これはもうロブスターだろってくらいの、海老フライを食べた。香港19泊目/中国121015

  • Airbnb」で探したAykutの家(11泊で317ユーロ。手数料が別途38ユーロ。クーポンで58ユーロ値引きしてくれて、総額297ユーロ。一泊26.7ユーロ/2,735円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

出発間際になるとジタバタと仕事が入るジンクスがあります。
このご時世に、ありがたいことです。
今朝その個人的な呪縛通りに、大至急ものがふたつ突っ込まれ、あたふたしてます。
明後日の早朝に飛行機です。
 
12階だっていうのに、蠅が入って来ました。
たった一匹の蠅で、平和だったリビングが、乱れてます。
 
地下鉄MTRの紅磡駅(ホンハムえき)のマクドナルドで、深セン在住のA氏と待ち合わせ。
A氏はアマチュア無線仲間繋がりです、とは言っても、ボクらは無線なんてできないんだけどね、それでもなぜか繋がっているのです。
我がまま言って、接待してもらいました。
前哨戦にスパゲティという名のラーメンと卵焼き。
間髪入れず、尖沙咀(チムサーチョイ)の「とん吉」で、豪華なトンカツ定食と、生涯で一番大きな海老フライをご馳走になりました。
海老フライは、着やせするロブスタークラスの巨漢です。
 
食後、タクシーで香港市内を一望できる最も高いロケーション「ピーク」へ。
香港の定番観光地です。
1888年5月30日に営業を開始した、由緒正しいトラムに乗って、上へ上へ上へ。
さっき食った豚カツと海老フライをもどしそうになるくらいのGがかかる、急な坂です。
「スカイ・テラス428」から望む、100万ドルの夜景↓
PA157327.jpg
香港で唯一、映画を題材にしたレストラン・チェーン「Bubba Gump Shrimp Co Restaurant & Market」は、フォレスト・ガンプがモチーフ。
「人生は、チョコレートの箱のようなものだ」、ですね。
つまり開けなくたって、中がわかるってもんです。
お母さんは、何が言いたいんでしたっけ?
絶景の窓際に陣取り、マルガリータで乾杯し、大人のトークタイム。
A氏はある分野の研究職なので、何を質問しても面白いです。
札幌の蟹とデンマークと深センにおけるバイクの立ち位置について、教えていただきました。
祐子の川越支店が、全力でご接待する手はず、です、たぶん。
何から何まで、ありがとうございました。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ ソーセージ、納豆、レタス、なます、みそ汁、昨日の残りのスパゲティ
  • 昼→ チャーハンと昨日の残りのスパゲティ
  • 夜→ 尖沙咀(チムサーチョイ)の「とん吉」。本格派トンカツと超デカい海老フライ。ビール

アジア 香港 国、地域別 中国

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン