ポートビラ二泊目/バヌアツ110301

  • Blue Pango Motel 一泊目(4,500vt。約4,500円)
  • Internet@ 無料。やや遅

昨日に引き続き、肩に力が入って日記がだらだらと長いです。
申し訳ないっ酢。
 
小雨が降りますが、減量のために40分ほど街中をウォーキングしました。
すれ違う地元民に「Good Morning!」と挨拶すると、はにかんだ笑顔が返ってきます。
はにかみ屋さんに悪い人はいないので、バヌアツ人はいい人に違いありません。
ボクもはにかみ屋ですからわかります。
 
宿の電話を借りて、昨日空港で知り合った鼻毛がバリバリ全開のスターリン青年に、レンタカーをお願いしました。
彼は言葉巧みに値段の高い4WD車を推薦しますが、ボクの英語力の前では説得力がありません。
無駄です。暖簾に腕押しです。
一番安い車で結構です、とはっきり断りましたが、同じ値段でワングレード上の4WDを貸してくれました。
バヌアツ人って、いい人ですね。
彼の硬そうな鼻毛がワイパーに見えます。
ところで左ハンドルのマニュアル車になかなか慣れません。
曲がるたび、ワイパーが動きます。
バックミラーを覗くと、リアウィンドウのワイパーも勝手に動いてました。
P3010435.jpg
鼻毛のスターリン、別名「鼻毛モン」の友達が経営する、韓国人オーナーの宿「Blue Pango Motel」へ引っ越します。
この道は間違ってんじゃね、的に狭くてドロドロにぬかるんだ道の突き当たりにある、隠遁者向けの隠れ家モーテルです。
鼻毛モンに推薦されたとオーナーに伝えたら、そんな友達はいないと言ってました。
ヤシの木にハンモックがぶら下がる、ビーチ独り占めのWi-Fi無料の宿です(一泊4,500vt。約4,500円)。
ドアが半分開かない構造的欠陥を抱えた部屋ですが、キッチンがあります。
 
値段のわりには貧相な昼飯を食べた後、貧乏臭い目つきの卑しい少年に「金くれ! 金かね」とたかられて「英語は話せません、金は払いません」と英語で去なしたら、フランス語で返されました。
君、インテリなんだね。
 
エファテ島一周ドライブに出かけます。
地図にあるWaterfallを探して、ここ違うんじゃね、的に狭くて凸凹のぬかるんだ道をしばらく走りましたが↓、

やっぱ間違ってました。
滝は諦めました。
 
エファテ島を縁取る一周道路は舗装されていますが、車はほとんど走っていません。
JICAの足跡と思われる橋を渡り、西回りに走ります。
路肩を歩く人に手を振ると、笑顔で蛮刀を振り回されます。
道を尋ねると、蛮刀を振りかざして教えてくれます。
木陰で涼む家族に手を振ります。
学校帰りの子供達とハイタッチします。
不気味に透明度のある川がたまりません。
P3010450.jpg
ブラジルのボニート(当時の日記を参照してくださいな)に匹敵する、精霊が宿るに違いない果てしなく透明な川です。
森はびっしりと隙間なく緑に覆われています。
バヌアツ、いい感じです。
これで熊がいたら、最高なんですがね。
 
市場でおしめをした男の子が、
P3010604.jpg
いつの間にか素っ裸になって、歩き小便をしてました。
軽くがに股で、心持ち腰を前に張り出して、ときどき出具合を確かめながら。
 
フェリー乗り場近くで惚けてたら、通り行くおっさんが夕陽を指差して親指を立てました。
今日も夕陽がきれいです、バヌアツ。
P3010607.jpg

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中につき、食べませんでした
  • 昼→ BLT(ただのサンドイッチ)。祐子はプレーンオムレツ
  • 夜→ 空芯菜の炒め物。ステーキ

オセアニア バヌアツ ポートビラ 国、地域別

トラックバック用URL

お便りを投函。ポトン