中国本土に上陸した。本土と香港は揉めている。香港17泊目/中国121013

  • Airbnb」で探したAykutの家(11泊で317ユーロ。手数料が別途38ユーロ。クーポンで58ユーロ値引きしてくれて、総額297ユーロ。一泊26.7ユーロ/2,735円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

昨日新しいキャリーバッグを買ったもんで、ついつい嬉しくて荷造りしたら、寝袋はしばらく必要ないじゃんっ、てことに気づきました。
思いっきし邪魔です。
 
今日は、思い切って中国本土上陸を目指します。
日本と中国の国交正常化40周年を記念しない、という愛されてない感に満ちた昨今、火中の栗を見たいのです。
中国本土の滞在時間四時間半、特に何も起こりませんでしたし、誰にも怒られませんでした。
 
香港国際空港からA43のバスに乗って45分。
中国本土一歩手前にある、本土と香港の熱い攻防が繰り広げられる上水駅(シェンシュイえき)に到着。
この駅こそが、中国の知られざる前線で、日本人は関係ないです。
本土の入国管理が香港への入境を緩和するとの発表に、本土からの密輸業者と不法労働者の流入を懸念する香港側が、これを批判。
Facebookで集まった香港住民が駅周辺を集団散歩し、入国管理と警察に協力を要請。
多くの本土人が、不法販売容疑で逮捕されたばかりです。
深センでの一年多次マルチビザは無期限延期になり、香港側の完全勝利。
経済格差が生んだ、新しい民族紛争ですね。
  
地下鉄MTRに乗り換えて、隣の羅湖駅(ローウーえき)へ。
イミグレの行列に並び、やっとのことで窓口にたどり着いたら、入国カードを書きなさいと言われ、再び列の一番後ろに並び直した、そこんとこPoliteなボクらです。
うさん臭い外国人の先頭に割り込む勇気がないぶん、人はマナーがよくなります。
誰もが先を急ぐ、せわしない経済特区の深セン。
人口1,447万人、世界第15位の大都市です。
 
バッタもんばっかり売っていると評判の良いショッピングモール「羅湖商業城」を冷やかしたかったけど、時間がなくてスルー。
深圳香格里拉大酒店(シャングリラホテル)で、深センで働く日本の若人T君とビールしました。
 
二週間ほど前、iPhone5の発売情報をネットで探してたら、彼のブログがひっかかり↓

飯でも食いませんか、と甘い言葉で誘って、押し掛けたわけです。
誰かとビールを飲みたかったのです。
T君は、

を運営してて、ビジネス書が好きだなんて言うもんだから、ボクはビジネス書に詳しいんだぜ、とあることないこと喋くってしまいました。
すみません、お陰さまで青島ビールが美味しかったです。
T君、ホームページの「ブクブク交換」のロゴマークの「交換」が、けっこう可愛いですよ。
本輪堂 ? 見つける本屋さん.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ トースト。焼いたトマトとしめじ
  • 昼→ インスタントラーメンにワカメと昨夜のチャーシュー
  • 夜→ 深圳香格里拉大酒店(シャングリラホテル)で、ピザとナシゴレンとサラダ。青島ビール

アジア 香港 国、地域別 中国

トラックバック用URL

お便り

  • 記事に書いていただいてありがとうございます。深センで働くTです。
    私もまさか本当にご飯をご一緒できるとは思っておりませんでした。本当にありがとうございました。ビジネス書のお話とても面白かったです!!
    ちなみにブクブク交換のロゴは公式サイトで配布されているんです・・・。こういう事が出来るとうらやましいなってすごい思います・・・。

  • T君って、偽名にする必要全然なかったね。
    深センの赴任地が楽しみにしてます。
    一緒にビジネス書の研究しましょう!

お便りを投函。ポトン