« 相棒が激しく汚れたこともありました  |   HOME   |  ペルーのCasmaという知らない町にも日本語を話す人がいた »

〈世界の洗濯もの〉
なかなか一度では言えない町、サンクリストバル・デ・ラス・カサス

「サンクリストバル・デ・ラス・カサス」が町の正式な名前ですが、長過ぎるので「サンクリ」と呼んでます。
メキシコを旅行するなら、寄ってほしい町のひとつです。
有名日本人宿「カサ・カサ」の屋上から撮影した、洗濯もの、です。
馬に股がって、日曜市で有名なサンファン・チャムラ村へ行けます。
村人を撮影するとカメラを没収される、厳しい村です。
あのヒロ君でさえ(ヒロ君と言われても誰も知らないでしょうが)、没収されたカメラを返してもらうのに一週間以上かかったそうですから、相当手強いです、村人。
普通は没収されたら諦めます。
反政府ゲリラのサパティスタ民族解放軍の村へも近いです。
思えばこの町に住むというのも悪くないかもね。
大きくもなく小さ過ぎず、メキシコらしい町です。

posted by yoshi | Jan 28, 2006

世界の洗濯もの 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dtp.to/tabi/cgi-bin/mt/mt-tbx.cgi/7211

お便りを投函。ポトン。