家訓は、安物買いの銭失い。甘栗が甘い。香港16泊目/中国121012

  • Airbnb」で探したAykutの家(11泊で317ユーロ。手数料が別途38ユーロ。クーポンで58ユーロ値引きしてくれて、総額297ユーロ。一泊26.7ユーロ/2,735円)
  • Internet@ 宿の無料Wi-Fi

祐子は、仕事とJabooの指輪作り。
 
電子レンジで、簡単チャーシューを作りました。
仕込みは昨夜。
スライスしたニンニクと生姜、みじん切りの長ネギ(Green Onion / Japanese Leek)に醤油、赤ワイン、氷砂糖(この家、普通の砂糖がどこにもない)を加え、塩をまぶして15分くらい放置した豚肉250gを突っ込んで、一晩付け置き。
で、今日。
電子レンジで、片面四分、裏面三分。
冷蔵庫で冷やして、今晩のおかずです。
普通に美味かったです。
焼豚とチャーシューの違いがよくわからないボクらですが、これでご飯いけます。
 
午後の外出。
地下鉄MTRの深水埗駅(シャム・シュイ・ポー/サムスイポー)下車。
雑貨の屋台が並ぶ「鴨寮街(Apliu Street)」です。
懐中電灯とかS字フック(←香港$5で買った)とか時計とかリモコンとか、どうでもいいものが所狭しと並んでて、いわゆるジャンク街って奴ですね、女人街(ノイヤンガイ/Tung Choi Street)とは違った面白さです。
 
祐子の仕事道具、太めの針を探しています。
あまり優しく教えてくれない四人の中国人に道を尋ねて、やっと見つけたお店が問屋だったため、香港$20(200円)で太い針を25本も買わされました。
200円は高いかもしれないなぁ…と呟きながら、次に祐子が買ったのは、露天の甘栗。
PA127297.jpg
一袋、香港$34(340円)。
針より高い。
 
尖沙咀(チムサーチョイ)の、Aykutが懇意にしているPratt Roadの鞄屋さんへ。
香港$400(4,000円)で、可もなし不可もなしのキャリーバッグが売られてました。
安物買いの銭失いを家訓にするボクらには、うってつけです。
これを買うべきか、昨日の「WENGER」を買うのか。
路地に座り込んで、甘栗をほおばりながら考えます。
甘栗が甘い。
 

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ トースト、トマト、ピクルス
  • 昼→ インスタントラーメンにタマネギとワカメ
  • 夜→ 電子レンジで簡単チャーシューと焼いた長ネギとタマネギとしめじ。ワカメのみそ汁

アジア 香港 国、地域別 中国

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン