-March 2011-

ポートビラ二泊目/バヌアツ110301

  • Blue Pango Motel 一泊目(4,500vt。約4,500円)
  • Internet@ 無料。やや遅

昨日に引き続き、肩に力が入って日記がだらだらと長いです。
申し訳ないっ酢。
 
小雨が降りますが、減量のために40分ほど街中をウォーキングしました。
すれ違う地元民に「Good Morning!」と挨拶すると、はにかんだ笑顔が返ってきます。
はにかみ屋さんに悪い人はいないので、バヌアツ人はいい人に違いありません。
ボクもはにかみ屋ですからわかります。
 
宿の電話を借りて、昨日空港で知り合った鼻毛がバリバリ全開のスターリン青年に、レンタカーをお願いしました。
彼は言葉巧みに値段の高い4WD車を推薦しますが、ボクの英語力の前では説得力がありません。
無駄です。暖簾に腕押しです。
一番安い車で結構です、とはっきり断りましたが、同じ値段でワングレード上の4WDを貸してくれました。
バヌアツ人って、いい人ですね。
彼の硬そうな鼻毛がワイパーに見えます。
ところで左ハンドルのマニュアル車になかなか慣れません。
曲がるたび、ワイパーが動きます。
バックミラーを覗くと、リアウィンドウのワイパーも勝手に動いてました。
P3010435.jpg
鼻毛のスターリン、別名「鼻毛モン」の友達が経営する、韓国人オーナーの宿「Blue Pango Motel」へ引っ越します。
この道は間違ってんじゃね、的に狭くてドロドロにぬかるんだ道の突き当たりにある、隠遁者向けの隠れ家モーテルです。
鼻毛モンに推薦されたとオーナーに伝えたら、そんな友達はいないと言ってました。
ヤシの木にハンモックがぶら下がる、ビーチ独り占めのWi-Fi無料の宿です(一泊4,500vt。約4,500円)。
ドアが半分開かない構造的欠陥を抱えた部屋ですが、キッチンがあります。
 
値段のわりには貧相な昼飯を食べた後、貧乏臭い目つきの卑しい少年に「金くれ! 金かね」とたかられて「英語は話せません、金は払いません」と英語で去なしたら、フランス語で返されました。
君、インテリなんだね。
 
エファテ島一周ドライブに出かけます。
地図にあるWaterfallを探して、ここ違うんじゃね、的に狭くて凸凹のぬかるんだ道をしばらく走りましたが↓、

やっぱ間違ってました。
滝は諦めました。
 
エファテ島を縁取る一周道路は舗装されていますが、車はほとんど走っていません。
JICAの足跡と思われる橋を渡り、西回りに走ります。
路肩を歩く人に手を振ると、笑顔で蛮刀を振り回されます。
道を尋ねると、蛮刀を振りかざして教えてくれます。
木陰で涼む家族に手を振ります。
学校帰りの子供達とハイタッチします。
不気味に透明度のある川がたまりません。
P3010450.jpg
ブラジルのボニート(当時の日記を参照してくださいな)に匹敵する、精霊が宿るに違いない果てしなく透明な川です。
森はびっしりと隙間なく緑に覆われています。
バヌアツ、いい感じです。
これで熊がいたら、最高なんですがね。
 
市場でおしめをした男の子が、
P3010604.jpg
いつの間にか素っ裸になって、歩き小便をしてました。
軽くがに股で、心持ち腰を前に張り出して、ときどき出具合を確かめながら。
 
フェリー乗り場近くで惚けてたら、通り行くおっさんが夕陽を指差して親指を立てました。
今日も夕陽がきれいです、バヌアツ。
P3010607.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中につき、食べませんでした
  • 昼→ BLT(ただのサンドイッチ)。祐子はプレーンオムレツ
  • 夜→ 空芯菜の炒め物。ステーキ

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

川で洗濯するお母さん。バヌアツ三泊目110302

昨日探しあぐねた滝を求めて、頼りない道から心細い道へと彷徨いました。
誰に尋ねてもみな違う方向を指すので、きっと名もない幻の滝なのでしょう。
鼻毛モンのスターリンに、滝は見つからなかった、と言うと
「滝は「メレカスケード」と言って全然違う場所にある。ここから近い」と笑ってました。
富士の樹海で渋谷109を探してたようです。
 
川で洗濯をする若いお母さん。
巨石の上で昼寝をする子供。
橋の上で何をするともなく何もしていない働き盛りの男。
可愛い盛りの子豚。
P3020633.jpg
豚はメラニシアンにとって、財産の証です。
野菜果物市場のお惣菜を覗くと、焼き魚(ラプラプ。ハタ科)が200円。
ナマンベの実の串が100円。
おばちゃんのシャワーキャップがセクシーです。
P3020649.jpg
鼻毛モンへレンタカーを返却。
100キロ以上の走行は1キロにつき25vt(25円)の追加料金がかかりますが、頼みもしないのに笑顔で無料にしてくれました。
彼は実に優しい。
世界で一番火口に近づける火山が売りの、タンナ島行きの飛行機探しにも付き合ってくれました。
豪雨の中、ご丁寧に宿まで送ってくれました。
本当に優しい鼻毛モンです。
なんか裏があるのでしょうか?
油断してると、ケツの毛でもむしられるのでしょうか。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので、食べません
  • 昼→ カレーライス
  • 夜→ 空芯菜炒め、ベーコン炒め、卵焼き、ご飯抜き

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

青年よ何が見えるのか。バヌアツ四泊目110303

紅茶。
仕事。
快晴。
昼食。
読書。
昼寝。
豪雨。
晩飯。
映画。
深夜。
 
終日宿。
先住民子供水泳海波高。
隣夫婦喧嘩。
写真の青年へ。
君が網を手に海を眺めること1時間。
ときどき足を開き、腰を低くし、網を持ち替える。
こんな浅瀬で何が見えるのか、獲れるのか。
浅瀬に魚はおらんでしょう。
蟹か、蟹なのか。
問えず、後から隠し撮り。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので食べません
  • 昼→ カレーライスと空芯菜炒め
  • 夜→ 空芯菜炒めとプレーンオムレツとベーコン炒め

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

仕事は不幸に似て、重ねてやって来ます。バヌアツ五泊目110304

腰まで海に浸かって釣りをするバヌアツ人(写真↑)
「半身浴漁法」と名付けてみました。
意味もなく。
仕事。
月曜日はデザイン出しだし、もう一本仕事が来るし、そろそろ納品しなくちゃならないものもあるし、夫婦共同作業の本文組みや友達の名刺のデザインやら、ホームページやらと、忙しくなってきました。
仕事は不幸に似て、重ねてやって来ます。
仕事がないと、もれなく不幸はやって来るけどね、我が家は。
 
読書。
真保裕一「震源」を読んでますが、脳みその引き出しの奥底の埃のようなデジャブ感があります。
決して先を予想できるわけじゃありませんが、なんなんでしょう、この既知感。
勘が悪く第六感を携帯しないボクなので、以前に読んだことがあるに違いないと断言せざるを得ない気がしなくもありませんずら。
いずれにせよ、馬鹿は得です。
 
昼寝できる幸せ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので食べません
  • 昼→ インスタントラーメン(とんこつ味)
  • 夜→ ピーマンと椎茸炒め、タマネギ炒め、コンビーフ炒め。減量中なのでご飯は食べません

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • 東京は、また雪です。
    すごい降りです。
    昼寝すると、きっと凍死します。
    私も埋もれてしまうかもしれません。

  • グリコさん、どこで寝てるの(語尾上がる)?
    ↑とがめ口調で

  • いえ、埋もれてしまうのは私の心です‥。
    なんて!にしし。
    ちょっと詩人っぽかった?
    積もるかと期待したのですが、雨に変わっちゃいました。
    カンガルーがいっぱいいるキャンプ場で寝るって、どんな感じなんだろうな。

  • 心の穴は埋めないとね
    カンガルーに囲まれて寝るのって、不気味ですよ
    けどカンガルーって、案外かわいいもんです

泥まみれのお釜ショーを見た。バヌアツ六泊目110305

ダウンタウンへ外出します。
バスに乗る前に近所の食料品店の品揃えと値段をチェックする作戦を立てましたが、道路に出た瞬間にバスの運転手にウィンクされ、するりと乗ってしまいました。
断ればいいだけのことですが、ボクは袖すりあう縁とタイミングに逆らえないのです。
 
土曜日であることは重々承知しておりますが、Air Vanuatuのオフィスを訪ねました。
張り紙に土曜日は14時までとあり、Lucky! と喜ぶも隣の張り紙には、「本日パブリックホリデーにつきお休みです」とありました。
最近耳にしませんが、これが「ぬか喜び」というものです。
 
野菜果物市場で空芯菜を探しましたがあいにく見つからず、ほうれん草に似て非なる青菜を買いました。
持ち歩くうちにどんどん萎れて行く、命の短い青菜でした。
 
洋服屋のお姉さん(トップ画像参照)が
「今日はChief Dayというお祭りよ」
というので、素直にお言葉に従い昼飯後にサララナ(Saralana)へ赴きました。
その辺のバヌアツ人に
「何時から始まるの?」と訊けば
「NOW!」
全然そんな様子はないので、他の人にも訊いてみましたが、
「NOW!」
結局、たっぷり三時間も待たされました。
お祭りは民族衣装をまとったバヌアツ人の踊りと、泥まみれのお釜ショーとかでした。
近くに寄れるし、一緒に踊れるし、歌とお笑いの楽しいお祭りでした。
P3050743.jpg
宿のベルギー人のお姉さんによると、次に飛ぶタンナ島の連中はどいつもこいつも高い金をふっかけてくるそうです。
おケツの穴をキュっと締めてかからないといけませぬ。
宿の小さなプールでちんたら泳いでいたら、
「セ・ボン!」
お隣のフランス人です。
わかる人にはわかるボクの泳ぎ、なのですよ。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので食べません
  • 昼→ サンドイッチ(450vt。約450円)祐子はキッシュとクロワッサン
  • 夜→ ほうれん草に似て非なる野菜を炒めました。&ベーコン炒め。青菜はおひたしにすると美味しかったです

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL