-世界の洗濯もの-

シリーズ「世界の洗濯もの」は、この旅に出る前から撮ってます。
なので、リバーサルフィルムとしてもストックがあります。
なぜ洗濯ものを追い続けているのかというと、そこに思想がないからです。
洗濯ものは、世界中どこでも一緒です。
右も左も赤もエボニーもアイボリーもありません、と思ってましたが、貧しいと洗濯ものの干し方が雑です。
有刺鉄線にひっかけてたり、地面に広げてたり、しわくちゃだったりします。
もっと真面目に干そうよ、奥さん。
旧ブログ「爆写 世界放浪が面白いほどわかるヅラ」のコラム、「世界の洗濯もの」はこちら→

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jul 23, 2010

世界の洗濯もの Column

トラックバック用URL

「サンクリストバル・デ・ラス・カサス」が町の正式な名前ですが、長過ぎるので「サンクリ」と呼んでます。
メキシコを旅行するなら、寄ってほしい町のひとつです。
有名日本人宿「カサ・カサ」の屋上から撮影した、洗濯もの、です。
馬に股がって、日曜市で有名なサンファン・チャムラ村へ行けます。
村人を撮影するとカメラを没収される、厳しい村です。
あのヒロ君でさえ(ヒロ君と言われても誰も知らないでしょうが)、没収されたカメラを返してもらうのに一週間以上かかったそうですから、相当手強いです、村人。
普通は没収されたら諦めます。
反政府ゲリラのサパティスタ民族解放軍の村へも近いです。
思えばこの町に住むというのも悪くないかもね。
大きくもなく小さ過ぎず、メキシコらしい町です。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。 | Jan 28, 2006

世界の洗濯もの Column

トラックバック用URL

その昔、金が採れたCroydon→Normanton/オーストラリア110629

  • Normanton Caravan Park(二人で20A$。一人だと15A$)
  • 本日の走行距離 164(合計7,980)キロ
  • Internet@ USB型ワイヤレスインターネット(2GB/月々29A$)

車内の模様替え。
恐ろしく狭い我が家なので、靴置き場とか洋服とか鞄とか本とか、蛍光灯を天井にぶら下げるとか、目覚まし時計を転がらないようにするとか、いろいろ効率良くしないとエラいこっちゃなのです。
 
Croydonのインフォメーションは、Wi-Fi担当のおじいさんがパスワードを知らず、というかパスワードの存在を知らず、っていうかそもそもWi-Fiを理解していないようなご様子でした。
そんな事情なので30分4A$も払ってパソコンを借りたわけですが、日本語は読めても書き込めず。
日本語を書き込めるサイトに行くとそれだけで制限時間が終了しそうなので、ローマ字でメールしたりして、すみません読み難くて、E様。
 
一家心中覚悟で祐子に運転させました。
ほとんど車が走っていないから、ま、大丈夫かと。
緑色のトカゲがのんびりと道路を横切ってるのを見て、少々パニクってましたが祐子。
落ち着け、停まるときはニュートラル。
ほら、エンストした。
 
キャンプ場にテーブルを出して仕事をしました。
19時で車内は28度。
夜中は涼しい。

posted by 44と書いてyoshiと読みます。

  • 朝→ 減量中なので食べません。祐子は食べてるけどね
  • 昼→ 鶏肉とブロッコリーの丸い揚げもの。祐子はフィッシュ&チップス
  • 夜→ 野菜炒めとお餅二個

世界の洗濯もの オーストラリア オセアニア クィーンズランド州 国、地域別

トラックバック用URL

お便り

  • そうだったのですね…。
    昔どこぞの編集長のメールを思い出しました。

  • 遂にケアンズ・60’Sを旅立たれたのですね。
    いやー。寂しい!
    用務員さんが居ない60’Sなんて。
    これからの旅も楽しみにしていますよー。
    ちなみに兵庫県は城崎温泉でお仕事が決まりまして、今月中旬から仲居さんしてきます。
    履きなれない足袋を履いて。
    あの親指と人差し指の間の割れ目がなんだかそわそわするんですが、そうしたらいいでしょうか?

  • どこぞの編集長とは、原宿あたりの変な酋長のことですね。

  • ずんなちゃん、用務員も旅立つ季節になりました。
    それにしても仲居さんとは、似合わねっ!(語尾上がる)
    臑とか、腕とかはみ出てるんじゃない、ほら、意外に背が高いから、ずんなちゃんは。
    ご相談の「割れ目」の件でござりますが、こったらとこで話すのは恥ずかしでごんす。
    「割れ目」については、のちほどお会いしたときにじっくりと患部を眺めながら…
    へへへ