今日は、16kmしか歩きませんでした(通算155.8km)/6時間

巡礼で天国まで歩いてしまう人が、けっこういるそうです。
殉職には気をつけたい。


より大きな地図で 2013/05/13(スペイン巡礼) を表示

オランダ人のマルハと、カフェで朝飯。
マルハは去年スペイン側の巡礼を歩き、宿で一緒になった人、前後を歩いた人等、間接的な知り合いを含めて、巡礼死を遂げた人を五人も知っています。
五人!
巡礼って、そんなに死ぬのか!
天国まで歩いちゃ、いかんがね。

昨夜泊まった一軒家。一階がキッチンとダイニング。二階が広いリビング。三階が寝室とトイレシャワー。

昨夜泊まった一軒家。一階がキッチンとダイニング。二階が広いリビング。三階が寝室とトイレシャワー。

 

昨夜泊まった一軒家の二階のリビング。

昨夜泊まった一軒家の二階のリビング。

 

裏路地が、いい感じに質素です。

裏路地が、いい感じに質素です。

 

Saint-Come-d'oltの町の入口に架かる橋。

Saint-Come-d’oltの町の入口に架かる橋。

足の裏の皮剥けですが、ニュージーランドの龍君からワセリンを処方してもらいましたが、田舎過ぎてお店がない。
ワセリンを買えない。
マルハに相談したところ、セカンドスキンとかいう絆創膏に似たCompeedなるものをくれました。
左足に貼ったところ、歩くときの痛みが弱くなりました。

Compeedの外箱。お値段、8ユーロちょっと。

Compeedの外箱。お値段、8ユーロちょっと。

 

箱を開けると、絆創膏みたいのが、五枚入ってます。

箱を開けると、絆創膏みたいのが、五枚入ってます。

ヌーブラを貼付けたような感じです。Yukoのヌーブラを触ったことがあるので、感触は知ってます。ヌーブラを貼付けたような感じです。ヌーブラは、Yukoのを触ったことがあるので、感触くらい知っています。
効き目あります。
夕方、同じものを買い、右足に貼りました。

今日のGite(巡礼宿)は、世界遺産の中にある古色蒼然とした由緒正しい建物です。
壁に埋められた石や、暖炉跡の炭の黒、小さな窓に風情があります。

チェコ人のおばさんたちと相部屋。
彼女たちは、八時前に就寝。
早すぎね?
早く寝るのは別にいいんだけど、すでに風化し始めているくらいに小柄な痩せた老婆なのに、地獄の底から轟くような凄まじいイビキをかきます。
連れの女性と、ごく自然に交互にハモってます。
ベッドの横でホラ貝を吹かれている気がします。
悪魔ののど笛合唱会。
練習しているんですかね、呼吸が合いすぎよ。

路傍の十字架。

巡礼は、路傍の十字架に味がある。

 

Saint-Come-d'oltの教会。

Saint-Come-d’oltの教会。よく見ると外壁のマテリアルがばらばら。修復工事の時代によって、まちまちなんですかね。

 

Saint-Come-d'oltの町は、路地に味があります。壁が実に渋い。移住先候補にノミネートされました。

Saint-Come-d’oltの町は、路地に味があります。壁が実に渋い。移住先候補にノミネートされました。

フランスの田舎って、路地が素晴らしくかっこいい。
こりゃ、たまらん。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 宿の朝食。パン、オレンジジュース、紅茶
  • 昼→ パン、バナナ、リンゴ、ハム、ヤギのチーズ
  • 夜→ 自炊。スパゲティ梅しそ味。キッシュのようなもの。缶ビール

スペイン巡礼/サンティアゴ・デ・コンポステラ巡礼路 フランス ヨーロッパ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • ワセリンが売っていなくて、セカンドスキンが買える田舎町というのが想像出来かねますが、痛みが和らいで良かったですね。これでひと安心!ですね〜

    • あれれ、ワセリンってどこでも売ってるの?
      よくてパン屋さんと薬屋さんしかないのよ。
      サランラップも買えない。

お便りを投函。ポトン