昼も夜も最後の晩餐。カトマンズ13泊目/ネパール130107

  • Heritage Home 1,100ルピー(1,237円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

昨夜、祐子が寝言で笑ってました。
ものすごく不気味なので、もう二度としないでください。

今日も朝から停電。

昼飯は、日本食レストラン「おふくろの味」。
シェフは全員ネパール人の男性で、京塚昌子風のお母さんは一人もいません。
そんなことは百も承知の助だけど、ついつい「おふくろの味」なるものを期待してしまうあたりが、ボクのスキルアップされない頭脳です。
前回はメッコメシだったので、今回は鍋焼きうどんを頼み、はからずも二連敗を喫しました。
スープが薄くて、ぜんぜんうまくねーのです。
麺が固くて死んでました。
ゆで卵が獣臭かったです。
祐子の肉野菜炒め定食なんて、どうしてそんな特徴のない、内容物のカテゴリーしか想像できないようなものを頼むのかさっぱり理解できなかったのですが、悔しいほどに美味しかったです。
チャコちゃんの頼んだ、トンカツ定食に大根おろしというトッピングも、さっぱり理解できませんでした。
今宵の食事は、スペイン巡礼「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の「ル・ピュイ」コース1,600キロを自転車で駆け抜けた先輩夫婦、GO夫妻との最後の晩餐です。
ここ一週間、本気でスペイン巡礼を考えてます。

在ネパール日本国大使館へ。
パスポートの増補をお願いしました。
明日の15時に受け取りです。
料金は、2,300ルピー(2,237円)。
帰路は、道路工事の土ぼこりと排気ガスのなか、車にひかれそうになりながら、徒歩。
ニュースによると、カトマンズではひき逃げが増えているそうです。
充分に納得出来る、道路事情です。

古本屋巡り。
カトマンズの書店には、けっこう日本の本があります。
読みたい本はほとんどありません。
なぜか渡辺淳一の「化身」が多いです。
新宿鮫も多いです。
下巻だけとか、上巻だけ売られても困ります。
できれば、赤川次郎ものは輸出禁止にしてください。
あ、あとパトリシア・コーンウェルも。

晩飯は、エベレストの友、ヒマラヤの盟友、チャコちゃんとの最後の晩餐。
次は、ゴーキョへ行きましょう!
お兄さん、ビールもう一本。
隊長、お疲れさまでした。
ビール、お代わり。
ホント、隊長のお陰で、エベレストを制覇できました。
感謝しております。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 韓国製のカップ麺「烏龍麺(キムチ味)」。祐子はパン
  • 昼→ 鍋焼きうどん。祐子は野菜炒め定食
  • 夜→ チベットレストラン「GILINGCHE (ギリンチェ)」で、チャーハン、モモ、ビール、祐子はラッシー

アジア カトマンズ ネパール 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン