つまりは遅刻した話。アンヘルス三泊目/フィリピン121019

今日は、マニラの南パラニャーケ市で待ち合わせです。
たかだか110キロぐらいの移動なんですけど、これがけっこうたいへんなのですね、フィリピンだと。

大きな地図で見る
アポは、13時ちょうど。
一時間の余裕をみて10時に出発しましたが、結果的には間に合いませんでした。
三時間で110キロ進まないってことは、時速30キロ以下です。
遅っ!
 
まずは、サイドカー付きのオートバイタクシー「トライシクル」で、ダウ(ダオ)バスターミナルまで20分(150ペソ/286円)。
サイドカーから運転席を覗いたところ↓
PA197395.jpg
相変わらず排気ガスが充満し、空気悪いです。
死ぬのが先か、適応が先かの仁義なき闘いです。
 
バスターミナルで25ペソ(47円)の水を購入し、Five Starのエアコンなし長距離バスに乗り込みました(114ペソ/218円)。
窓を半分くらい開けて、涼しい排気ガスを浴びながら、高速道路を突っ走ります。
先生の話だと30分から45分でマニラに着くとのことですが、案の定一時間四十分たっても着きません。
フィリピン人に限らず、外国人の時間的距離感は、ホント信用できません。
少しでも短く言って喜ばそうとしてくれますが、嬉しくありませんから。
一時間のゆとりが飛んでしまい、遅刻しそうなマニラ名物の超渋滞。
PA197412.jpg
運転手がバスから降りてどこかしら行方不明になったところで、どこ行ったんだろ運転手、バスを降りて「Shaw Boulevard」駅からメトロMRTへ乗り換えました。
地理に不案内ながらも勝負に出ました。
渋滞したバスより、よくわからんメトロの方がなんぼかましかもわからん。
12時18分。
Magallanes駅で下車して、タクシーの乗ったのが12時43分。
あと17分。
どこをどのように走っているのか、いったいどんだけ離れているんだか、さっぱりわかりません。
運転手に
「携帯貸してくれませんかね?」
と訊いてきたら、
携帯持ってないんだわ、と断られました。
待ち合わせ場所の「SM Bictan」に着いたのが、12時8分。
8分遅刻。
モールがデカい!
軽く迷子になりながらも、12時15分ごろにHase君の笑顔が見られました。
すみません、遅刻しました。
レストランでお喋り。
Hase君の新居へ移動してお喋り。
彼がフィリピンで設立準備中の宿は↓

その現在進行形の設立秘話は↓

オープンが楽しみです。
 
誰か、ボクらの知り合いじゃなくても結構ですから、宿を始めるとか、お店をオープンするとかいう人がいましたら、ぜひお声をかけてください。
何もできないふつつか者ではございますが、お手伝いしたいです。
そういうの、好きなんです。
 
下の写真は、海水浴じゃありません。
国鉄PNRの線路付近です。
青い空にカラフルなパラソルが栄えますね。
PA197407.jpg
フィリピンで一番目につくもの↓
PA197404.jpg
バックパッカーにも愛されてる、ラブホテルです。
オーナーの奥さんが日本人だという噂で、どの建物もこのど派手なデザインで統一されています。
ボクが市長だったら、景観条例とかで禁止にしたい配色です。
SOGOですが、駅の前にはありません。
 
帰路、排気ガスにまみれた超渋滞の幹線道路を、匍匐前進のごとくゆっくり進む。
四時間後、無事に帰宅しました。
PA197413.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ パン二枚のみ
  • 昼→ シーフードチャーハン。祐子はフィリピンの酸っぱいスープ「シリガン」。コーラ(585ペソ/1,119円)
  • 夜→ マクドナルドで、ビッグマックセット。祐子はフィレオフィッシュセット。216ペソ(413円)

アジア アンヘルス フィリピン 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン