジジュース
  • 昼→ カフェ:ハンバーガーとビール。Yukoはソーセージとチップス、オレンジジュース
  • 夜→ レストラン:MENU(定食)フォグラ、鴨のコンフィ。ワイン(17ユーロ)

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ルルドはよいですよね。
    でもここへ行く電車は本当に大変です。
    突然山の中にホテル群が出て来るのには驚きますが。
    ここからの巡礼の道もあるようですね。
    やっぱし電車に乗っちゃ駄目ですよ。
    最後はパリまで自転車も良いかもしれませんね。

    さてこれから何処へ向われるのでしょうか。
    三ヶ月の期限がこないうちに出発して下さいね。

  • TERRYさん
    ルルドもいいけど、ピレネー最高!

    そろそろ三ヶ月になるので、明日ロンドンへ飛びます。
    三週間だけイギリス。
    できれば、トレッキングしてきますね。

お便りを投函。ポトン